Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.5. NSS を使用した仮想マシンのリモート管理の強化

Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降では、libvirt Network Security Services(NSS)モジュールを使用すると、SSH、TLS、SSL、およびその他のリモートログインサービスでゲストへの接続が容易になります。さらに、このモジュールは、ping などのホスト名の変換を使用するユーティリティーも利点します。
この機能を使用するには、libvirt-nss パッケージをインストールします。
# yum install libvirt-nss
注記
libvirt-nss のインストールに失敗した場合は、Red Hat Enterprise Linux の Optional リポジトリーが有効になっていることを確認します。手順は、『 システム管理者のガイド』 を参照してください。
最後に、たとえば、/etc/nsswitch.conf ファイルの hosts 行に libvirt_guest を追加してモジュールを有効にします。
passwd:      compat
shadow:      compat
group:       compat
hosts:       files libvirt_guest dns
...
モジュールが hosts 行に一覧表示されている順序によって、指定されたリモートゲストを見つけるためにこれらのモジュールが参照される順番が決まります。これにより、libvirt の NSS モジュールがホストドメイン名を IP アドレスに変換するモジュールに追加されます。たとえば、これにより、静的 IP アドレスを設定し、ゲストの名前だけを使用せずに、NAT モードでリモートゲストに接続することができます。
# ssh root@guestname
root@guestname's password:
Last login: Thu Aug 10 09:12:31 2017 from 192.168.122.1
[root@guestname ~]#
注記
ゲストの名前が分からない場合は、virsh list --all コマンドを使用すると取得できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。