23.11. リソースパーティション作成

ハイパーバイザーでは、該当パーティションのネスト化によって、仮想マシンをリソースパーティションに配置できます。<resource> 要素は、リソースパーティション設定に関連する設定をグループ化し、現在ドメインを配置するリソースパーティションのパスを定義するコンテンツを持つ子要素をサポートしています。パーティションが一覧表示されない場合、ドメインはデフォルトのパーティションに配置されます。ゲスト仮想マシンを起動する前にパーティションを作成しておく必要があります。デフォルトでは (ハイパーバイザーに固有の) デフォルトパーティションのみが存在することが想定されます。
<resource>
  <partition>/virtualmachines/production</partition>
</resource>

図23.13 リソースパーティション作成

現在リソースパーティションは、パーティションパスをマウントされたすべてのコントローラー内の cgroups ディレクトリーにマップする KVM および LXC ドライバーによってサポートされています。