3.4. virt-install および virt-manager のインストールオプションの比較

以下の表は、仮想マシンのインストール時のオプションとして、同等のvirt-installvirt-manager のインストールオプションを比較しています。
ほとんどの virt-install オプションは必須ではありません。最小要件として、--name--memory、ゲストストレージ (--disk--filesystem、または --disk none)、およびインストール方法 (--location--cdrom--pxe--import、または boot) が必要になります。これらのオプションは引数によってさらに詳細化されます。コマンドオプションと関連する引数の詳細の一覧を表示するには、以下のコマンドを入力します。
# virt-install --help
virt-manager では、最小要件として、名前、インストール方法、メモリー (RAM)、仮想 CPU (vCPU)、ストレージが必要になります。

表3.1 ゲストのインストールに関する virt-install と virt-manager の設定の比較

仮想マシンの設定virt-install オプションvirt-manager インストールウィザードのラベルとステップ番号
仮想マシン名--name, -n名前 (ステップ 5)
割り当てる RAM (MiB)--ram, -rメモリー (RAM) (ステップ 3)
ストレージ - ストレージメディアの指定--diskこの仮想マシンにストレージデバイスを割り当てます。→ コンピューターのハードディスク上にディスクイメージを作成する、または管理しているか、他の既存のストレージを選択する (ステップ 4)
ストレージ - ホストのディレクトリーをゲストにエクスポート--filesystemこの仮想マシンにストレージデバイスを割り当てます。→ 管理しているか、他の既存のストレージを選択する (ステップ 4)
ストレージ - ゲストにローカルのディスクストレージを設定しない--nodisks「この仮想マシンにストレージデバイスを割り当てます。」チェックボックスの選択解除 (ステップ 4)
インストールメディアの場所 (ローカルインストール)--fileローカルのインストールメディア → インストールメディアの場所 (ステップ 1-2)
ディストリビューションツリーからのインストール (ネットワークインストール)--locationネットワークインストール → URL (ステップ 1-2)
PXE を使用したゲストのインストール--pxeネットワークブート (ステップ 1)
仮想 CPU 数--vcpusCPU (ステップ 3)
ホストのネットワーク--network「詳細なオプション (Advanced options)」ドロップダウンメニュー (ステップ 5)
オペレーティングシステムのバリアント/バージョン--os-variantバージョン (ステップ 2)
グラフィカル表示の方法--graphics, --nographics* virt-manager は GUI インストールのみを提供します