Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.2. Snapper スナップショットの作成

Snapper では、以下のタイプのスナップショットを作成できます。
プレスナップショット
プレスナップショットは、ポストスナップショットの作成元として機能します。この 2 つは密接に関連しており、2 つのポイント間でファイルシステムの修正を追跡するように設計されています。ポストスナップショットを作成する前に、プレスナップショットを作成する必要があります。
ポストスナップショット
ポストスナップショットは、プレスナップショットのエンドポイントとして機能します。結合されたプレスナップショットとポストスナップショットは、比較の範囲を定義します。デフォルトでは、すべての新しい snapper ボリュームは、関連するポストスナップショットが正常に作成された後にバックグラウンド比較を作成するように設定されています。
シングルスナップショット
1 つのスナップショットとは、特定の時点で作成されたスタンドアロンのスナップショットのことです。これらを使用すると、修正のタイムラインを追跡し、後で戻るための一般的なポイントを持つために使用することができます

14.2.1. プレスナップショットとポストスナップショットのペアの作成

14.2.1.1. Snapper を使用したプレスナップショットの作成

プレスナップショットの作成には、以下のコマンドを実行します。
# snapper -c config_name create -t pre
-c config_name オプションは、名前付き設定ファイルの仕様に従ってスナップショットを作成します。設定ファイルが存在しない場合は、「Snapper の初期設定の作成」 を参照してください。
create -t では、作成するスナップショットの種類を指定します。指定できるエントリーは、prepost、または single です。
たとえば、「Snapper の初期設定の作成」 で作成された lvm_config 設定ファイルを使用して、プレスナップショットを作成するには、次のコマンドを実行します。
# snapper -c SnapperExample create -t pre -p
1
-p オプションは、作成されたスナップショットの番号を出力しますが、使用するかどうかは任意です。

14.2.1.2. Snapper を使用しポストスナップショットの作成

ポストスナップショットはスナップショットのエンドポイントであり、「Snapper を使用したプレスナップショットの作成」 の手順に従って、親のプレスナップショットの後に作成する必要があります。

手順14.2 ポストスナップショットの作成

  1. プレスナップショットの数を指定します。
    # snapper -c config_name list
    たとえば、設定ファイルのlvm_configを使用して作成されたスナップショットの一覧を表示する場合は、次のコマンドを使用します。
    # snapper -c lvm_config list
    Type   | # | Pre # | Date              | User | Cleanup  | Description | Userdata
    -------+---+-------+-------------------+------+----------+-------------+---------
    single | 0 |       |                   | root |          | current     |
    pre    | 1 |       | Mon 06<...>       | root |          |             |
    
    この出力は、プレスナップショットが番号 1 であることを示しています。
  2. 事前に作成したプレスナップショットにリンクされる、ポストスナップショットを作成します。
    # snapper -c config_file create -t post --pre-num pre_snapshot_number
    • -t post オプションは、ポストスナップショットタイプの作成を指定します。
    • --pre-num オプションは、プレスナップショットのバージョンを指定します。
    たとえば、lvm_config 設定ファイルを使用してポストスナップショットを作成し、プレスナップショット番号 1 にリンクするには、次のコマンドを実行します。
    # snapper -c lvm_config create -t post --pre-num 1 -p
    2
    
    -p オプションは、作成されたスナップショットの番号を出力しますが、使用するかどうかは任意です。
  3. プレスナップショット 1 とポストスナップショット 2 が作成され、ペアになりました。これを確認するには、list コマンドを使用します。
    # snapper -c lvm_config list
    Type   | # | Pre # | Date              | User | Cleanup  | Description | Userdata
    -------+---+-------+-------------------+------+----------+-------------+---------
    single | 0 |       |                   | root |          | current     |
    pre    | 1 |       | Mon 06<...>       | root |          |             |
    post   | 2 | 1     | Mon 06<...>       | root |          |             |
    

14.2.1.3. スナップショット前およびスナップショット後のコマンドのラップ

また、コマンドをプレスナップショットおよびポストスナップショットにラップすることもできます。これはテスト時に役立ちます。手順14.3「スナップショット前およびスナップショット後のコマンドのラップ」 (以下の手順のショートカット) を参照してください。
  1. snapper create pre snapshot コマンドを実行している。
  2. コマンドの実行、またはファイルシステムのコンテンツに影響を与える可能性があるアクションを実行するコマンドの一覧。
  3. snapper create post snapshot コマンドを実行している。

手順14.3 スナップショット前およびスナップショット後のコマンドのラップ

  1. プレスナップショットとポストスナップショットでコマンドをラップするには、以下のコマンドを実行します。
    # snapper -c lvm_config create --command "command_to_be_tracked"
    たとえば、/lvm_mount/hello_file ファイルの作成を追跡するには、次のコマンドを実行します。
    # snapper -c lvm_config create --command "echo Hello > /lvm_mount/hello_file"
  2. これを確認するには、status コマンドを使用します。
    # snapper -c config_file status first_snapshot_number..second_snapshot_number
    たとえば、最初の手順で行った変更を追跡するには、以下のコマンドを実行します。
    # snapper -c lvm_config status 3..4
    +..... /lvm_mount/hello_file
    
    必要に応じて、list コマンドを使用してスナップショットの番号を確認します。
    status コマンドの詳細は、「スナップショット間での変更の追跡」 を参照してください。
上記の例で使用されているコマンドが、スナップショットがキャプチャーする唯一のものであるという保証はないことに注意してください。Snapper は、ユーザーが変更したものだけでなく、システムが変更したものも記録します。