Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.2. ext4 ファイルシステムのマウント

ext4 ファイルシステムは、追加のオプションなしでマウントできます。以下に例を示します。
# mount /dev/device /mount/point
ext4 ファイルシステムは、動作に影響を及ぼすいくつかのマウントオプションにも対応しています。たとえば、acl パラメーターはアクセス制御リストを有効にし 、user_xattr パラメーターがユーザーの拡張属性を有効にします。両方のオプションを有効にするには、以下のようにそれぞれのパラメーターを -o とともに使用します。
# mount -o acl,user_xattr /dev/device /mount/point
ext3 と同様に、ファイルデータでエラーが発生した場合は、オプション data_err=abort を使用してジャーナルを中止できます。
# mount -o data_err=abort /dev/device /mount/point
tune2fs ユーティリティーでは、管理者はファイルシステムのスーパーブロックにデフォルトのマウントオプションを設定することもできます。詳細は、man tune2fs を参照してください。

Write Barriers

デフォルトでは、ext4 は、書き込みキャッシュが有効なデバイスへの電源が失われた場合でも、書き込みバリアを使用して、ファイルシステムの整合性を確保します。書き込みキャッシュがないデバイス、またはバッテリーでサポートされる書き込みキャッシュの場合は、以下のように nobarrier オプションを使用してバリアを無効にします。
# mount -o nobarrier /dev/device /mount/point

直接アクセステクノロジープレビュー

Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降、Direct Access (DAX)は、ext4 ファイルシステムおよび XFS ファイルシステムでテクノロジープレビューとして利用できるようになりました。これは、アプリケーションが永続メモリーをそのアドレス空間に直接マッピングする手段です。DAX を使用するには、システムで利用可能な永続メモリーの形式が必要です。通常は、NVDIMM(Non-Volatile Dual In-line Memory Modules)の形式で、DAX に対応するファイルシステムを NVDIMM に作成する必要があります。また、ファイルシステムは dax マウントオプションでマウントする必要があります。これにより、dax をマウントしたファイルシステムのファイルの mmap が、アプリケーションのアドレス空間にストレージを直接マッピングされます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。