Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.2. PXE を使用したゲストのブート

このセクションでは、PXE を使用してゲスト仮想マシンを起動する方法を説明します。

9.2.1. ブリッジネットワークの使用

手順9.2 PXE およびブリッジネットワークを使用したゲストの起動

  1. ブリッジングは、PXE ブートサーバーがネットワークで利用可能になるようにします。
  2. PXE ブートが有効な状態でゲスト仮想マシンを起動します。以下の例のコマンドにあるように、virt-install コマンドを使用して、PXE ブートが有効な状態で新しい仮想マシンを作成できます。
    virt-install --pxe --network bridge=breth0 --prompt
    または、ゲストネットワークがブリッジネットワークを使用するように設定されていることを確認してください。以下の例のように、XML ゲスト設定ファイルに <os> 要素内に <boot dev='network'/> 要素があることを確認します。
    <os>
       <type arch='x86_64' machine='pc-i440fx-rhel7.0.0'>hvm</type>
       <boot dev='network'/>
       <boot dev='hd'/>
    </os>
    <interface type='bridge'>
       <mac address='52:54:00:5a:ad:cb'/>
       <source bridge='breth0'/>
       <target dev='vnet0'/>
       <alias name='net0'/>
       <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x03' function='0x0'/>
    </interface>

9.2.2. プライベート libvirt ネットワークの使用

手順9.3 プライベート libvirt ネットワークの使用

  1. PXE ブートを有効にして libvirt を使用してゲスト仮想マシンを起動します。virt-install コマンドを使用して、PXE を使用して新しい仮想マシンを作成、インストールできます。
    virt-install --pxe --network network=default --prompt
または、プライベート libvirt ネットワークを使用するように設定されていることを確認してください。以下の例のように、XML ゲスト設定ファイルに <os> 要素内に <boot dev='network'/> 要素があることを確認します。
<os>
   <type arch='x86_64' machine='pc-i440fx-rhel7.0.0'>hvm</type>
   <boot dev='network'/>
   <boot dev='hd'/>
</os>
また、ゲスト仮想マシンがプライベートネットワークに接続されていることを確認します。
<interface type='network'>
   <mac address='52:54:00:66:79:14'/>
   <source network='default'/>
   <target dev='vnet0'/>
   <alias name='net0'/>
   <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x03' function='0x0'/>
</interface>

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。