Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.3. SMBIOS システム情報

ハイパーバイザーによっては、ゲスト仮想マシンに提示されるシステム情報を制御できます(例: ハイパーバイザーが SMBIOS フィールドに入力でき、ゲスト仮想マシンの dmidecode コマンドを使用して検証できます)。オプションの sysinfo 要素は、このような情報すべてのカテゴリーに対応します。

図23.5 SMBIOS システム情報


  ...
  <os>
    <smbios mode='sysinfo'/>
    ...
  </os>
  <sysinfo type='smbios'>
    <bios>
      <entry name='vendor'>LENOVO</entry>
    </bios>
    <system>
      <entry name='manufacturer'>Fedora</entry>
      <entry name='vendor'>Virt-Manager</entry>
    </system>
  </sysinfo>
  ...
<sysinfo> 要素には、サブ要素のレイアウトを決定し、以下のように定義できる必須の属性 タイプ があります。
  • <smbios>: Sub-elements call out specific SMBIOS の値は、<os> 要素の smbios サブ要素とともに使用される場合にゲスト仮想マシンに影響します。SMBIOS ブロックの <sysinfo> 名のサブ要素ごとに、この要素内のエントリーは、ブロック内のフィールドを記述するエントリー要素のリストになります。以下のブロックおよびエントリーが認識されます。
    • <BIOS>: これは、SMBIOS をブロック 0 で、ベンダーバージョン日付、および リリース から導きたエントリー名です。
    • <system>: これは、manufacturer、productversionserialuuid sku、および family のエントリーの name drawn とともに、SMBIOS のブロック 1 です。uuid エントリーが最上位の uuid 要素と共に提供されている場合は、2 つの値が一致している必要があります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。