Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.41. ゲスト仮想マシンの CPU モデルの設定

単純なデフォルトの場合、ゲスト仮想マシンの CPU 設定は、ホストの物理マシンの capabilities XML が公開するものと同じ基本的な XML 表現を受け入れます。つまり、virsh cpu-baseline コマンドーの XML を、domain 要素の最上位にあるゲスト仮想マシン XML に直接コピーできるようになりました。 上記の XML スニペットでは、ゲスト仮想マシン XML で CPU を記述する際に利用できる追加の属性がいくつかあります。これらはほとんど無視してもかまいませんが、ここではその実行内容を簡単に説明します。トップレベルの <cpu> 要素には、match という名前の属性があります。この属性には、以下の値を指定できます。
  • match='minimum' - ホストの物理マシン CPU には、ゲスト仮想マシン XML で説明されている CPU 機能が少なくとも必要です。ホストの物理マシンに、ゲスト仮想マシンの設定以外の機能がある場合は、ゲスト仮想マシンにも公開されます。
  • match='exact' - ホストの物理マシンの CPU には、ゲスト仮想マシンの XML で説明されている CPU 機能が少なくとも必要です。ホストの物理マシンに、ゲスト仮想マシンの設定以外の機能がある場合は、ゲスト仮想マシンからマスクアウトされます。
  • match='strict' - ホストの物理マシン CPU には、ゲスト仮想マシン XML で説明されている CPU 機能とまったく同じものが必要です。
次の機能拡張では、<feature>要素はそれぞれ、以下の可能な値を持つ追加の 'policy' 属性を持つことができます。
  • policy='force' - ホストの物理マシンに機能がない場合でも、ゲスト仮想マシンにその機能を公開します。通常、これはソフトウェアエミュレーションの場合にのみ役立ちます。
    注記
    forceポリシーを使用しても、ハイパーバイザーが特定の機能をエミュレートできない場合があります。
  • policy='require' - 機能をゲスト仮想マシンに公開し、ホストの物理マシンにその機能がない場合には失敗します。これは妥当なデフォルトです。
  • policy='optional' - 機能に対応している場合にゲスト仮想マシンに公開します。
  • policy='disable' - ホストの物理マシンにこの機能がある場合は、ゲスト仮想マシンに表示しないようにします。
  • policy='forbid' - ホストの物理マシンにこの機能がある場合は、ゲスト仮想マシンの起動に失敗して拒否されます。
'forbid' ポリシーは、機能が正しくないアプリケーションが CPUID マスクになくても機能を使用しようとし、その機能を持つホストの物理マシンで誤ってゲスト仮想マシンを実行しないようにするニッチのシナリオ向けです。'optional' ポリシーには、移行に関する特別な動作があります。ゲスト仮想マシンが最初に起動するときにこのフラグはオプションですが、ゲスト仮想マシンがライブマイグレーションされるときには、機能が移行中に消えないため、このポリシーは必須になります。