Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.2. 書き込みバリアの有効化と無効化

電力損失時のデータ破損のリスクを軽減するために、一部のストレージデバイスはバッテリーバックアップ式の書き込みキャッシュを使用します。一般に、ハイエンドアレイと一部のハードウェアコントローラーは、バッテリーでバックアップされた書き込みキャッシュを使用します。ただし、キャッシュの揮発性はカーネルには表示されないため、Red Hat Enterprise Linux 7 では、対応しているすべてのジャーナリングファイルシステムで、デフォルトで書き込みバリアが有効になっています。
注記
書き込みキャッシュは、I/O パフォーマンスを向上させるように設計されています。ただし、書き込みバリアを有効にすると、キャッシュが常にフラッシュされるため、パフォーマンスが大幅に低下する可能性があります。
不揮発性のバッテリーバックアップ式書き込みキャッシュを備えたデバイスおよび書き込みキャッシュが無効になっているデバイスの場合、mount-o nobarrier オプションを使用して、マウント時に書き込みバリアを安全に無効にできます。ただし、デバイスによっては書き込みバリアに対応していないものもあります。このようなデバイスは、/var/log/messages にエラーメッセージを記録します。詳細は、表22.1「ファイルシステムごとにバリアエラーメッセージを書き込む」 を参照してください。

表22.1 ファイルシステムごとにバリアエラーメッセージを書き込む

ファイルシステムエラーメッセージ
ext3/ext4JBD: barrier-based sync failed on device - disabling barriers
XFSFilesystem device - Disabling barriers, trial barrier write failed
btrfsbtrfs: disabling barriers on dev device