Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.5. シリアルコンソールを使用したトラブルシューティング

Linux カーネルは、情報をシリアルポートに出力できます。これは、カーネルパニックのデバッグや、ビデオデバイスまたはヘッドレスサーバーでのハードウェアの問題のデバッグに役立ちます。
KVM ゲストのシリアルコンソール出力を有効にするには、次のコマンドを実行します。
  1. ゲストのドメイン XML ファイルにシリアルコンソールの設定が含まれていることを確認してください。以下に例を示します。
              
      <console type='pty'>
        <source path='/dev/pts/16'/>
        <target type='virtio' port='1'/>
        <alias name='console1'/>
      </console>
    
ホストで次のコマンドを使用すると、シリアルコンソールにアクセスできます。guestname はゲスト仮想マシンの名前に置き換えます。
# virsh console guestname
virt-manager を使用して仮想テキストコンソールを表示することもできます。ゲストコンソールウィンドウで、View メニューから Text ConsolesSerial 1 を選択します。