A.5. シリアルコンソールでのトラブルシューティング

Linux カーネルは、シリアルポートに情報を出力できます。これはカーネルパニックをデバッグする場合や、ビデオデバイスまたはヘッドレスサーバーのハードウェアの問題をデバッグする場合に便利です。
KVM ゲストのシリアルコンソールの出力を有効にするには以下を行います。
  1. ゲストのドメイン XML ファイルにシリアルコンソールの設定が含まれるようにしてください。例を以下に示します。
              
      <console type='pty'>
        <source path='/dev/pts/16'/>
        <target type='virtio' port='1'/>
        <alias name='console1'/>
      </console>
              
  2. ゲスト上で、Red Hat ナレッジベースの How can I enable serial console for Red Hat Enterprise Linux 7? の内容にしたがいます。
その後、ホスト上で以下のコマンドを使用するとシリアルコンソールにアクセスできます。guestname はゲスト仮想マシンの名前に置き換えてください。
# virsh console guestname
virt-manager を使って仮想テキストコンソールを表示することもできます。ゲストのコンソールウィンドウで、表示 メニューから テキストコンソールSerial 1 を選択します。