Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第15章 KVM の移行

本章では、KVM ハイパーバイザーを実行しているホストの物理マシンから、別のホストにゲスト仮想マシンを移行する方法を説明します。仮想マシンはハードウェアで直接実行するのではなく、仮想化環境で実行するため、ゲストの移行が可能になります。

15.1. 移行の定義と利点

移行は、ゲスト仮想マシンのメモリーと仮想デバイスの状態を移行先ホストの物理マシンに送信することで機能します。ネットワーク上の共有ストレージを使用して、移行するゲストのイメージを保存することが推奨されます。仮想マシンを移行する場合は、共有ストレージに libvirt が管理する ストレージプール を使用することも推奨されます。
移行は、ライブ (実行中) ゲストおよび 非ライブ (シャットダウン) ゲストの両方で実行できます。
live migrationでは、ゲスト仮想マシンが移行元ホストマシンで実行し続け、ゲストのメモリーページが移行先ホストマシンに転送されます。移行中、KVMは、すでに転送されたページの変更についてソースを監視し、すべての初期ページが転送されたときにこれらの変更の転送を開始します。KVM は、移行中の転送速度も推定するため、転送するデータの残りの量が一定の設定可能な期間 (デフォルトでは 10ミリ秒) に達すると、KVM が元のゲスト仮想マシンを一時停止し、残りのデータを転送して、移行先ホストの物理マシンで同じゲスト仮想マシンを再開します。
一方、non-live migration (オフライン移行) はゲスト仮想マシンを一時停止し、ゲストのメモリーを移行先ホストマシンにコピーします。その後、移行先ホストマシンでゲストが再開し、移行元ホストマシンで使用していたゲストのメモリーが解放されます。このような移行を完了するためにかかる時間は、ネットワークの帯域幅と遅延にのみ依存します。ネットワークが頻繁に使用されているか、帯域幅が狭い場合、移行にははるかに長い時間がかかります。元のゲスト仮想マシンが、KVM が宛先ホスト物理マシンに転送できる速度よりも速くページを変更する場合は、ライブマイグレーションが完了しないため、オフラインマイグレーションを使用する必要があります。
移行は、以下の場合に役立ちます。
Load balancing
ゲスト仮想マシンは、ホストマシンが過負荷になった場合、または別のホストマシンが十分に活用されていない場合に、使用率の低いホスト物理マシンに移動できます。
ハードウェアの非依存性
ホストの物理マシンでハードウェアデバイスのアップグレード、追加、または削除が必要になった場合は、ゲスト仮想マシンを別のホストの物理マシンに安全に再配置できます。つまり、ゲスト仮想マシンでは、ハードウェアの改善のためのダウンタイムが発生しません。
エネルギー節約
仮想マシンは他のホスト物理マシンに再配布できるため、アンロードしたホストシステムの電源を電力使用量の少ない時間帯に切ることで、節電やコスト削減が可能になります。
地理的な移行
仮想マシンは、待ち時間を短縮するため、または他の理由で必要な場合に、別の場所に移動できます。