Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.36. 仮想マシンごとの仮想マシン情報の表示

20.36.1. ゲスト仮想マシンの表示

アクティブなゲスト仮想マシンの一覧とその現在の状態を表示するには、virsh で以下を実行します。
# virsh list
利用可能なその他のオプションは以下のとおりです。
  • --all - ゲスト仮想マシンをすべて一覧表示以下に例を示します。
    # virsh list --all
     Id Name                 State
    ----------------------------------
      0 Domain-0             running
      1 Domain202            paused
      2 Domain010            shut off
      3 Domain9600           crashed
    
    注記
    virsh list --all の実行時に結果が表示されない場合は、仮想マシンを root ユーザーとして作成できなくなる可能性があります。
    virsh list --all コマンドは、以下の状態を認識します。
    • Running: running の状態とは、CPU で現在アクティブなゲスト仮想マシンを参照します。
    • idle - idle の状態は、ゲスト仮想マシンがアイドル状態であり、実行できないかを示します。これは、ゲスト仮想マシンが I/O(従来の待機状態)で待機中に発生することがあります。これは、他の方法が他にないためです。
    • paused: ゲスト仮想マシンが一時停止すると、メモリーとその他のリソースが使用されますが、ハイパーバイザーから CPU リソースをスケジュールすることは不可能です。paused 状態は、virt-manager または virsh suspend コマンドで 一時停止 ボタンを使用して実行されます。
    • シャットダウン: in shutdown 状態は、シャットダウンしているプロセスのゲスト仮想マシン用です。ゲスト仮想マシンはシャットダウンシグナルが送信され、操作を正常に停止するプロセスである必要があります。これは、すべてのゲスト仮想マシンのオペレーティングシステムでは機能しない場合があります。一部のオペレーティングシステムは、これらのシグナルに応答しません。
    • シャット - shut off の状態は、ゲスト仮想マシンが実行されていないことを示します。これは、ゲスト仮想マシンが完全にシャットダウンされた、または起動されていないときに発生する可能性があります。
    • クラッシュし 場合: crashed 状態は、ゲスト仮想マシンがクラッシュしたことを示し、ゲスト仮想マシンがクラッシュ時に再起動されないように設定されている場合にのみ発生する可能性があります。
    • pmsuspended: ゲストがゲストの電源管理によって一時停止されています。
  • --inactive - 定義されているが、現在アクティブではないゲスト仮想マシンを一覧表示します。これには、停止 および クラッシュし たマシンが含まれます。
  • --managed-save - 管理対象保存状態が有効になっているゲストは、保存済みとして一覧表示され ます。このオプションを使用してゲストをフィルタリングするには、--all または --inactive オプションを使用する必要もあります。
  • --name - このコマンドは、デフォルトのテーブル形式ではなくゲストの名前を一覧表示します。このオプションは、--uuid オプションと相互に排他的で、ゲスト UUID の一覧のみを出力し、--table オプションを指定して、テーブルのスタイル出力を使用する必要があります。
  • --title - 通常、ゲストの簡単な説明を含むゲスト title フィールドも一覧表示します。このオプションは、デフォルトの(--table)出力形式で使用する必要があります。以下に例を示します。
    $ virsh list --title
    
    Id       Name                                          State     Title
    ----------------------------------------------------------------------------
    0        Domain-0                                      running   Mailserver1
    2        rhelvm                                        paused
    
  • --persistent - 永続的なゲストのみがリストに含まれます。一時的なゲストを一覧表示するには、--transient 引数を使用します。
  • --with-managed-save - 管理保存で設定済みのゲストを一覧表示します。ゲストを 1 つも一覧表示するには、--without-managed-save オプションを使用します。
  • --state-running - 実行中のゲストのみを一覧表示します。同様に、一時停止ゲストに --state-paused を使用し、オフになっているゲストに --state-shutoff を使用し、--state-other のステータスがすべてフォールバックとして一覧表示します。
  • --autostart - ゲストの自動起動のみが一覧表示されます。この機能が無効になっているゲストを一覧表示するには、--no-autostart の引数を使用します。
  • --with-snapshot - スナップショットイメージを一覧表示することのできるゲストを一覧表示します。スナップショットがないゲストに絞り込むには、--without-snapshot オプションを使用します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。