Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.9. NUMA ノードのチューニング

NUMA ノードのチューニングが完了したら、virsh edit で以下のドメイン XML パラメーターが影響を受けます。

図23.11 NUMA ノードのチューニング


<domain>
  ...
  <numatune>
    <memory mode="strict" nodeset="1-4,^3"/>
  </numatune>
  ...
</domain>
すべては任意ですが、ドメイン XML のこのセクションのコンポーネントは以下のとおりです。

表23.6 NUMA ノードのチューニング要素

要素 説明
<numatune> では、ドメインプロセス用に NUMA ポリシーを制御して、NUMA ホスト物理マシンのパフォーマンスを調整する方法を説明します。
<memory> NUMA ホストの物理マシン上のドメインプロセスに割り当てる方法を指定します。これには、任意の属性が複数含まれています。mode 属性は、interleave、strict 、または preferred に設定できます。値が指定されていない場合、デフォルトは strict に設定されます。nodeset 属性は、vcpu <要素の> cpuset 属性と同じ構文を使用して NUMA ノードを指定します。属性の配置は、ドメインプロセスのメモリー配置モードを示すために使用できます。この値は static または auto のいずれかになります。nodeset 属性を <指定> すると、デフォルトは <vcpu> または static<配置> に設定されます。auto は、ドメインプロセスにより、numad から返されるアドバイザリーノードセットからのみメモリーを割り当て、nodeset 属性 の値が指定されている場合は無視されます。vcpu<placement> 属性が auto に設定され、<numatune> 属性が指定されていない場合には、<placement> auto および strict モードで、デフォルトの <numatune> が暗黙的に追加されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。