Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.18. QEMU 引数のドメイン XML への変換

virsh domxml-from-native コマンドは、既存の QEMU 引数セットを、libvirt が使用できる Domain XML 設定ファイルに変換する方法を提供します。このコマンドは、libvirt で管理できるように、コマンドラインから起動した既存の QEMU ゲストを変換する場合にのみ使用することを目的としています。したがって、ここで説明する方法を使用して、新規ゲストを作成することはできません。新しいゲストは、virsh、virt-install、または virt-manager を使用して作成する必要があります。詳細は、on the libvirt upstream website を参照してください。

手順20.3 QEMU ゲストを libvirt に変換する方法

  1. 引数ファイル (ファイルタイプ*.args) を使用して QEMU ゲストで起動します。この例では、demo.args と名前が付けられています。
    $ cat demo.args
    LC_ALL=C
    PATH=/bin
    HOME=/home/test
    USER=test
    LOGNAME=test /usr/bin/qemu -S -M pc -m 214 -smp 1 -nographic -monitor pty -no-acpi -boot c -hda /dev/HostVG/QEMUGuest1 -net none -serial none -parallel none -usb
    
  2. このファイルをドメインの XML ファイルに変換して、ゲストを libvirt が管理できるようにするには、次のコマンドを実行します。qemu-guest1 は、ゲスト仮想マシンの名前に置き換え、demo.args は QEMU 引数ファイルのファイル名に置き換えることを忘れないでください。
    # virsh domxml-from-native qemu-guest1 demo.args
    このコマンドにより、demo.args ファイルが次のドメインXML ファイルに変換されます。

    図20.1 ゲスト仮想マシンの新規設定ファイル

    
    <domain type='qemu'>
      <uuid>00000000-0000-0000-0000-000000000000</uuid>
      <memory>219136</memory>
      <currentMemory>219136</currentMemory>
      <vcpu>1</vcpu>
      <os>
        <type arch='i686' machine='pc'>hvm</type>
        <boot dev='hd'/>
      </os>
      <clock offset='utc'/>
      <on_poweroff>destroy</on_poweroff>
      <on_reboot>restart</on_reboot>
      <on_crash>destroy</on_crash>
      <devices>
        <emulator>/usr/bin/qemu</emulator>
        <disk type='block' device='disk'>
          <source dev='/dev/HostVG/QEMUGuest1'/>
          <target dev='hda' bus='ide'/>
        </disk>
      </devices>
    </domain>