3.3. virt-manager を使用したゲストの作成

virt-manager としても知られる仮想マシンマネージャーは、ゲスト仮想マシンを作成し、管理するグラフィカルツールです。
このセクションでは、virt-manager を使用して Red Hat Enterprise Linux 7 ホスト上で Red Hat Enterprise Linux 7 ゲスト仮想マシンをインストールする方法を説明します。
以下の手順では、KVM ハイパーバイザーや他の必要なパッケージすべてがインストールされており、ホストが仮想化用に設定されていることを前提としてします。仮想化パッケージのインストールについての詳細は、2章仮想化パッケージのインストール を参照してください。

3.3.1. virt-manager によるインストールの概要

新しい仮想マシン ウィザードでは、仮想マシン作成が 5つ のステップで行われます。
  1. ハイパーバイザーとインストール方法の選択
  2. インストールメディアの場所の選択と設定
  3. メモリーと CPU オプションの設定
  4. 仮想マシンのストレージの設定
  5. 仮想マシンの名前、ネットワーク、アーキテクチャー、他のハードウェアの設定
次に進む前に、virt-manager がインストールメディアにアクセスできることを確認してください (ローカルまたはネットワーク経由)。

3.3.2. virt-manager を使用した Red Hat Enterprise Linux 7 ゲストの作成

以下の手順では、ローカルに保存されているインストール用 DVD や DVD イメージを使って Red Hat Enterprise Linux 7 のゲスト仮想マシンを作成する方法を説明します。Red Hat Enterprise Linux 7 の DVD イメージは、Red Hat カスタマーポータル から入手できます。

手順3.1 virt-manager およびローカルインストールメディアを使用した Red Hat Enterprise Linux 7 ゲスト仮想マシンの作成

  1. オプション: 準備

    仮想マシン用のストレージ環境を用意します。ストレージの準備に関する詳細は、13章仮想マシンのストレージ管理 を参照してください。

    重要

    ゲスト仮想マシンの保存には、様々な種類のストレージを使用することができます。しかし、仮想マシンで移行機能を使用できるようにするには、ネットワーク接続されたストレージ上に仮想マシンを作成する必要があります。
    Red Hat Enterprise Linux 7 には、少なくとも 1GB のストレージ領域が必要です。しかし Red Hat は、Red Hat Enterprise Linux 7 のインストールと本ガイドの手順で 5GB 以上のストレージ領域を使用することを推奨しています。
  2. virt-manager を開き、ウィザードを開始します。

    virt-manager を開くには、root で virt-manager コマンドを実行するか、または アプリケーションシステムツール仮想マシンマネージャー を開きます。
    仮想マシンマネージャーのウィンドウ

    図3.1 仮想マシンマネージャーのウィンドウ

    オプションとして、ハイパーバイザーを選択し、接続 (Connect) ボタンをクリックしてリモートハイパーバイザーを開きます。
    をクリックして、新規の仮想化ゲストウィザードを開始します。
    新しい仮想マシン ウィンドウが開きます。
  3. インストール方法を指定します。

    インストールの方法を選択します。
    ローカルのインストールメディア (ISO イメージまたは CD-ROM ドライブ)
    この方法では、CD-ROM か DVD、またはインストールディスクのイメージを使用します (例: .iso)。
    ネットワークインストール (HTTP、FTP、または NFS)
    この方法では、ミラー化された Red Hat Enterprise Linux または Fedora インストールツリーを使ってゲストをインストールします。インストールツリーには、HTTP または FTP、または NFS のいずれかでアクセスできる必要があります。
    ネットワークインストール を選択する場合には、インストール URL およびカーネルオプション (必要な場合) を指定します。
    ネットワークブート (PXE)
    この方法では、Preboot eXecution Environment (PXE) サーバーを使用してゲスト仮想マシンをインストールします。PXE サーバーの設定は、『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』で説明されています。ネットワークブートでインストールするには、ゲストがルーティング可能な IP アドレスまたは共有ネットワークデバイスを備えている必要があります。
    ネットワークブート を選択する場合は、ステップ 5 に進みます。すべてのステップが完了すると DHCP 要求は送信され、有効な PXE サーバーが見つかる場合はゲスト仮想マシンのインストールプロセスが開始します。
    既存のディスクイメージをインポート
    この方法では、新しいゲスト仮想マシンを作成し、そこにディスクイメージ (インストール済みの起動可能なオペレーティングシステムを含む) をインポートできます。
    仮想マシンのインストール方法

    図3.2 仮想マシンのインストール方法

    進む をクリックして先に進みます。
  4. インストールソースを選択します。

    1. ローカルのインストールメディア (ISO イメージまたは CD-ROM ドライブ) を選択した場合、目的のローカルインストールメディアを指定します。
      ローカル ISO イメージのインストール

      図3.3 ローカル ISO イメージのインストール

      • CD-ROM または DVD からインストールする場合は、CD-ROM または DVD を使用 ラジオボタンを選択し、利用可能なドライブのドロップダウンリストから適切なディスクドライブを選択します。
      • ISO イメージからインストールする場合は、ISO イメージを使用 を選択し、参照... ボタンをクリックして ISO メディアボリュームの検索 ウィンドウを開きます。
        使用するインストールイメージを選択し、ボリュームの選択 をクリックします。
        ISO メディアボリュームの検索 ウィンドウにイメージが表示されない場合、ローカルを参照 ボタンをクリックしてホストマシンにあるインストールイメージまたはインストールディスクのある DVD ドライブを参照します。インストールイメージまたはインストールディスクのある DVD ドライブを選択して 開く をクリックします。使用するボリュームが選択され、新しい仮想マシンを作成 ウィザードに戻ります。

        重要

        ISO イメージファイルまたはゲストストレージファイルの推奨される場所は、/var/lib/libvirt/images/ です。それ以外の場所を指定する場合、SELinux による追加の設定が必要になる可能性があります。SELinux の設定に関する詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 7 仮想化セキュリティーガイド』または『Red Hat Enterprise Linux 7 SELinux ユーザーおよび管理者のガイド』を参照してください。
    2. Network Install を選択した場合には、インストールソースの URL および希望するカーネルオプション (必要な場合) を入力します。URL は、インストールツリーのルートディレクトリーをポイントしている必要があります。また、インストールツリーには、HTTP、FTP、または NFS のいずれかでアクセスできる必要があります。
      キックスタートインストールを実施するには、カーネルのオプション でキックスタートファイルの URL を指定します (ks= で始めます)。
      ネットワーク経由のキックスタートインストール

      図3.4 ネットワーク経由のキックスタートインストール

      注記

      カーネルオプションの全リストは、『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。
    次に、インストールする OS の種類バージョン を選びます。仮想マシンに適したオペレーティングシステムの種類を選択することを確認してください。これは、インストールメディアに応じて、仮想マシン内の OS の種類を自動判別する (Automatically detect operating system based on install media) チェックボックスを選択して手動で指定することができます。
    進む をクリックして先に進みます。
  5. メモリー (RAM) および 仮想 CPU を設定します。

    仮想マシンに割り当てる CPU の数とメモリー (RAM) の容量を設定します。ウィザードでは、割り当て可能な CPU の数とメモリー量が表示されます。これらの値はホストとゲストのパフォーマンスに影響を与えます。
    仮想マシンの効率的かつ効果的な実行には、十分な物理メモリー (RAM) が必要です。Red Hat は、仮想マシンの最小 512MB の RAM をサポートします。1 論理コアあたりでは最小 1024MB の RAM を推奨します。
    十分な数の仮想 CPU を仮想マシンに割り当てます。仮想マシンがマルチスレッドアプリケーションを実行する場合は、ゲスト仮想マシンの効果的な実行に必要な数の仮想 CPU を割り当てます。
    ホストシステムで利用可能な物理プロセッサー (またはハイパースレッド) よりも多くの仮想 CPU を割り当てることはできません。利用可能な仮想 CPU 数は、X 個まで使用できます フィールドに表示されます。
    メモリーと CPU の設定

    図3.5 メモリーと CPU の設定

    メモリーと CPU の設定を行った後に、進む をクリックして次に進みます。

    注記

    メモリーと仮想 CPU はオーバーコミットすることができます。オーバーコミットに関する詳細は、7章KVM でのオーバーコミット を参照してください。
  6. ストレージを設定します。

    仮想マシンと必要とされるアプリケーションに十分な領域を有効にし、その割り当てを実行します。デスクトップインストールの場合は少なくとも 5GB を割り当て、最小インストールの場合は少なくとも 1GB を割り当てます。
    仮想ストレージの設定

    図3.6 仮想ストレージの設定

    注記

    ライブおよびオフラインマイグレーションの場合は、仮想マシンを共有ネットワークストレージにインストールする必要があります。仮想マシン用の共有ストレージの設定に関する詳細は、「共有ストレージの例: 単純な移行に NFS を使用する」を参照してください。
    1. デフォルトのローカルストレージを使用

      コンピューターのハードディスク上にディスクイメージを作成する ラジオボタンを選択し、デフォルトのストレージプールの /var/lib/libvirt/images/ ディレクトリーにファイルベースのイメージを作成します。作成するディスクイメージのサイズを入力します。今すぐディスク全体を割り当てる チェックボックスが選択されていると、指定されたサイズのディスクイメージが即時に作成されます。選択されていない場合は、ディスクイメージは要求に応じて大きくなります。

      注記

      ストレージプールは仮想コンテナーであるものの、qemu-kvm によって許可される最大サイズとホストの物理マシン上のディスクサイズの 2 つの要素によって制限されます。ストレージプールはホスト物理マシンのディスクサイズを超えることはできません。最大サイズは以下のようになります。
      • virtio-blk = 2^63 バイトまたは 8 エクサバイト (raw ファイルまたはディスクを使用)
      • Ext4 = ~ 16 TB (using 4 KB block size)
      • XFS = ~8 Exabytes
      • qcow2 とホストファイルシステムはそれぞれ独自のメタデータを維持します。非常に大きなイメージサイズを使用する場合はスケーラビリティーの評価または調整を行う必要があります。raw ディスクを使用すると、スケーラビリティーや最大サイズに影響を与える可能性のある層の数が少なくなります。
      進む をクリックしてローカルのハードドライブにディスクイメージを作成します。または、管理しているストレージか、他の既存のストレージを選択する を選択してから 参照 を選択し、管理しているストレージを設定します。
    2. ストレージプールの使用

      ストレージプールの使用に 管理しているストレージか、他の既存のストレージを選択する を選択し、参照 をクリックすると、ストレージボリュームの検索または作成 ウィンドウが開きます。
      「ストレージボリュームの選択」ウィンドウ

      図3.7 「ストレージボリュームの選択」ウィンドウ

      1. ストレージプール 一覧からストレージプールを選択します。
      2. オプション: をクリックして新しいストレージボリュームを作成します。ストレージボリュームを作成 (Add a Storage Volume) 画面が表示されます。新しいストレージボリュームの名前を入力します。
        フォーマット ドロップダウンメニューからフォーマットのオプションを選択します。フォーマットオプションには、raw、qcow2 および qed があります。必要に応じて他のフィールドも調整します。ここで使用されている qcow2 バージョンはバージョン 3 であることに注意してください。qcow バージョンを変更するには、「target 要素の設定」を参照してください。
        「ストレージボリュームを作成 (Add a Storage Volume)」ウィンドウ

        図3.8 「ストレージボリュームを作成 (Add a Storage Volume)」ウィンドウ

    新規ボリュームを選択し、ボリュームの選択 をクリックします。次に、完了 をクリックして 新しい仮想マシン ウィザードに戻ります。進む をクリックして次に進みます。
  7. 名前を付けて最終設定を行います。

    仮想マシンに名前を付けます。仮想マシンの名前には、文字、数字、およびアンダースコア (_)、ピリオド (.)、ハイフン (-) などの文字を使用することができます。仮想マシンを移行するには、仮想マシンの名前は一意でなければならず、数字のみの名前は使用できません。
    デフォルトで、仮想マシンは 'default' というネットワークについて Network Address Translation (NAT) を使用して作成されます。ネットワークの選択を変更するには、Network selection をクリックしてホストデバイスとソースモードを選択します。
    仮想マシンの設定を確認し、問題がなければ完了 をクリックします。指定されたネットワーク設定、仮想化の種類およびアーキテクチャーで仮想マシンが作成されます。
    設定の確認

    図3.9 設定の確認

    または、仮想マシンのハードウェアをさらに設定する場合は、インストールの前に設定をカスタマイズする チェックボックスにチェックを入れます。これによりゲストのストレージまたはネットワークデバイスの変更や、準仮想化 (virtio) ドライバーの使用や、ドライバーの追加を実行できます。ここから別のウィザードが開き、仮想マシンのハードウェア設定で追加や削除、設定が可能になります。

    注記

    Red Hat Enterprise Linux 4 または Red Hat Enterprise Linux 5 のゲスト仮想マシンは、グラフィカルモードを使用してインストールすることができません。そのため、ビデオカードには「QXL」ではなく「Cirrus」を選択する必要があります。
    仮想マシンのハードウェアを設定した後に 適用 をクリックします。virt-manager が指定されたハードウェア設定で仮想マシンを作成します。

    警告

    Red Hat Enterprise Linux 7 のゲスト仮想マシンを、設定済みの TCP/IP 接続なしにリモートメディアからインストールすると、インストールは失敗します。ただし、この状況で Red Hat Enterprise Linux 5 または 6 のゲスト仮想マシンをインストールすると、インストーラーは「Configure TCP/IP (TCP/IP の設定)」インターフェースを開きます。
    この違いについての詳細は、関連するナレッジベース記事 を参照してください。
    完了 ボタンをクリックして Red Hat Enterprise Linux インストールを継続します。Red Hat Enterprise Linux 7 のインストール方法の詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。
これで ISO インストールディスクイメージから Red Hat Enterprise Linux 7 ゲスト仮想マシンが作成されました。