Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.18. QEMU 引数のドメイン XML への変換

virsh domxml-from-native コマンドは、libvirt が使用できるように、既存の QEMU 引数セットを Domain XML 設定ファイルに変換する方法を提供します。このコマンドは、libvirt を介して管理できるように、コマンドラインから以前に開始した既存の QEMU ゲストを変換する場合にのみ使用されることが意図されています。したがって、ここで説明するメソッドは、ゼロから新しいゲストを作成しないでください。virsh、virt-install、または virt- manager を使用して、新しいゲストを作成する必要があります。libvirt アップストリーム Web サイトを 参照してください。

手順20.3 QEMU ゲストを libvirt に変換する方法

  1. 引数ファイル(ファイルタイプ *.args)(この例では demo.args )を使用して QEMU ゲストで開始します。
    $ cat demo.args
    LC_ALL=C
    PATH=/bin
    HOME=/home/test
    USER=test
    LOGNAME=test /usr/bin/qemu -S -M pc -m 214 -smp 1 -nographic -monitor pty -no-acpi -boot c -hda /dev/HostVG/QEMUGuest1 -net none -serial none -parallel none -usb
    
  2. ゲストを libvirt で管理できるように、このファイルをドメイン XML ファイルに変換するには、以下のコマンドを入力します。qemu-guest1 をゲスト仮想マシンの名前に置き換え、demo.args を QEMU 引数ファイルの名前に置き換えるのを忘れないでください。
    # virsh domxml-from-native qemu-guest1
    demo.args
    このコマンドは、demo.args ファイルを以下のドメイン XML ファイルに変換します。

    図20.1 ゲスト仮想マシンの新規設定ファイル

    
    <domain type='qemu'>
      <uuid>00000000-0000-0000-0000-000000000000</uuid>
      <memory>219136</memory>
      <currentMemory>219136</currentMemory>
      <vcpu>1</vcpu>
      <os>
        <type arch='i686' machine='pc'>hvm</type>
        <boot dev='hd'/>
      </os>
      <clock offset='utc'/>
      <on_poweroff>destroy</on_poweroff>
      <on_reboot>restart</on_reboot>
      <on_crash>destroy</on_crash>
      <devices>
        <emulator>/usr/bin/qemu</emulator>
        <disk type='block' device='disk'>
          <source dev='/dev/HostVG/QEMUGuest1'/>
          <target dev='hda' bus='ide'/>
        </disk>
      </devices>
    </domain>

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。