Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.2. XFS ファイルシステムのマウント

XFS ファイルシステムは、追加オプションなしでマウントできます。以下に例を示します。
# mount /dev/device /mount/point
Red Hat Enterprise Linux 7 のデフォルトは inode64 です。
注記
mke2fs とは異なり、mkfs.xfs は設定ファイルを使用しません。これらはすべてコマンドラインで指定されます。

書き込みバリア

デフォルトでは、XFS は書き込みバリアを使用して、書き込みキャッシュが有効なデバイスの電源が失われた場合でも、ファイルシステムの整合性を確保します。書き込みキャッシュがないデバイス、またはバッテリーでバックアップされた書き込みキャッシュがあるデバイスの場合は、nobarrier オプションを使用してバリアを無効にします。
# mount -o nobarrier /dev/device /mount/point
書き込みバリアの詳細は、22章書き込みバリア を参照してください。

Direct Access テクノロジープレビュー

Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降、ext4 および XFS のファイルシステムで Direct Access (DAX) がテクノロジープレビューとして利用できます。これは、アプリケーションが永続メモリーをそのアドレス空間に直接マッピングするための手段です。DAX を使用するには、システムで利用可能な永続メモリーの形式が必要です。通常は、NVDIMM (Non-Volatile Dual In-line Memory Module) の形式で、DAX に対応するファイルシステムを NVDIMM に作成する必要があります。また、ファイルシステムは dax マウントオプション でマウントする必要があります。これにより、dax をマウントしたファイルシステムのファイルの mmap が、アプリケーションのアドレス空間にストレージを直接マッピングされます。