Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.3. ファイルシステムのアンマウント

以前にマウントしていたファイルシステムを切り離す場合、以下のいずれかの umount コマンドを使用します。
umount directory
umount device
ファイルシステムのアンマウントを root でログインしている間に行わない場合は、アンマウントに適切な権限が必要です (「マウントオプションの指定」 を参照)。 使用例については 例18.9「CD のアンマウント」 を参照してください。

重要

ファイルシステムを使用中に (このファイルシステム上でプロセスが読み取りを行っている場合や、 カーネルによって使用中の場合など)、umount コマンドを実行するとエラーを出して失敗します。次のように fuser コマンドを使ってファイルシステムにアクセスしているプロセスを判別します。
fuser -m directory
/media/cdrom/ ディレクトリーにマウントしているファイルシステムにアクセスしているプロセスを表示させる場合は、以下を入力します。
~]$ fuser -m /media/cdrom
/media/cdrom:         1793  2013  2022  2435 10532c 10672c

例18.9 CD のアンマウント

/media/cdrom/ ディレクトリーに以前にマウントしていた CD をアンマウントする場合は、シェルプロンプトで以下を入力します。
~]$ umount /media/cdrom