17.10. 仮想ネットワークの作成

仮想マシンマネージャー (virt-manager) を使用してシステム上に仮想ネットワークを作成する方法:
  1. 接続の詳細 メニューから 仮想ネットワーク タブを開きます。(+) マークのアイコンで表されている ネットワークの追加 ボタンをクリックします。詳細は 「仮想ネットワークの管理」 を参照してください。
    仮想ネットワークの設定

    図17.11 仮想ネットワークの設定

    新しい仮想ネットワークの作成 ウィンドウが開きます。進む をクリックして先に進みます。
    新規の仮想ネットワークの名前の入力

    図17.12 新規の仮想ネットワークの名前の入力

  2. 仮想マシンの名前を入力して 進む をクリックします。
    IPv4 アドレス空間の選択

    図17.13 IPv4 アドレス空間の選択

  3. IPv4 ネットワークアドレス空間の定義を可能にする チェックボックスにチェックを入れます。
    ネットワーク フィールドに仮想ネットワークの IPv4 アドレス空間を入力します。
    DHCPv4 を有効化 チェックボックスにチェックを付けます。
    IP アドレス範囲の 開始終了 を指定して仮想ネットワークの DHCP 範囲を定義します。
    IPv4 アドレス空間の選択

    図17.14 IPv4 アドレス空間の選択

    進む をクリックして先に進みます。
  4. IPv6 を有効にする場合、IPv6 ネットワークアドレス空間の定義を可能にする にチェックを付けます。
    IPv6 の有効化

    図17.15 IPv6 の有効化

    追加のフィールドが「新しい仮想ネットワークを作成」ウィンドウに表示されます。
    IPv6 の設定

    図17.16 IPv6 の設定

    ネットワーク フィールドに IPv6 アドレスを入力します。
  5. DHCPv6 を有効にする場合、DHCPv6 を有効化 チェックボックスにチェックを付けます。
    追加のフィールドが「新しい仮想ネットワークを作成」ウィンドウに表示されます。
    DHCPv6 の設定

    図17.17 DHCPv6 の設定

    (オプション) DHCPv6 範囲の開始と終了を編集します。
  6. 静的ルートの定義を有効にする場合、スタティックルートの定義を有効化 チェックボックスにチェックを付けます。
    追加のフィールドが「新しい仮想ネットワークを作成」ウィンドウに表示されます。
    静的ルートの定義

    図17.18 静的ルートの定義

    該当するフィールドに、ネットワークへのルートに使用するネットワークアドレスおよびゲートウェイを入力します。
    進む (Forward) をクリックします。
  7. 仮想ネットワークを物理ネットワークに接続する方法を選択します。
    物理ネットワークへの接続

    図17.19 物理ネットワークへの接続

    仮想ネットワークを分離する場合、隔離された仮想ネットワーク ラジオボタンが選択されていることを確認します。
    仮想ネットワークが物理ネットワークに接続できるようにするには、物理ネットワークのフォワード を選択してから、宛先いずれかの物理デバイス または特定の物理デバイスにするかどうかを選択します。さらに、モードNAT または ルーティング にするかどうかを選択します。
    仮想ネットワーク内で IPv6 ルーティングを有効にするには、IPv6 の内部ルーティング/内部ネットワークを有効にする チェックボックスにチェックを付けます。
    仮想ネットワークの DNS ドメイン名を入力します。
    Finish をクリックし、仮想ネットワークを作成します。
  8. これで新しい仮想ネットワークが 接続の詳細 ウィンドウの 仮想ネットワーク タブに表示されるようになります。