Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

30.5. デプロイメントシナリオ

VDO は、ブロックおよびファイルアクセスと、ローカルストレージとリモートストレージの両方に対して、重複排除したストレージを提供する様々な方法にデプロイできます。VDO は、標準の Linux ブロックデバイスとして重複排除したストレージを公開するため、標準ファイルシステム、iSCSI および FC のターゲットドライバー、または統合ストレージとして使用できます。

30.5.1. iSCSI ターゲット

シンプルな例として、VDO ストレージターゲットすべては、iSCSI ターゲットとしてリモート iSCSI イニシエーターにエクスポートできます。

図30.3 重複排除したブロックストレージターゲット

重複排除したブロックストレージターゲット
iSCSI ターゲットの詳細は、を参照してください。

30.5.2. ファイルシステム

代わりにファイルアクセスが必要な場合、ファイルシステムは VDO 上で作成でき、Linux NFS サーバーや Samba から NFS または CIFS ユーザーに使えるようにすることができます。

図30.4 重複排除した NAS

重複排除した NAS

30.5.3. LVM

より機能が充実したシステムにより、LVM を使用して、同じ重複排除したストレージプールがサポートする複数の LUN をさらに提供することができます。図30.5「重複排除された統合ストレージ」 VDO ターゲットは物理ボリュームとして登録されるため、LVM で管理できます。複数の論理ボリューム(LV1 から LV4)が、重複排除したストレージプールから作成されます。これにより、VDO は、基となる重複排除したストレージプールへのマルチプロトコル統合ブロック/ファイルアクセスに対応できます。

図30.5 重複排除された統合ストレージ

重複排除された統合ストレージ
重複排除した統合ストレージ設計により、複数のファイルシステムが、LVM ツールを介して同じ重複排除ドメインをまとめて使用できます。また、ファイルシステムは、LVM スナップショット、コピーオンライト、縮小機能、拡大機能、および VDO にある全機能を利用できます。

30.5.4. 暗号化

今日、データセキュリティーは極めて重要です。さらにさらに企業には、データ暗号化に関する内部ポリシーがあります。DM-Crypt などの Linux Device Mapper メカニズムは VDO と互換性があります。VDO ボリュームの暗号化により、データセキュリティーと、VDO にあるすべてのファイルシステムが、ディスクの最適化のために重複排除機能を取得できます。VDO で暗号化を適用すると、データの重複排除が行われても、VDO が重複を排除する前に、暗号化により重複ブロックが異なってしまう点に注意してください。

図30.6 暗号化での VDO の使用

暗号化での VDO の使用

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。