Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.2. Btrfs ファイルシステムのマウント

Btrfs ファイルシステムでデバイスをマウントするには、以下のコマンドを使用します。
# mount /dev/device /mount-point
その他の役に立つオプション:
device=/dev/name
このオプションをマウントコマンドに追加すると、brtfs は Btrfs ボリューム用に指定されたデバイスをスキャンします。このオプションは、Btrfs 以外のデバイスのマウントを試みるとマウントに失敗するため、確実にマウントを成功させるために使用します。

注記

これは、すべてのデバイスをスキャンすることを示しているだけで、すべてのデバイスがファイルシステムに追加されるわけではありません。
max_inline=number
このオプションは、メタデータ B ツリーリーフ内のインラインデータに使用できる最大スペース (バイト単位) を設定します。デフォルトは 8192 バイトです。4k ページの場合は、リーフに適合させる必要のある追加ヘッダーがあるため、このサイズは 3900 バイトに制限されます。
alloc_start=number
このオプションは、ディスクストレージの割り当てにおける開始点を設定します。
thread_pool=number
このオプションは、割り当てられるワーカースレッドの数を指定します。
discard
このオプションは、解放されたブロック上で discard/TRIM を有効にします。
noacl
このオプションは、ACL の使用を無効にします。
space_cache
このオプションは、ディスク上の空き領域のデータを保存し、ブロックグループのキャッシュを高速化します。これは、永続的な変更であり、古いカーネルでブートしても問題はありません。
nospace_cache
このオプションは、上記の space_cache を無効にします。
clear_cache
このオプションは、マウント時にすべての空き領域キャッシュをクリアにします。このオプションは安全ですが、キャッシュ領域の再ビルドをトリガーします。そのため、再ビルドプロセスを終了させるためにファイルシステムをマウントした状態にしておきます。このマウントオプションは、1 回限り、かつ空き領域に関する問題が明らかになった後にのみ使用します。
enospc_debug
このオプションは、「空き領域が残っていない」問題をデバッグするために使用されます。
recovery
このオプションは、マウント時の自動リカバリーを有効にします。