第2章 仮想化パッケージのインストール

仮想化を使用するには、コンピューターに Red Hat 仮想化パッケージをインストールする必要があります。仮想化パッケージは、yum コマンドおよび Subscription Manager を使用して Red Hat Enterprise Linux のインストール時またはインストール後にインストールすることができます。
KVM ハイパーバイザーは、kvm カーネルモジュールを使うデフォルトの Red Hat Enterprise Linux カーネルを使用します。

2.1. Red Hat Enterprise Linux インストール時の仮想化パッケージのインストール

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux のインストール時に仮想化パッケージをインストールする方法について説明します。

注記

Red Hat Enterprise Linux のインストールに関する詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。

重要

Anaconda インターフェースは、Red Hat Enterprise Linux サーバーのインストール時に Red Hat 仮想化パッケージをインストールする方法を提供します。
Red Hat Enterprise Linux Workstation をインストールする場合、ワークステーションのインストールが完了した後のみ Red Hat の仮想化パッケージをインストールできます。「既存の Red Hat Enterprise Linux システム上への仮想化パッケージのインストール」 を参照してください。

手順2.1 仮想化パッケージのインストール

  1. ソフトウェアを選択します。

    インストールの手順にしたがってインストールの概要 画面に移動します。
    Image shows the Installation Summary screen, which lists configurable options under group headings. Under the Localization heading : Date & Time, Language Support, and Keyboard. Under the Software heading: Installation Source and Software Selection. Under the System heading: Installation Destination and Network & Hostname.

    図2.1 「インストールの概要」画面

    インストールの概要 画面で ソフトウェアの選択 をクリックします。ソフトウェアの選択 画面が表示されます。
  2. サーバータイプとパッケージグループを選択します。

    Red Hat Enterprise Linux 7 は、基本的な仮想化パッケージまたはグラフィカルユーザーインターフェースでのゲスト管理を可能にするパッケージでインストールできます。以下のいずれかを実行します。
    • 最小限の仮想化ホストのインストール
      ベース環境 ぺインの下の 仮想化ホスト ラジオボタンを選択し、選択した環境のアドオン ペインの下の Virtualization Platform (仮想化プラットフォーム) チェックボックスを選択します。これにより、virsh で実行でき、ネットワーク経由のリモートで実行できる基本の仮想化環境がインストールされます。
      Image shows the Software Selection screen, which lists options under two headings: Base Environment and Add-Ons for Selected Environment. Virtualization Host is highlighted from the options under Base Environment, and Virtualization Platform is highlighted from the options under Add-Ons for Selected Environment.

      図2.2 「ソフトウェアの選択」画面で選択される仮想化ホスト

    • グラフィカルユーザーインターフェースを使った仮想化ホストのインストール
      ベース環境 ペインの Server with GUI (GUI のあるサーバー) ラジオボタンと、選択した環境のアドオン ペインにある Virtualization Client (仮想化クライアント)Virtualization Hypervisor (仮想化ハイパーバイザー)、および Virtualization Tools (仮想化ツール) のチェックボックスを選択します。これにより、ゲスト仮想マシンをインストールおよび管理するグラフィカルツールとともに仮想化環境がインストールされます。
      Image shows the Software Selection screen, which lists options under two headings: Base Environment and Add-Ons for Selected Environment. Server with GUI is highlighted from the options under Base Environment, and Virtualization Client, Virtualization Hypervisor, and Virtualization Tools are highlighted from the options under Add-Ons for Selected Environment.

      図2.3 「ソフトウェアの選択」画面で選択される Server with GUI

  3. インストールを終了します。

    完了 をクリックし、インストールを続行します。

重要

仮想化パッケージの更新を受信するには、有効な Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションが必要です。

2.1.1. キックスタートファイルによる KVM パッケージのインストール

キックスタートファイルを使用して、仮想化パッケージとともに Red Hat Enterprise Linux をインストールするには、キックスタートファイルの %packages セクションに以下のパッケージグループを追加します。
@virtualization-hypervisor
@virtualization-client
@virtualization-platform
@virtualization-tools
キックスタートファイルのインストールに関する詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。