Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.2. btrfs ファイルシステムのマウント

btrfs ファイルシステムにデバイスをマウントするには、次のコマンドを使用します。
# mount /dev/device /mount-point
その他の便利なマウントオプションは以下のとおりです。
device=/dev/name
このオプションを mount コマンドに追加すると、btrfs は、指定されたデバイスで btrfs ボリュームをスキャンするように指示されます。これは、btrfs 以外のデバイスをマウントしようとするとマウントが失敗するため、マウントが成功することを確認するために使用されます。
注記
これは、すべてのデバイスがファイルシステムに追加されることを意味するのではなく、それらをスキャンするだけです。
max_inline=number
このオプションを使用して、メタデータ B-tree リーフ内のデータのインライン化に使用できる領域の最大量 (バイト単位) を設定します。デフォルトは 8192 バイトです。4k ページの場合は、リーフに収める必要があるヘッダーが追加されているため、サイズは 3900 バイトに制限されています。
alloc_start=number
このオプションを使用して、ディスク割り当ての開始位置を設定します。
thread_pool=number
このオプションを使用して、割り当てられたワーカースレッドの数を割り当てます。
discard
このオプションは、空きブロックで discard/TRIM を有効にする場合に使用します。
noacl
このオプションを使用して、ACL の使用を無効にします。
space_cache
このオプションを使用して空き領域データをディスクに保存し、ブロックグループのキャッシュを高速化します。これは永続的な変更であり、古いカーネルで安全に起動できます。
nospace_cache
上記のspace_cacheを無効にします。
clear_cache
このオプションを使用して、マウント中にすべての空き領域キャッシュをクリアします。これは安全なオプションですが、スペースキャッシュの再構築がトリガーされます。そのため、再構築プロセスを終了させるために、ファイルシステムをマウントしたままにしておきます。このマウントオプションは、空き領域に問題が明らかになった後でのみ、一度使用することを目的としています。
enospc_debug
このオプションは、"no space left" 問題をデバッグするために使用します。
recovery
マウント時に自動リカバリーを有効にするには、このオプションを使用します。