Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第31章 VDO 評価

31.1. はじめに

VDO は、プライマリストレージに対してインラインブロックレベルの重複排除、圧縮、およびシンプロビジョニング機能を提供するソフトウェアです。VDO は Linux デバイスマッパーフレームワーク内にインストールします。ここでは、既存の物理ブロックデバイスの所有権を取得し、これらをデータ効率性プロパティーを使用して、新しい高レベルのブロックデバイスに再度マッピングします。具体的には、VDO はこれらのデバイスの実効容量を 10 倍以上にすることができます。これらの利点には追加のシステムリソースが必要であるため、システムパフォーマンスに対する VDO の影響を測定する必要があります。
ストレージベンダーは間違いなく、新しいストレージ製品を評価するために使用する既存の社内テスト計画と専門知識を持っています。VDO レイヤーは、重複排除と圧縮を識別する際に役立つので、さまざまなテストが必要になる場合があります。効果的なテスト計画を立てるには、VDO アーキテクチャーを調べて、以下の項目を確認する必要があります。
  • VDO 固有の設定可能なプロパティー (エンドユーザーアプリケーションのパフォーマンスチューニング)
  • ネイティブ 4KB ブロックデバイスである場合の影響
  • アクセスパターンと、重複排除および圧縮のディストリビューションへの応答
  • 高負荷環境でのパフォーマンス (非常に重要)
  • アプリケーションに基づいて、コスト、容量、パフォーマンスを分析します
このような要因を事前に考慮しなかった場合は、特定のテストが無効になり、お客様はテストとデータ収集の作業を繰り返す必要がありました。

31.1.1. 期待と成果

この評価ガイドは、ベンダーの内部評価の取り組みを強化するものであり、それを置き換えるものではありません。適度な時間を投資することで、エバリュエーターは、既存のストレージデバイスへの VDO の統合に関する正確な評価を作成することができます。このガイドは、以下を目的としています。
  • エンジニアが、テストデバイスから最適な応答を導く設定を特定する際に役立ちます。
  • 製品の設定ミスを防ぐため、基本的なチューニングパラメーターの概要を説明します。
  • 「実際の」アプリケーションの結果と比較するための参照として、パフォーマンス結果ポートフォリオを作成します。
  • さまざまなワークロードがパフォーマンスやデータ効率にどのように影響するかを特定します。
  • VDO 実装により、市場投入までの時間を短縮します。
テスト結果は、Red Hat のエンジニアが、特定のストレージ環境に統合する際の VDO の動作を理解する上で役立ちます。OEM は、重複排除および圧縮機能のあるデバイスを設計する方法と、そのデバイスを最適に使用するためにお客様がアプリケーションを調整する方法を理解します。
本書の手順は、VDO を最も現実的に評価できる条件を提供するように設計されていることに留意してください。テスト手順やパラメーターを変更すると、結果が無効になる場合があります。Red Hat のセールスエンジニアは、テスト計画を変更する際のガイダンスを提供できます。