第3章 仮想マシンの作成

Red Hat Enterprise Linux 7 ホストシステム上に 仮想化パッケージ をインストールした後、virt-manager インターフェースを使用して仮想マシンを作成し、ゲストオペレーティングシステムをインストールできます。この代わりに、パラメーターのリストやスクリプトを使用して virt-install コマンドラインユーティリティーを使用できます。本章では両方の方法を取り上げます。

3.1. ゲスト仮想マシンのデプロイに関する留意事項

ゲスト仮想マシンを作成する前には、様々な要素を考慮する必要があります。デプロイ前に仮想マシンの役割を評価する必要がありますが、定期的なモニタリングと (負荷やクライアント数などの) 様々な要素に基づく評価も実行する必要があります。考慮に入れる要素には、以下が含まれます。
パフォーマンス
ゲスト仮想マシンは、意図されるタスクに基づいてデプロイし、設定することをお勧めします。ゲストシステムには、パフォーマンスについての特別な考慮が必要なものもあります (例: データベースサーバーを実行するゲスト)。ゲストの役割や予測されるシステム負荷によっては、ゲストがより多くの割り当て CPU やメモリーを必要とすることもあります。
入出力要件と入出力タイプ
ゲスト仮想マシンの中には、とくに高い入出力要件があるものや、入出力タイプ (例: 通常のディスクブロックサイズのアクセスまたはクライアント数) に応じてさらに注意や追加の予測が必要なものもあります。
ストレージ
ゲスト仮想マシンの中には、ストレージやより高速なディスクタイプへの優先度の高いアクセスを必要とするものもあります。ストレージのデプロイとメンテナンス時には、ゲストが使用するストレージ容量も定期的に監視して考慮することをお勧めします。『Red Hat Enterprise Linux 7 仮想化セキュリティーガイド』に説明されているすべての留意事項を確認してください。また、お使いの物理ストレージによって仮想ストレージのオプションが制限される可能性があることについても留意しておくことは重要です。
ネットワークおよびネットワークインフラストラクチャー
ゲスト仮想マシンの環境によっては、他のゲストより高速のネットワークリンクを必要とするものもあります。帯域幅や待ち時間はゲストのデプロイおよびメンテナンス時に考慮すべき要素になることが多く、要件や負荷が変化する場合はとくにそう言えます。
リクエスト要件
virtio ドライブがディスク全体をベースとし、以下の例のようにディスクデバイスパラメーターが ドメイン XML ファイルlun に設定されている場合にのみ、SCSI リクエストは virtio ドライブ上のゲスト仮想マシンに発行されます。
<devices>
  <emulator>/usr/libexec/qemu-kvm</emulator>
  <disk type='block' device='lun'>