9.2. PXE を使用したゲストの起動

このセクションでは、PXE を使用してゲスト仮想マシンを起動する方法を説明します。

9.2.1. ブリッジネットワークの使用

手順9.2 PXE およびブリッジネットワークを使用したゲストの起動

  1. ブリッジが有効にされており、PXE ブートサーバーがネットワーク上で利用可能なことを確認します。
  2. PXE ブートが有効な状態でゲスト仮想マシンを起動します。以下のコマンド例のように、virt-install コマンドを使用して PXE ブートが有効にされている新規の仮想マシンを作成することができます。
    virt-install --pxe --network bridge=breth0 --prompt
    または、ゲストネットワークがブリッジネットワークを使用するように設定されており、以下の例のように XML ゲスト設定ファイルの <boot dev='network'/> 要素内に <os> 要素があることを確認します。
    <os>
       <type arch='x86_64' machine='pc-i440fx-rhel7.0.0'>hvm</type>
       <boot dev='network'/>
       <boot dev='hd'/>
    </os>
    <interface type='bridge'>
       <mac address='52:54:00:5a:ad:cb'/>
       <source bridge='breth0'/>
       <target dev='vnet0'/>
       <alias name='net0'/>
       <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x03' function='0x0'/>
    </interface>

9.2.2. プライベート libvirt ネットワークの使用

手順9.3 プライベート libvirt ネットワークの使用

  1. 「プライベート libvirt ネットワーク上での PXE ブートサーバーの設定」 で説明されているように libvirt 上で PXE ブートを設定します。
  2. PXE ブートが有効な状態で libvirt を使用してゲスト仮想マシンを起動します。以下のように virt-install コマンドを実行し、PXE を使用して新規の仮想マシンを作成し、インストールすることができます。
    virt-install --pxe --network network=default --prompt
または、ゲストネットワークがプライベートネットワークを使用するように設定されており、以下の例のように XML ゲスト設定ファイルの <boot dev='network'/> 要素内に <os> 要素があることを確認します。
<os>
   <type arch='x86_64' machine='pc-i440fx-rhel7.0.0'>hvm</type>
   <boot dev='network'/>
   <boot dev='hd'/>
</os>
また、ゲスト仮想マシンがプライベートネットワークに接続されていることを確認します。
<interface type='network'>
   <mac address='52:54:00:66:79:14'/>
   <source network='default'/>
   <target dev='vnet0'/>
   <alias name='net0'/>
   <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x03' function='0x0'/>
</interface>