27.2. libStorageMgmt 用語

アレイベンダーおよびストレージ標準は複数存在し、同様の機能に言及する場合でも異なる用語が使用されています。このライブラリーでは、以下の用語を使用します。
ストレージアレイ
Network Attached Storage (NAS) を使用して、ブロックアクセス (FC、FCoE、iSCSI) またはファイルアクセスを提供するストレージシステム。
ボリューム
Storage Area Network (SAN) ストレージアレイは、FC、iSCSI、または FCoE などの異なるトランスポート上で、ホストバスアダプター (HBA) にボリュームを公開できます。ホスト OS は、これをブロックデバイスとして処理します。multipath[2] が有効になっている場合、1 つのボリュームは、多くのディスクに公開されます)。
また、これは論理ユニット番号 (LUN)、(SNIA 用語では) StorageVolume、または仮想ディスクとしても知られています。
プール
ストレージスペースのグループです。ファイルシステムまたはボリュームはプールから作成できます。プールは、ディスク、ボリューム、および他のツールから作成できます。プールは、RAID 設定またはプロビジョニング設定を保持することもできます。
これは、SNIA 用語では StoragePool として知られています。
スナップショット
任意の時点の、読み取り専用の、スペース効率のよいデータのコピーです。
これは、読み取り専用のスナップショットとしても知られています。
クローン
任意の時点の、読み取りおよび書き込み可能な、スペース効率のよいデータのコピーです。
これは、読み取りおよび書き込み可能なスナップショットとしても知られています。
コピー
データの完全なビット単位のコピーです。フルスペースを占有します。
鏡面印刷
継続的に更新されるコピー (同期および非同期) です。
アクセスグループ
1 つまたは複数のストレージボリュームへのアクセスが付与される iSCSI、FC、および FCoE イニシエーターの集合です。これにより、ストレージボリュームにアクセスできるのは、指定のイニシエーターに限られます。
これは、イニシエーターグループとしても知られています。
アクセス許可
ボリュームを、指定のアクセスグループまたはイニシエーターに公開します。現在、libStorageMgmt ライブラリーは、特定の論理ユニット番号を選択する機能のある LUN マッピングをサポートしていません。libStorageMgmt ライブラリーでは、ストレージアレイは、割り当て時に、次に利用可能な LUN を選択します。SAN からブートを設定するか、または 256 を超えるボリュームをマスクするには、OS、ストレージ、または HBA 資料を必ず参照してください。
アクセス許可は、LUN マスクとしても知られています。
システム
ストレージアレイまたは直接接続のストレージ RAID を表します。
ファイルシステム
Network Attached Storage (NAS) ストレージアレイは、NFS または CIFS プロトコルのいずれかを使用して、IP ネットワーク経由で OS をホストするファイルシステムを公開できます。ホスト OS は、クライアントのオペレーティングシステムによって、これをマウントポイントか、またはファイルが含まれるフォルダーとして処理します。
ディスク
データを保持する物理ディスクです。これは通常、RAID 設定を使ってプールを作成する場合に使用されます。
これは、SNIA 用語では DiskDrive として知られています。
イニシエーター
イニシエーターは、ファイバーチャネル (FC) またはファイバーチャネルオーバーイーサネット (FCoE) では、ワールドワイドポートネーム (WWPN) またはワールドワイドノード名 (WWNN) です。iSCSI では、iSCSI 修飾名 (IQN) です。NFS または CIFS では、ホスト名またはホストの IP アドレスです。
子の依存関係
一部のアレイでは、元になるもの (親ボリュームまたはファイルシステム) と子 (スナップショットまたはクローンなど) の間に、暗黙的な関係があります。たとえば、親に依存する子が 1 つ以上ある場合は、その親を削除することはできません。API は、このような関係が存在するかどうかを判別するためのメソッドと、必要なブロックを複製することで依存関係を削除するメソッドを提供します。