28.4. デバイス DAX モードで使用するために永続メモリーの設定

デバイス DAX (devdax) は、ファイルシステムの関与なしで、アプリケーションがストレージに直接アクセスできる手段を与えます。デバイス DAX のメリットは、フォールト粒度を保証できることです。これは、ndctl ユーティリティで --align オプションを指定して設定できます。
# ndctl create-namespace --force --reconfig=namespace0.0 --mode=devdax --align=2M
指定されたコマンドでは、オペレーティングシステムが 1 度に 2MiB ページでエラーするようにします。Intel 64 と AMD64 アーキテクチャについては、以下のフォールト粒度に対応しています。
  • 4KiB
  • 2MiB
  • 1GiB
デバイス DAX ノード (/dev/daxN.M) は以下のシステム呼び出しのみに対応しています。
  • open()
  • close()
  • mmap()
  • fallocate()
read()write() 変数には対応していません。これは、ユースケースが、永続メモリープログラミングに関連づけられているためです。