Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.6. 仮想化ログ

以下の方法を使用して、ハイパーバイザーおよびゲスト上のイベントに関するログデータにアクセスできます。これは、システムで仮想化のトラブルシューティングに役立ちます。
  • 各ゲストにログがあり、/var/log/libvirt/qemu/ ディレクトリーに保存されます。ログの名前は guestName.log で、サイズの制限に達すると定期的に圧縮されます。
  • systemd Journallibvirt イベントを表示するには、以下のコマンドを使用します。
    # journalctl _SYSTEMD_UNIT=libvirtd.service
  • auvirt コマンドは、ハイパーバイザーのゲストに関連する監査結果を表示します。特定のゲスト、時間枠、および情報形式を選択して、表示されるデータを絞り込むことができます。たとえば、以下のコマンドは、現在の日の testguest 仮想マシンのイベントの概要を提供します。
    # auvirt --start today --vm testguest --summary
    Range of time for report:       Mon Sep  4 16:44 - Mon Sep  4 17:04
    Number of guest starts:         2
    Number of guest stops:          1
    Number of resource assignments: 14
    Number of related AVCs:         0
    Number of related anomalies:    0
    Number of host shutdowns:       0
    Number of failed operations:    0
    
    auvirt 情報を systemd Journal に自動的に含めるように設定することもできます。これを行うには、/etc/libvirt/libvirtd.conf ファイルを編集し、audit_logging パラメーターの値を 1 に設定します。
    詳細は、man ページの auvirt を参照してください。
  • Virtual Machine Manager のエラーが発生した場合には、$HOME/.virt-manager/ ディレクトリーの virt-manager.log ファイルで生成されたデータを確認できます。
  • ハイパーバイザーシステムの監査ログは、/var/log/audit/audit.log ファイルを参照してください。
  • ゲストオペレーティングシステムによっては、さまざまなシステムログファイルをゲストに保存することもできます。
Red Hat Enterprise Linux へのログインに関する詳細は、『 システム管理者のガイド』 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。