Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.42. ゲスト仮想マシンのリソースの管理

virsh では、ゲスト仮想マシンごとにリソースのグループ化と割り当てが可能になります。これは、cgroups を作成し、ゲスト仮想マシンの代わりにそれを管理する libvirt デーモンによって管理されます。システム管理者が行うのは、指定したゲスト仮想マシンに対してクエリーまたは設定を行うだけです。libvirt サービスは、仮想マシンのチューニングとモニタリングに以下の cgroups を使用します。
  • メモリー: メモリーコントローラーは、RAM およびスワップの使用量の制限を設定でき、グループ内のすべてのプロセスの累積的使用状況をクエリーできます。
  • cpuset: コントローラーセットは、グループ内のプロセスを CPU のセットにバインドし、CPU 間の移行を制御します。
  • cpuacct - CPU アカウンティングコントローラーは、プロセスのグループの CPU 使用率に関する情報を提供します。
  • cpu: CPU スケジューラーコントローラーは、グループ内のプロセスの優先付けを制御します。これは、適切なレベルの権限を付与するのと似ています
  • デバイス - デバイスコントローラーは、キャラクターおよびブロックデバイスのアクセス制御一覧を付与します。
  • freezer - フリーズを行うと、グループ内のプロセスの実行が一時停止して再開します。これは、グループ全体に対する SIGSTOP と似ています。
  • net_cls: ネットワーククラスは、プロセスを tc ネットワーククラスに関連付けることで、ネットワーク使用率を管理します。
cgroups は、libvirtsystemd によって設定されます。以下の virsh tuning コマンドは、cgroups の設定方法に影響します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。