23.3. SMBIOS システム情報

一部のハイパーバイザーは、ゲスト仮想マシンにどのシステム情報を提供するかについての制御を可能にします (たとえば、SMBIOS フィールドにはハイパーバイザーによってデータが設定され、ゲスト仮想マシンの dmidecode コマンドで検査されます)。オプションの sysinfo 要素は、情報の以下のようなカテゴリーすべてを対象にします。

  ...
  <os>
    <smbios mode='sysinfo'/>
    ...
  </os>
  <sysinfo type='smbios'>
    <bios>
      <entry name='vendor'>LENOVO</entry>
    </bios>
    <system>
      <entry name='manufacturer'>Fedora</entry>
      <entry name='vendor'>Virt-Manager</entry>
    </system>
  </sysinfo>
  ...

図23.5 SMBIOS システム情報

<sysinfo> 要素には、サブ要素のレイアウトを決定する必須の属性である type があり、以下のように定義できます。
  • <smbios>:サブ要素は特定の SMBIOS 値を呼び出します。<os> 要素の smbios サブ要素とともに使用された場合、ゲスト仮想マシンに影響します。<sysinfo> の各サブ要素は SMBIOS ブロックの名前を付けます。これらの要素内には、ブロック内のフィールドを説明するエントリー要素のリストがあることがあります。以下のブロックとエントリーが認識されます。
    • <bios>: これは、SMBIOS のブロック 0 で、エントリー名は vendorversiondate、および release から選択されます。
    • <system>: これは SMBIOS のブロック 1 で、エントリー名は manufacturerproductversionserialuuidsku、および family から選択されます。uuid エントリーがトップレベルの uuid 要素と同時に提供された場合、2 つの値は一致する必要があります。