Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.4. ブリッジネットワーク

ブリッジネットワーク(ネットワークブリッジングまたは仮想ネットワークスイッチとしても知られている)は、仮想マシンのネットワークインターフェースを物理ネットワークと同じネットワークに配置するために使用されます。ブリッジには最小の設定が必要で、既存のネットワーク上で仮想マシンが表示されるので、管理のオーバーヘッドとネットワークの複雑性が低下します。ブリッジには、いくつかのコンポーネントおよび設定変数が含まれるため、必要に応じて、十分に理解し、トラブルシュートできる透過的な設定を提供します。
ブリッジングは、標準の Red Hat Enterprise Linux ツール( virt-manager または libvirt )を使用して仮想化環境で設定でき、以下のセクションを参照してください。
ただし、仮想化環境では、ホストオペレーティングシステムのネットワークツールを使用してブリッジを簡単に作成できます。このブリッジ作成方法の詳細は、『 Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』を参照してください

6.4.1. Red Hat Enterprise Linux 7 ホストでのブリッジネットワークの設定

ブリッジネットワークは、仮想化管理ツールから独立した、Red Hat Enterprise Linux ホストの仮想マシン用に設定できます。この設定は、仮想化ブリッジがホストの唯一のネットワークインターフェースであるか、またはホストの管理ネットワークインターフェースである場合に主に推奨されます。
仮想化ツールを使用せずにネットワークブリッジを設定する方法は『 Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』を参照し てください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。