Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

19.3. 仮想ハードウェアの詳細ウィンドウ

仮想ハードウェアの詳細ウィンドウには、ゲストに設定された仮想ハードウェアに関する情報が表示されます。仮想ハードウェアリソースは、このウィンドウで追加、削除、および変更できます。仮想ハードウェアの詳細ウィンドウにアクセスするには、ツールバーのアイコンをクリックします。

図19.3 仮想ハードウェアの詳細アイコン

仮想ハードウェアの詳細アイコン
アイコンをクリックすると、仮想ハードウェアの詳細ウィンドウが表示されます。

図19.4 仮想ハードウェアの詳細ウィンドウ

仮想ハードウェアの詳細ウィンドウ

19.3.1. ゲスト仮想マシンへの起動オプションの適用

virt-manager を使用して、ゲスト仮想マシンの起動時の動作を選択できます。起動オプションは、ゲスト仮想マシンが再起動するまで有効になりません。変更を行う前に仮想マシンの電源を切るか、後でマシンを再起動できます。これらのオプションのいずれかを実行しないと、ゲストが次回再起動したときに変更が行われます。

手順19.1 起動オプションの設定

  1. 仮想マシンマネージャーのEdit メニューから、Virtual Machine Details を選択します。
  2. サイドパネルから Boot Options を選択し、次のいずれかまたはすべての手順を完了します。
    1. ホストの物理マシンが起動するたびにこのゲスト仮想マシンを起動するように指定するには、Autostart チェックボックスを選択します。
    2. ゲスト仮想マシンの起動順序を指定するには、Enable boot menu のチェックボックスを選択します。これを選択してから、起動元のデバイスを選択し、矢印キーを使用して、ゲスト仮想マシンが起動時に使用する順序を変更します。
    3. Linux カーネルから直接起動する場合は、Direct kernel boot を展開します。Kernel pathInitrd path、および使用するKernel arguments を入力します。
  3. 適用 をクリックします。

    図19.5 起動オプションの設定

    起動オプションの設定