Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第9章 サーバーメッセージブロック (SMB)

Server Message Block (SMB) プロトコルは、アプリケーション層のネットワークプロトコルを実装します。これは、ファイル共有や共有プリンターなど、サーバー上のリソースにアクセスするために使用されます。SMB は、Microsoft Windows にはデフォルトで実装されています。Red Hat Enterprise Linux を実行している場合は、Samba を使用して SMB 共有を提供し、cifs-utils ユーティリティーを使用してリモートサーバーから SMB 共有をマウントします。
注記
SMB のコンテキストでは、SMB ダイアレクトである CIFS (Common Internet File System) プロトコルについて読むことがあります。SMB と CIFS の両方のプロトコルがサポートされており、SMB 共有と CIFS 共有のマウントに関連するカーネルモジュールとユーティリティーはどちらも cifs という名前を使用します。

9.1. SMB 共有の提供

Red Hat System Administrator's Guide の 『Samba』 を参照してください。