Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.5. ext2、ext3、または ext4 のファイルシステムの復元

この手順では、ファイルバックアップから ext4、ext3、または ext2 のファイルシステムを復元する方法を説明します。

前提条件

手順5.2 ext2、ext3、または ext4 のファイルシステムの復元

  1. オペレーティングシステムパーティションを復元する場合は、システムをレスキューモードで起動します。『System Administrator's Guide』 の Booting to Rescue Mode セクションを参照してください。
    この手順は、通常のデータパーティションには不要です。
  2. fdisk ユーティリティーまたは parted ユーティリティーを使用して、復元するパーティションを再構築します。
    パーティションが存在しなくなった場合は、再作成します。新しいパーティションは、復元したデータを含めるのに十分な大きさである必要があります。開始番号と終了番号を正しく取得することが重要です。これらは、バックアップを作成する際に fdisk ユーティリティーから取得したパーティションの開始セクター番号および終了セクター番号です。
    パーティションの変更に関する詳細は、13章Partitions を参照してください。
  3. mkfs ユーティリティーを使用して、宛先パーティションをフォーマットします。
    # mkfs.ext4 /dev/device
    重要
    バックアップファイルを保存するパーティションをフォーマットしないでください。
  4. 新しいパーティションを作成した場合は、/etc/fstab ファイル内のエントリーに一致するように、すべてのパーティションに再度ラベルを付けます。
    # e2label /dev/device label
  5. 一時的なマウントポイントを作成し、そこにパーティションをマウントします。
    # mkdir /mnt/device
    # mount -t ext4 /dev/device /mnt/device
  6. マウントしたパーティションのバックアップからデータを復元します。
    # cd /mnt/device
    # restore -rf device-backup-file
    リモートマシンに復元する場合、またはリモートホストに保存されているバックアップファイルから復元する場合は、ssh ユーティリティーを使用できます。ssh の詳細は、『『システム管理者のガイド』』の「Using the ssh Utility」セクションを参照してください。
    以下のコマンドには、パスワードを使用しないログインを設定する必要があることに注意してください。パスワードレス ssh ログインの設定に関する詳細は、『『システム管理者のガイド』』の「Using Key-based Authentication」のセクションを参照してください。
    • 同じマシンに保存されているバックアップファイルから、リモートマシンのパーティションを復元する場合は、次のコマンドを実行します。
      # ssh remote-address "cd /mnt/device && cat backup-file | /usr/sbin/restore -r -f -"
    • 別のリモートマシンに保存されているバックアップファイルから、リモートマシンのパーティションを復元するには、次のコマンドを実行します。
      # ssh remote-machine-1 "cd /mnt/device && RSH=/usr/bin/ssh /usr/sbin/restore -rf remote-machine-2:backup-file"
  7. 再起動します。
    # systemctl reboot

例5.4 複数の ext4 パーティションの復元

例5.2「複数の ext4 パーティションのバックアップの作成」 から /dev/sda1 パーティション、/dev/sda2 パーティション、および /dev/sda3 パーティションを復元するには、以下を行います。
  1. fdisk コマンドを使用して、復元するパーティションを再構築します。
  2. 宛先パーティションをフォーマットします。
    # mkfs.ext4 /dev/sda1
    # mkfs.ext4 /dev/sda2
    # mkfs.ext4 /dev/sda3
  3. すべてのパーティションにラベルを付け直して、/etc/fstab ファイルと一致させます。
    # e2label /dev/sda1 Boot1
    # e2label /dev/sda2 Root
    # e2label /dev/sda3 Data
  4. 作業ディレクトリーを準備します。
    新しいパーティションをマウントします。
    # mkdir /mnt/sda1
    # mount -t ext4 /dev/sda1 /mnt/sda1
    # mkdir /mnt/sda2
    # mount -t ext4 /dev/sda2 /mnt/sda2
    # mkdir /mnt/sda3
    # mount -t ext4 /dev/sda3 /mnt/sda3
    バックアップファイルを含むパーティションをマウントします。
    # mkdir /backup-files
    # mount -t ext4 /dev/sda6 /backup-files
  5. バックアップから、マウントしたパーティションにデータを復元します。
    # cd /mnt/sda1
    # restore -rf /backup-files/sda1.dump
    # cd /mnt/sda2
    # restore -rf /backup-files/sda2.dump
    # cd /mnt/sda3
    # restore -rf /backup-files/sda3.dump
  6. 再起動します。
    # systemctl reboot

関連情報

  • 詳細は、restore(8) の man ページを参照してください。