Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.4. 一般的な NFS マウントオプション

リモートホストに NFS を使用してファイルシステムをマウントする場合は、マウントされた共有をより簡単に使用できるように、マウント時に他のオプションを指定することもできます。これらのオプションは、手動のマウントコマンド 、/etc/fstab 設定、autofs と併用できます。
以下は、NFS マウントに一般的に使用されるオプションです。
lookupcache=mode
任意のマウントポイントに対して、カーネルがディレクトリーエントリーのキャッシュを管理する方法を指定します。mode の有効な引数は、allnone、または pos/positive です。
nfsvers=version
使用する NFS プロトコルのバージョンを指定します。version は 3 または 4 です。これは、複数の NFS サーバーを実行するホストに役に立ちます。バージョンを指定しないと、NFS は、カーネルと mount コマンドで対応している最新バージョンを使用します。
vers オプションは nfsvers と同じで、互換性のためにこのリリースに含まれています。
noacl
ACL の処理をすべてオフにします。古いバージョンの Red Hat Enterprise Linux、Red Hat Linux、または Solaris と連動させる場合に必要となることがあります。最新の ACL テクノロジーは、古いシステムとの互換性がないためです。
nolock
ファイルのロックを無効にします。この設定は、非常に古いバージョンの NFS サーバーに接続する場合に必要になる場合があります。
noexec
マウントしたファイルシステムでバイナリーが実行されないようにします。これは、互換性のないバイナリーを含む Linux 以外のファイルシステムをマウントしている場合に便利です。
scipy
set-user-identifier または set-group-identifier ビットを無効にします。これにより、リモートユーザーは setuid プログラムを実行してより高い権限を取得できなくなります。
port=num
NFS サーバーポートの数値を指定します。num0 (デフォルト値) の場合、mount は、使用するポート番号に対して、リモートホストの rpcbind サービスに問い合わせます。リモートホストの NFS デーモンがその rpcbind サービスに登録されていない場合は、代わりに TCP 2049 の標準 NFS ポート番号が使用されます。
rsize=num および wsize=num
このオプションは、1 回の NFS 読み取り操作または書き込み操作で転送される最大バイト数を設定します。
rsizewsize には、固定のデフォルト値がありません。デフォルトでは、NFS はサーバーとクライアントの両方がサポートしている最大の値を使用します。Red Hat Enterprise Linux 7 では、クライアントとサーバーの最大値は 1,048,576 バイトです。詳細は、「NFS マウントを使用した場合の rsize と wsize のデフォルト値と最大値」を参照してください。ナレッジベースのソリューション記事。
sec=flavors
マウントされたエクスポート上のファイルにアクセスするために使用するセキュリティーフレーバーです。flavors の値は、複数のセキュリティーフレーバーのコロンで区切られたリストです。
デフォルトでは、クライアントは、クライアントとサーバーの両方をサポートするセキュリティーフレーバーの検索を試みます。サーバーが選択したフレーバーのいずれかに対応していない場合、マウント操作は失敗します。
sec=sys は、ローカルの UNIX UID および GID を使用します。AUTH_SYS を使用して NFS 操作を認証します。
sec=krb5 は、ユーザー認証に、ローカルの UNIX の UID と GID ではなく、Kerberos V5 を使用します。
sec=krb5i は、ユーザー認証に Kerberos V5 を使用し、データの改ざんを防ぐ安全なチェックサムを使用して NFS 操作の整合性チェックを行います。
sec=krb5p は、ユーザー認証に Kerberos V5 を使用し、整合性チェックを使用し、トラフィックの傍受を防ぐため NFS トラフィックを暗号化します。これは最も安全な設定ですが、パフォーマンスのオーバーヘッドも最も高くなります。
tcp
NFS マウントが TCP プロトコルを使用するよう指示します。
udp
NFS マウントが UDP プロトコルを使用するように指示します。
詳細は、man mount および man nfs を参照してください

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。