Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

17.10. 仮想ネットワークの作成

仮想マシンマネージャー(virt-manager)を使用して、システムで仮想ネットワークを作成するには、以下を実行します。
  1. Connection Details メニューから、仮想ネットワーク タブを開きますAdd Network(Add Network )ボタンをクリックし、プラス記号(+)アイコンをクリックします。詳細はを参照してください 「仮想ネットワークの管理」

    図17.11 仮想ネットワークの設定

    仮想ネットワークの設定
    これにより、Create a new virtual network ウィンドウが開きます。進む をクリックして続行します。

    図17.12 新しい仮想ネットワークの命名

    新しい仮想ネットワークの命名
  2. 仮想ネットワークに適した名前を入力して Forward をクリックします。

    図17.13 IPv4 アドレス領域の選択

    IPv4 アドレス領域の選択
  3. Enable IPv4 network address space definition チェックボックスを選択します。
    ネットワーク フィールドに、仮想ネットワークの IPv4 アドレス領域を入力します
    DHCPv4 の有効化 チェックボックスにチェックを入れます
    IP アドレスの開始範囲と終了範囲を指定して、仮想ネットワークの DHCP 範囲を定義します

    図17.14 IPv4 アドレス領域の選択

    IPv4 アドレス領域の選択
    進む をクリックして続行します。
  4. IPv6 を有効にする場合は、IPv6 ネットワークアドレス定義の有効化 を確認してください。

    図17.15 IPv6 の有効化

    IPv6 の有効化
    追加のフィールドが「新しい仮想ネットワークを作成」ウィンドウに表示されます。

    図17.16 IPv6 の設定

    IPv6 の設定
    ネットワーク フィールドに IPv6 アドレスを入力します。
  5. DHCPv6 を有効にする場合は、DHCPv6 を有効にする チェックボックスを選択します。
    Create a new virtual network ウィンドウに追加のフィールドが表示されます。

    図17.17 DHCPv6 の設定

    DHCPv6 の設定
    (オプション)DHCPv6 範囲の開始と終了を編集します。
  6. 静的ルート定義を有効にする場合は、Enable Static Route Definition チェックボックスにチェックを入れます。
    Create a new virtual network ウィンドウに追加のフィールドが表示されます。

    図17.18 静的ルートの定義

    静的ルートの定義
    ネットワークアドレスと、適切なフィールドのネットワークへのルートに使用されるゲートウェイを入力します。
    Forward をクリックします。
  7. 仮想ネットワークを物理ネットワークに接続する方法を選択します。

    図17.19 物理ネットワークへの接続

    物理ネットワークへの接続
    仮想ネットワークを分離させる場合は、孤立した仮想ネットワークラジオボタンが選択されていることを確認します
    仮想ネットワークを物理ネットワークに接続する場合は、物理ネットワークへの転送 を選択して、送信先を任意の物理デバイス または特定の 物理デバイスにするかを選択します。また、Mode NAT または Routed であるかを選択します。
    仮想ネットワーク内で IPv6 ルーティングを有効にする場合は、IPv6 内部ルーティング/ネットワークの有効化 チェックボックスにチェックを入れてください
    仮想ネットワークの DNS ドメイン名を入力します。
    Finish をクリックして仮想ネットワークを作成します。
  8. 新しい仮想ネットワークが Connection Details ウィンドウの 仮想ネットワーク タブで利用できるようになりました。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。