Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.8. ゲスト仮想マシンのシャットオフ、シャットダウン、再起動、および強制的なシャットダウン

20.8.1. ゲスト仮想マシンのシャットダウン

virsh shutdown domain [--mode modename] コマンドは、ゲスト仮想マシンをシャットダウンします。ゲスト仮想マシンの設定ファイルの on_shutdown パラメーターを変更することで、ゲスト仮想マシンの再起動方法の動作を制御できます。on_shutdown パラメーターの変更は、ドメインをシャットダウンして再起動しないと反映されません。
virsh shutdown コマンドには、以下のオプションを指定できます。
  • --mode が シャットダウンモードを選択します。これは、acpiagentinitctlsignal、または paravirt のいずれかになります。

例20.13 ゲスト仮想マシンをシャットダウンする方法

以下の例では、acpi モードを使用して、guest1 仮想マシンをシャットダウンします。
# virsh shutdown guest1 --mode acpi
Domain guest1 is being shutdown

20.8.2. ゲスト仮想マシンの一時停止

virsh suspend domain コマンドは、ゲスト仮想マシンを一時停止します。
ゲスト仮想マシンが一時停止状態の場合、システム RAM は消費されますが、プロセッサーリソースは消費されません。ゲスト仮想マシンが一時停止されている間は、ディスクとネットワークの I / O は発生しません。この操作は即座に行われるため、ゲスト仮想マシンは virsh resume コマンドでしか再起動できません。一時的な仮想マシンでこのコマンドを実行すると、コマンドは削除されます。

例20.14 ゲスト仮想マシンを一時停止する方法

以下の例では、guest1仮想マシンを一時停止します。
# virsh suspend guest1

20.8.3. 仮想マシンのリセット

virsh reset domain は、ゲストをシャットダウンせずにすぐにゲスト仮想マシンをリセットします。リセットは、マシンのリセットボタンをエミュレートします。すべてのゲストハードウェアが RST 行を認識し、内部状態を再初期化します。ゲストの仮想マシン OS がシャットダウンしないと、データが失われる可能性があることに注意してください。
注記
仮想マシンをリセットしても、ドメイン設定の保留中の変更は適用されません。ドメインの設定の変更は、ドメインの完全なシャットダウンおよび再起動後にのみ反映されます。

例20.15 ゲスト仮想マシンをリセットする方法

以下の例では、guest1 仮想マシンをリセットします。
# virsh reset guest1

20.8.4. 後で再起動するために実行中のゲスト仮想マシンの停止

virsh managedsave domain --bypass-cache --running | --paused | --verbose コマンドは、実行中のゲスト仮想マシンを保存および破棄 (停止) し、後で同じ状態から再起動できるようにします。virsh start コマンドと併用すると、この保存ポイントから自動的に開始されます。--bypass-cache 引数と一緒に使用すると、ファイルシステムキャッシュが回避されます。このオプションを使用すると、保存プロセスの速度が遅くなり、--verbose オプションを使用したダンププロセスの進捗が表示されることに注意してください。通常の条件では、管理保存は、保存が完了したときにゲスト仮想マシンが置かれている状態によって決定される実行状態と一時停止状態のどちらを使用するかを決定します。ただし、これは、--running オプションを使用して、実行状態のままにする必要があることを示したり、--paused オプションを使用して、一時停止状態のままにすることを示したりして上書きできます。管理保存状態を削除するには、virsh managedsave-remove コマンドを使用します。このコマンドは、ゲスト仮想マシンが次に起動したときに強制的に完全起動します。管理保存プロセス全体は、domjobinfo コマンドを使用して監視できます。domjobabort コマンドを使用して監視を中止することもできます。

例20.16 実行中のゲストを停止し、設定を保存する方法

以下の例では、guest1 仮想マシンを停止し、実行設定を保存して再起動できるようにしています。
# virsh managedsave guest1 --running