Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.2. SMB 共有のマウント

Red Hat Enterprise Linux では、カーネルの cifs.ko ファイルシステムモジュールが SMB プロトコルに対応します。ただし、SMB 共有をマウントして機能するには、cifs-utils パッケージもインストールする必要があります。
# yum install cifs-utils
cifs-utils パッケージは、以下を行うユーティリティーを提供します。
  • SMB 共有と CIFS 共有をマウントする
  • カーネルのキーリングで NT Lan Manager(NTLM)認証情報を管理します。
  • SMB 共有および CIFS 共有のセキュリティー記述子で、アクセス制御リスト (ACL) を設定して、表示する

9.2.1. 対応している SMB プロトコルバージョン

cifs.ko カーネルモジュールは、以下の SMB プロトコルバージョンをサポートします。
  • SMB 1
  • SMB 2.0
  • SMB 2.1
  • SMB 3.0
注記
プロトコルのバージョンによっては、一部の SMB 機能しか実装されていません。

9.2.1.1. UNIX 拡張機能のサポート

Samba は、SMB プロトコルの CAP_UNIX 機能ビットを使用して UNIX 拡張機能を提供します。これらの拡張機能は、cifs.ko カーネルモジュールでも対応しています。ただし、Samba とカーネルモジュールはいずれも、SMB 1 プロトコルでのみ UNIX 拡張機能に対応します。
UNIX 拡張機能を使用するには、以下の手順を実行します。
  1. /etc/samba/smb.conf ファイルの [global] セクションの server min protocol オプションを NT1 に設定します。これは Samba サーバーのデフォルトです。
  2. マウントコマンドに -o vers=1.0 オプションを指定し、SMB 1 プロトコルを使用して 共有をマウント します。以下に例を示します。
    mount -t cifs -o vers=1.0,username=user_name //server_name/share_name /mnt/
    デフォルトで、カーネルモジュールは、SMB 2 またはサーバーでサポートされている最新のプロトコルバージョンを使用します。-o vers=1.0 オプションを mount コマンドに渡すと、UNIX 拡張機能の使用に必要な SMB 1 プロトコルをカーネルモジュールが使用することが強制されます。
UNIX 拡張機能が有効になっているかどうかを確認するには、マウントされた共有のオプションを表示します。
# mount
...
//server/share on /mnt type cifs (...,unix,...)
unix エントリーがマウントオプションのリストに表示されると、UNIX 拡張機能が有効になります。