Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.7. メモリーのチューニング

図23.9 メモリーのチューニング


<domain>
  ...
  <memtune>
    <hard_limit unit='G'>1</hard_limit>
    <soft_limit unit='M'>128</soft_limit>
    <swap_hard_limit unit='G'>2</swap_hard_limit>
    <min_guarantee unit='bytes'>67108864</min_guarantee>
  </memtune>
  ...
</domain>
<memtune> は任意ですが、ドメイン XML のこのセクションのコンポーネントは次のとおりです。

表23.5 メモリーのチューニング要素

要素 説明
<memtune> ドメインのメモリー調整可能なパラメーターの詳細を説明します。これを省略すると、デフォルトでオペレーティングシステムが指定されます。パラメーターが全体としてプロセスに適用されるため、制限を設定する際に、ゲスト仮想マシンの RAM をゲストの仮想マシンビデオ RAM に追加して値を決定するため、一部のメモリーオーバーヘッドが可能になります。<それぞれの調整可能な値について、メモリーと同じ値を使用して>、入力時に数字がどの単位であるかを指定できます。後方互換性を確保するため、出力は常に kibibytes(KiB)にあります。
<hard_limit> ゲスト仮想マシンが使用できる最大メモリー。この値はkibibytes(1024 バイトブロック) で表されます。
<soft_limit> メモリーの競合時に実施するメモリー制限。この値は、kibibytes(1024 バイトブロック)で表されます。
<swap_hard_limit> 最大メモリーと、ゲスト仮想マシンが使用できるスワップこの値は、kibibytes(1024 バイトブロック)で表されます。これは <hard_limit> 値よりも大きくなければなりません。
<min_guarantee> ゲスト仮想マシンの最小メモリー割り当て。この値は、kibibytes(1024 バイトブロック)で表されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。