Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.3. 仮想 CPU のオーバーコミット

KVM ハイパーバイザーは、仮想 CPU(vCPU)のオーバーコミットに対応します。仮想化された CPU は、ゲスト仮想マシンの負荷がかかると、可能な限りオーバーコミットすることができます。100% に近い負荷がかかるり、応答時間が使用できない可能性があるため、vCPU のオーバーコミット時には注意してください。
Red Hat Enterprise Linux 7 では、SMP(対称マルチプロセッシング)仮想マシンと呼ばれる複数の仮想 CPU を持つゲストをオーバーコミットできます。ただし、物理 CPU に存在する仮想マシン上でコアが多い場合は、パフォーマンスが低下する可能性があります。
たとえば、仮想 CPU 4 つを持つ仮想マシンは、デュアルコアプロセッサーが搭載されたホストマシンではなく、クアッドコアホスト上では実行しないでください。プログラムが CPU 時間よりも少ないため、SMP 仮想マシンを処理の物理数を超えると、パフォーマンスが大幅に低下します。また、物理プロセッサーコアごとに合計 CPU を 10 個以上追加することは推奨されません。
SMP ゲストでは、いくつかの処理オーバーヘッドが固有です。CPU のオーバーコミットは、SMP オーバーヘッドを増やす可能性があります。これは、ゲストにリソースを割り当て、ゲスト内で CPU 間の通信が行われる可能性があるため、SMP のオーバーヘッドが増える可能性があります。このオーバーヘッドは、仮想 CPU の数またはそれ以上のオーバーコミット率があるゲストで増加します。
仮想 CPU は、1 台のホストに複数のゲストがあり、各ゲストにホスト CPU 数と比較して、少数の仮想 CPU がある場合に、オーバーコミットが最適です。KVM は、1 台のホストで 1 つの物理 CPU に対して、5 つの vCPU の比率(5 台の仮想マシン)の比率で、負荷負荷のあるゲストを安全にサポートする必要があります。KVM ハイパーバイザーは、すべての仮想マシン間で切り替えを行い、負荷が分散されます。
ベストパフォーマンスを得るためには、ゲストを、各ゲスト内にあるプログラムの実行に必要だけの多い vCPU を割り当てることを推奨します。
重要
メモリーまたは処理リソース 100% を使用するアプリケーションは、オーバーコミット環境で不安定になる可能性があります。CPU のオーバーコミット比率と SMP のワークロードに依存するため、大規模なテストなしで、実稼働環境でメモリーまたは CPU をオーバーコミットしないでください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。