13.2. パーティションの作成

警告

使用中のデバイスに、パーティションを作成しないようにしてください。

手順13.1 パーティションの作成

  1. パーティションを作成する前に、レスキューモードで起動します (または、デバイス上のパーティションをアンマウントして、デバイス上の swap 領域をすべてオフにします)。
  2. parted を起動します。
    # parted /dev/sda
    /dev/sda を、パーティションを作成するデバイス名に置き換えます。
  3. 現在のパーティションテーブルを表示し、十分な空き領域があるかどうかを確認します。
    (parted) print
    空き領域が十分でない場合は、現在のパーティションのサイズを変更できます。詳細については 「fdisk を使用したパーティションのサイズ変更」 を参照してください。
    パーティションテーブルから、新しいパーティションの開始点と終了点、およびパーティションのタイプを決定します。プライマリーパーティションは、1 つのデバイス上に 4 つまで保有できます (この場合は拡張パーティションは含みません)。パーティションが 5 つ以上必要な場合は、プライマリーパーティションを 3 つ、拡張パーティションを 1 つにし、その拡張パーティションの中に複数の論理パーティションを追加します。ディスクパーティションの概要は、Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド内の付録ディスクパーティションの概要を参照してください。
  4. パーティションの作成方法:
    (parted) mkpart part-type name fs-type start end
    part-type を、環境に合わせてプライマリー、論理、拡張に置き換えます。
    name を、パーティション名で置き換えます。GPT パーティションテーブルには名前が必要です。
    fs-type を、btrfs、ext2、ext3、ext4、fat16、fat32、hfs、hfs+、linux-swap、ntfs、reiserfs、または xfs に置き換えます。fs-type は任意です。
    環境に合わせて、start end を、メガバイト表記のサイズに置き換えます。
    たとえば、ハードドライブの 1024 メガバイトから 2048 メガバイトに ext3 ファイルシステムのプライマリーパーティションを作成するには、以下のコマンドを入力します。
    (parted) mkpart primary 1024 2048

    注記

    代わりに mkpartfs コマンドを使用すると、パーティションが作成されてからファイルシステムが作成されます。parted は、ext3 ファイルシステムの作成をサポートしないため、ext3 ファイルシステムを作成する場合は、mkpart を使用してから、後述のように mkfs コマンドを使ってファイルシステムを作成します。
    Enter を押すと変更が反映されるため、押す前に再度確認してください。
  5. パーティションテーブルを表示して、以下のコマンドを使用し、作成されたパーティションがパーティションタイプ、ファイルシステムタイプ、サイズが、パーティションテーブルに正しく表示されていることを確認します。
    (parted) print
    新しいパーティションのマイナー番号も覚えておいてください。そのパーティション上のファイルシステムにラベルを付けることができます。
  6. parted シェルを終了します。
    (parted) quit
  7. parted を閉じたら以下のコマンドを使用して、カーネルが新しいパーティションを認識していることを確認します。
    # cat /proc/partitions 
parted では、最大で 128 のパーティションを作成できます。GPT (GUID Partition Table) の仕様により、パーティションテーブル用に確保するエリアを拡大することでさらに多くのパーティションを作成することができますが、parted で用いられる一般的な方法で得られるエリアは、128 個のパーティションに制限されます。

13.2.1. パーティションのフォーマットとラベル付け

パーティションをフォーマットしてラベルを付けるには、以下の手順を使用します。

手順13.2 パーティションのフォーマットとラベル付け

  1. パーティションにはファイルシステムがありません。ext4 ファイルシステムを作成するには、以下を使用します。
    # mkfs.ext4 /dev/sda6

    警告

    パーティションをフォーマットすると、そのパーティションに現存するすべてのデータが永久に抹消されます。
  2. パーティション上のファイルシステムにラベルを付けます。たとえば、新規パーティションのファイルシステムが /dev/sda6 であり、それに Work のラベルを付ける場合は、以下を使用します。
    # e2label /dev/sda6 "Work"
    デフォルトでは、インストールプログラムはパーティションのマウントポイントをラベルとして使用して、ラベルが固有なものとなるようにします。ユーザーは使用するラベルを選択できます。
  3. root としてマウントポイント (例、/work) を作成します

13.2.2. パーティションを /etc/fstab に追加

  1. root として、/etc/fstab ファイルを編集して、パーティションの UUID で新規パーティションを含めます。
    パーティションの UUID の完全なリストを表示するには、blkid -o list コマンドを使用し、個別のデバイス詳細を表示するには、blkid device コマンドを使用します。
    /etc/fstab:
    • 最初の列には、UUID= が含まれており、これにはファイルのシステム UUID が続きます。
    • 次の列には、新しいパーティションのマウントポイントが含まれます。
    • 3 つ目の列は、ext4 または swap といったファイルシステムタイプが含まれます。
    • 4 つ目の列は、ファイルシステムのマウントオプションが一覧表示されています。ここでの defaults は、パーティションがデフォルトオプションでブート時にマウントされることを意味しています。
    • 5、6 つ目のフィールドは、バックアップとチェックオプションを指定します。非 root パーティションの値の例は 0 2 です。
  2. システムが新しい設定を登録するように、マウントユニットを再生成します。
    # systemctl daemon-reload
  3. ファイルシステムをマウントして、設定が機能することを確認します。
    # mount /work

追加情報

  • /etc/fstab のフォーマットの詳細は、fstab(5) man ページを参照してください。