Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.3. SMBIOS システム情報

ハイパーバイザーによっては、ゲスト仮想マシンに表示されるシステム情報を制御できます(例: SMBIOS フィールドをハイパーバイザーによって設定され、ゲスト仮想マシンの dmidecode コマンドを使用して検査することができます)。オプションの sysinfo 要素は、上記のすべてのカテゴリーに対応します。

図23.5 SMBIOS システム情報


  ...
  <os>
    <smbios mode='sysinfo'/>
    ...
  </os>
  <sysinfo type='smbios'>
    <bios>
      <entry name='vendor'>LENOVO</entry>
    </bios>
    <system>
      <entry name='manufacturer'>Fedora</entry>
      <entry name='vendor'>Virt-Manager</entry>
    </system>
  </sysinfo>
  ...
<sysinfo> 要素には、サブ要素のレイアウトを決定する必須の属性タイプがあり、以下のように定義できます。
  • SMBIOS <-> 特定の SMBIOS 値を呼び出す Sub-elements は、os <要素の smbios> サブ要素とともに使用した場合、ゲスト仮想マシンに影響します。<sysinfo> 名のサブ要素はそれぞれ、SMBIOS ブロックで、それらの要素内のエントリー要素がブロック内のフィールドを記述するエントリー要素のリストになります。以下のブロックおよびエントリーが認識されます。
    • <BIOS>: これは、ベンダー、バージョン、日付 、およびリリースからエントリー名の SMBIOS のブロックです。
    • <System>: これは、製造元、製品、バージョン、シリアル、uuid、sku 、およびファミリー からエントリー名の 1 をブロックします。uuid エントリーがトップレベルの uuid 要素と共に提供される場合、2 つの値が一致する必要があります。