6.4. ブリッジネットワーク

ブリッジネットワーク (ネットワークブリッジングまたは仮想ネットワークスイッチとも呼ばれます) は、仮想マシンのネットワークインターフェースを物理インターフェースと同じネットワーク上に置くために使用されます。ブリッジには最小の設定が必要であり、仮想マシンを既存のネットワーク上に表示させるため、管理オーバーヘッドとネットワークの複雑性が軽減されます。ブリッジにはコンポーネントや設定変数がほとんど含まれていないため、それらは理解しやすく、必要な場合はトラブルシューティングを実行しやすい透過的なセットアップを提供します。
ブリッジは virt-manager または libvirt などの標準的な Red Hat Enterprise Linux ツールを使用して仮想化環境で設定できます。以下のセクションでこれについて説明します。
ただし、仮想化環境の場合でも、ホストオペレーティングシステムのネットワークツールを使用した方がブリッジをより簡単に作成できる場合があります。このブリッジの作成方法についての詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド」を参照してください。

6.4.1. Red Hat Enterprise Linux 7 ホストでのブリッジネットワークの設定

ブリッジネットワークは、仮想化管理ツールを使わずに Red Hat Enterprise Linux ホスト上の仮想マシンに設定できます。このような設定は主に、仮想化ブリッジがホストの唯一のネットワークインターフェースであるか、またはホストの管理ネットワークインターフェースである場合に推奨されます。
仮想化ツールを使わずにネットワークブリッジングを設定する手順については、『Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』を参照してください。

6.4.2. 仮想マシンマネージャーを使用したブリッジネットワーク

このセクションでは、virt-manager を使用してホストマシンのインターフェースからゲスト仮想マシンへのブリッジを作成する方法を説明します。

注記

ご使用の環境によっては、Red Hat Enterprise Linux 7 で libvirt ツールを使用してブリッジをセットアップするためにネットワークマネージャーを無効にする必要がある場合がありますが、これは Red Hat では推奨していません。また、libvirt で作成したブリッジでは、ブリッジがネットワークの接続を維持できるよう libvirtd が実行中である必要があります。
Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』で説明されているようにブリッジネットワークを Red Hat Enterprise Linux の物理ホストに設定することが推奨されます。ブリッジ作成後に libvirt を使用して仮想マシンインターフェースをブリッジに追加します。

手順6.1 virt-manager を使用したブリッジの作成

  1. virt-manager メインメニューから、編集 ⇒ 接続の詳細 をクリックして 接続の詳細 ウィンドウを開きます。
  2. ネットワークインターフェース タブをクリックします。
  3. ウィンドウの下部にある + をクリックして、新規ネットワークインターフェースを設定します。
  4. インターフェースの種類 ドロップダウンメニューで、Bridge を選択してから 進む をクリックして継続します。
    ブリッジの追加

    図6.1 ブリッジの追加

    1. 名前 フィールドに、br0 などのブリッジの名前を入力します。
    2. ドロップダウンメニューから 開始モード を選択します。以下のいずれかから選択します。
      • none - ブリッジを非アクティブ化します。
      • onboot - 次回のゲスト仮想マシンの再起動時にブリッジをアクティブ化します。
      • hotplug - ゲスト仮想マシンが実行中の場合でもブリッジをアクティブ化します。
    3. 今すぐ有効に チェックボックスにチェックを入れ、ブリッジをただちにアクティブにします。
    4. IP の設定 または ブリッジの設定 のいずれかを設定するには、該当する 設定 ボタンをクリックします。別のウィンドウが開き、ここで必要な設定を指定することができます。必要な変更を加えてから OK をクリックします。
    5. 仮想マシンに接続する物理インターフェースを選択します。インターフェースが別のゲスト仮想マシンで使用されている場合には、警告メッセージが送信されます。
  5. 完了 をクリックするとウィザードが閉じます。これにより、Connections (接続) メニューに戻ります。
    ブリッジの追加

    図6.2 ブリッジの追加

使用するブリッジを選択して Apply をクリックし、ウィザードを終了します。
インターフェースを停止するには、インターフェースの停止 キーをクリックします。ブリッジが停止した後にインターフェースを削除するには、インターフェースの削除 キーをクリックします。

6.4.3. libvirt を使用したブリッジネットワーク

ご使用の環境によっては、Red Hat Enterprise Linux 7 で libvirt ツールを使用してブリッジをセットアップするためにネットワークマネージャーを無効にする必要がある場合がありますが、これは Red Hat では推奨していません。また、ブリッジが作動するには libvirtd が実行中である必要があります。
Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』で説明されているようにブリッジネットワークを Red Hat Enterprise Linux の物理ホストに設定することが推奨されます。

重要

libvirt は新規のカーネル調整可能パラメーターを使用してホストブリッジのフォワーディングデータベース (FDB) エントリーを管理できるため、複数仮想マシンでのブリッジの実行時にシステムのネットワークのパフォーマンスが強化されます。ホストの XML 設定ファイルでネットワークの macTableManager 要素の <bridge> 属性を 'libvirt' に設定します。
<bridge name='br0' macTableManager='libvirt'/>
これにより、すべてのブリッジポートで学習 (フラッド) モードがオフになり、libvirt は必要に応じて FDB に対するエントリーの追加または削除を行います。MAC アドレスの適切な転送ポートについての学習に関するオーバーヘッドを削減すると共に、カーネルがネットワークへのブリッジ接続をしている物理デバイスでプロミスキャスモードを無効にできるため、さらにオーバーヘッドが削減されます。