Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.21. 仮想マシンの XML 設定のサンプル

以下の表は、ゲスト仮想マシン(VM)の XML 設定例を示しています。これは ドメイン XML とも呼ばれ、設定内容について説明しています。
仮想マシンの XML 設定を取得するには、virsh dumpxml コマンドを使用します。仮想マシン設定の編集に関する詳細は、『仮想 化スタートガイド』 を参照してください。

表23.33 ドメイン XML の設定例

ドメイン XML セクション 説明
								
	<domain type='kvm'>
	<name>Testguest1</name>
	<uuid>ec6fbaa1-3eb4-49da-bf61-bb02fbec4967</uuid>
	<memory unit='KiB'>1048576</memory>
	<currentMemory unit='KiB'>1048576</currentMemory>
	<vcpu placement='static'>1</vcpu>
これは、1024 MiB のメモリーが割り当てられている KVM Testguest1 という KVM です。「一般情報およびメタデータ」
									
	<vcpu placement='static'>1</vcpu>
ゲスト仮想マシンには、仮想 CPU が 1 つ割り当てられています。CPU 「CPU の割り当て」
					 		
	<os>
		<type arch='x86_64' machine='pc-i440fx-2.9'>hvm</type>
		<boot dev='hd'/>
	</os>
マシンアーキテクチャーは AMD64 および Intel 64 のアーキテクチャーに設定され、Intel 440FX マシンタイプを使用して機能の互換性を決定します。OS はハードドライブから起動します。OS パラメーターの変更に関する情報は、「オペレーティングシステムの起動」
					 		
	<features>
		<acpi/>
		<apic/>
		<vmport state='off'/>
	</features>
ハイパーバイザー機能は acpi および apic が無効になり、VMWare IO ポートがオフになります。ハイパーバイザー機能の変更に関する情報は、-「ハイパーバイザーの機能」
					 		
	<cpu mode='host-passthrough' check='none'/>
ゲスト CPU 機能は、ホストの CPU 上のものと同じに設定されます。CPU「CPU モデルおよびトポロジー」
							
	<clock offset='utc'>
		<timer name='rtc' tickpolicy='catchup'/>
		<timer name='pit' tickpolicy='delay'/>
		<timer name='hpet' present='no'/>
	</clock>
ゲストの仮想ハードウェアクロックは UTC タイムゾーンを使用します。また、QEMU ハイパーバイザーと同期するために、異なるタイマーが 3 つ設定されます。時間管理設定の変更に関する情報は、-「時間管理」
							
	<on_poweroff>destroy</on_poweroff>
	<on_reboot>restart</on_reboot>
	<on_crash>destroy</on_crash>
仮想マシンの電源が切れた場合や、仮想マシンの OS が突然終了すると、libvirt がゲストを終了し、割り当てられているリソースをすべて解放します。ゲストが再起動すると、同じ設定で再起動します。「イベント設定」
							
	<pm>
		<suspend-to-mem enabled='no'/>
		<suspend-to-disk enabled='no'/>
	</pm>
このゲスト仮想マシンの S3 および S4 ACPI のスリープ状態は無効になっています。" />.
					 		
	<devices>
		<emulator>/usr/bin/qemu-kvm</emulator>
		<disk type='file' device='disk'>
			<driver name='qemu' type='qcow2'/>
			<source file='/var/lib/libvirt/images/Testguest.qcow2'/>
			<target dev='hda' bus='ide'/>
			<address type='drive' controller='0' bus='0' target='0' unit='0'/>
		</disk>
		<disk type='file' device='cdrom'>
			<driver name='qemu' type='raw'/>
			<target dev='hdb' bus='ide'/>
			<readonly/>
			<address type='drive' controller='0' bus='0' target='0' unit='1'/>
		</disk>
仮想マシンは、エミュレーションに /usr/bin/qemu-kvm バイナリーファイルを使用します。また、2 つのディスクが割り当てられています。最初のディスクは、ホストに格納されている /var/lib/libvirt/images/Testguest.qcow2 をベースにした仮想ハードドライブで、その論理デバイス名は hda に設定されます。「ハードドライブ、フロッピーディスク、および CD-ROM」
							
		<controller type='usb' index='0' model='ich9-ehci1'>
			<address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x05' function='0x7'/>
		</controller>
		<controller type='usb' index='0' model='ich9-uhci1'>
			<master startport='0'/>
			<address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x05' function='0x0' multifunction='on'/>
		</controller>
		<controller type='usb' index='0' model='ich9-uhci2'>
			<master startport='2'/>
			<address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x05' function='0x1'/>
		</controller>
		<controller type='usb' index='0' model='ich9-uhci3'>
			<master startport='4'/>
			<address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x05' function='0x2'/>
		</controller>
		<controller type='pci' index='0' model='pci-root'/>
		<controller type='ide' index='0'>
			<address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x01' function='0x1'/>
		</controller>
		<controller type='virtio-serial' index='0'>
			<address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x06' function='0x0'/>
		</controller>
仮想マシンは、USB デバイスの割り当てに 4 つのコントローラーを使用し、PCI-Express(PCIe)デバイスにルートコントローラーを使用します。さらに、virtio-serial コントローラーが利用できるため、仮想マシンはシリアルコンソールなど、各種方法でホストを操作できます。「controllers」
					 	
		<interface type='network'>
			<mac address='52:54:00:65:29:21'/>
			<source network='default'/>
			<model type='rtl8139'/>
			<address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x03' function='0x0'/>
		</interface>
ネットワークインターフェースは、デフォルト の仮想ネットワークおよび rtl8139 ネットワークデバイスモデルを使用する仮想マシンに設定されます。「ネットワークインターフェース」
						
		<serial type='pty'>
			<target port='0'/>
		</serial>
		<console type='pty'>
			<target type='serial' port='0'/>
		</console>
		<channel type='spicevmc'>
			<target type='virtio' name='com.redhat.spice.0'/>
			<address type='virtio-serial' controller='0' bus='0' port='1'/>
		</channel>
pty シリアルコンソールが仮想マシンに設定されているので、ホストと最も基本的な仮想マシン通信が可能になります。コンソールは、準仮想化 SPICE チャネルを使用します。この設定は自動で設定されており、設定の変更は推奨されません。「ネットワークインターフェース」シリアルポートおよび コンソールの詳細は 「ゲスト仮想マシンのインターフェース」、を参照してくださいチャネルの詳細は 「channel」、を参照してください
					 	
		<input type='mouse' bus='ps2'/>
		<input type='keyboard' bus='ps2'/>
仮想マシンは、マウスとキーボード入力を受け取るように設定された仮想 ps2 ポートを使用します。この設定は自動で設定されており、設定の変更は推奨されません。「入力デバイス」
					 	
		<graphics type='spice' autoport='yes'>
			<listen type='address'/>
			<image compression='off'/>
		</graphics>
仮想マシンは、自動的に割り当てられたポート番号とイメージの圧縮をオフにして、グラフィカル出力のレンダリングに SPICE プロトコルを使用します。「グラフィカルな Framebuffers」
					 		
		<sound model='ich6'>
			<address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x04' function='0x0'/>
		</sound>
		<video>
			<model type='qxl' ram='65536' vram='65536' vgamem='16384' heads='1' primary='yes'/>
			<address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x02' function='0x0'/>
		</video>
ICH6 HDA サウンドデバイスが仮想マシン用に設定され、QEMU QXL 準仮想化フレームバッファーデバイスがビデオアクセラレーターとして設定されます。この設定は自動で設定されており、設定の変更は推奨されません。サウンドデバイスの設定に関する詳細は 「サウンドデバイス」、を参照してくださいビデオデバイスの設定は 「ビデオデバイス」、を参照してください
							
		<redirdev bus='usb' type='spicevmc'>
				<address type='usb' bus='0' port='1'/>
		</redirdev>
		<redirdev bus='usb' type='spicevmc'>
				<address type='usb' bus='0' port='2'/>
		</redirdev>
		<memballoon model='virtio'>
				<address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x07' function='0x0'/>
		</memballoon>
	</devices>
</domain>
仮想マシンには、USB デバイスをリモート接続するためのファイクターが 2 つあり、メモリーバルーン がオンになります。この設定は自動で設定されており、設定の変更は推奨されません。詳細はを参照してください。 「リダイレクトしたデバイス」

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。