Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第22章 ゲスト仮想マシン管理用のグラフィカルユーザーインターフェースツール

Red Hat Enterprise Linux 7 は、virt-manager に加え、ゲスト仮想マシンのコンソールへのアクセスを可能にする以下のツールを提供します。

22.1. virt-viewer

virt-viewer ゲスト仮想マシンのグラフィカルコンソールを表示する最小限のコマンドラインユーティリティーです。コンソールには VNC または SPICE プロトコルを使用してアクセスされます。ゲストは、名前、ID、UUID で参照できます。ゲストが実行していない場合は、ビューアーを、コンソールに接続を試行する前に起動するまで待機するように設定できます。ビューアーはリモートホストに接続して、コンソール情報を取得し、同じネットワークトランスポートを使用してリモートコンソールに接続できます。
virt-manager と比較すると、virt-viewer は小規模な機能セットを提供しますが、リソース負荷は少なくなります。また、virt-manager とは異なり、ほとんどの場合で virt-viewer は、libvirt への読み書き権限を必要としません。したがって、ゲストへの接続や表示ができたにも拘らず、そのユーザーは設定できないように、権限のないユーザーが使用できます。
virt-viewer をインストールするには、以下のコマンドを実行します。
# yum install virt-viewer

構文

基本的な virt-viewer コマンドライン構文は以下のとおりです。
# virt-viewer [OPTIONS] {guest-name|id|uuid}
virt-viewer で使用することのできるオプションの完全リストは、man ページの virt-viewer を参照してください。

ゲスト仮想マシンへの接続

virt-viewer は、オプションなしで使用すると、ローカルシステムのデフォルトのハイパーバイザーで接続可能なゲストが一覧表示されます。
デフォルトのハイパーバイザーを使用する指定のゲスト仮想マシンに接続するには、以下を実行します。
# virt-viewer guest-name
KVM-QEMU ハイパーバイザーを使用するゲスト仮想マシンに接続するには、以下を行います。
# virt-viewer --connect qemu:///system guest-name
TLS を使用してリモートコンソールに接続するには、以下を実行します。
# virt-viewer --connect qemu://example.org/ guest-name
SSH を使用してリモートホストのコンソールに接続するには、ゲスト設定を検索して、コンソールへの非トンネリング接続に直接接続します。
# virt-viewer --direct --connect qemu+ssh://root@example.org/ guest-name

インターフェース

デフォルトでは、virt-viewer インターフェースは、ゲストと対話する基本的なツールのみを提供します。

図22.1 virt-viewer インターフェースの例

virt-viewer インターフェースの例

ホット keys の設定

virt-viewer セッションのカスタマイズされたキーボードショートカット(別称: ホットキー)を作成するには、--hotkeys オプションを使用します。
# virt-viewer --hotkeys=action1=key-combination1[,action2=key-combination2] guest-name
以下のアクションは、ホットキーに割り当てることができます。
  • toggle-fullscreen
  • release-cursor
  • smartcard-insert
  • smartcard-remove
key-name combination hotkeys は大文字と小文字を区別しません。ホットキー設定は、今後の virt-viewer セッションには必要がないことに注意してください。

例22.1 virt-viewer ホットキーの設定

KVM-QEMU ゲストへの接続時に、ホットキーをフル画面モードに変更するには、testguest と呼ばれるゲストに接続するには、以下のコマンドを実行します。
# virt-viewer --hotkeys=toggle-fullscreen=shift+f11 qemu:///system testguest

kiosk モード

kiosk モードでは、virt-viewer は接続したデスクトップと対話することのみを許可し、ゲストがシャットダウンしない限り、ゲスト設定やホストシステムと対話するオプションを提供しません。これは、管理者がユーザーのアクションの範囲を指定ゲストに制限する場合などに便利です。
kiosk モードを使用するには、-k または --kiosk オプションでゲストに接続します。

例22.2 kiosk モードでの virt-viewer の使用

マシンのシャットダウン後に終了する kiosk モードで KVM-QEMU 仮想マシンに接続するには、以下のコマンドを使用します。
# virt-viewer --connect qemu:///system guest-name --kiosk --kiosk-quit on-disconnect
ただし、kiosk モードのみでは、ゲストシャットダウン後にはホストシステムまたはゲスト設定と対話できない点にご留意ください。これには、ホストでウィンドウマネージャーを無効にするなど、さらなるセキュリティー対策が必要になります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。