Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

索引

シンボル

/boot/ directory, /boot/ ディレクトリー
/dev/shm, df コマンド
/etc/fstab, ext3 ファイルシステムへの変換, /etc/fstabを使用した NFS ファイルシステムのマウント, ファイルシステムのマウント
/etc/fstab file
ディスククォータの有効化, クォータの有効化
/local/directory(クライアント設定、マウント)
NFS, NFS クライアントの設定
/proc
/proc/devices, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/filesystems, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mdstat, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts/, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/partitions, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/devices
仮想ファイルシステム(/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/proc/filesystems
仮想ファイルシステム(/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mdstat
仮想ファイルシステム(/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts
仮想ファイルシステム(/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts/
仮想ファイルシステム(/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/proc/partitions
仮想ファイルシステム(/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/remote/export(クライアント設定、マウント)
NFS, NFS クライアントの設定
その他のファイルシステムユーティリティー
ext4, その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
アンマウント中, ファイルシステムのアンマウント
イニシエーターの実装
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, 利用可能な iface 設定の表示
インストーラーサポート
RAID, Anaconda インストーラーにおける RAID サポート
インストールストレージ設定
Channel Command word(CCW), IBM System Z の DASD および zFCP デバイス
DIF/DIX 対応ブロックデバイス, DIF/DIX が有効になっているブロックデバイス
IBM System z 上の DASD デバイスおよび zFCP デバイス, IBM System Z の DASD および zFCP デバイス
iSCSI の検出および設定, iSCSI の検出および設定
LUKS/dm-crypt、ブロックデバイスの使用, LUKS を使用したブロックデバイスの暗号化
個別パーティション(/home、/opt、/usr/local 用), /home、/opt、/usr/local に個別のパーティション
古い BIOS RAID メタデータ, 古い BIOS RAID メタデータ
新機能, インストール時のストレージの留意事項
更新, インストール時のストレージの留意事項
インストール時のストレージの考慮事項
Channel Command word(CCW), IBM System Z の DASD および zFCP デバイス
DIF/DIX 対応ブロックデバイス, DIF/DIX が有効になっているブロックデバイス
IBM System z 上の DASD デバイスおよび zFCP デバイス, IBM System Z の DASD および zFCP デバイス
iSCSI の検出および設定, iSCSI の検出および設定
LUKS/dm-crypt、ブロックデバイスの使用, LUKS を使用したブロックデバイスの暗号化
個別パーティション(/home、/opt、/usr/local 用), /home、/opt、/usr/local に個別のパーティション
古い BIOS RAID メタデータ, 古い BIOS RAID メタデータ
新機能, インストール時のストレージの留意事項
更新, インストール時のストレージの留意事項
インタラクティブ操作(xfsrestore)
XFS, 復元
エクスポートしたファイルシステム
ディスクレスシステム, ディスクレスクライアントのエクスポートファイルシステムの設定
エラーメッセージ
書き込みバリア, Write Barriers の有効化および無効化
オフライン状態
Linux SCSI レイヤー, SCSI コマンドタイマーとデバイスの状態の制御
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, iSCSI オフロードおよびインターフェースバインディングの設定
オプション(クライアント設定、マウント)
NFS, NFS クライアントの設定
オンラインの論理ユニット
読み書き状態の変更, オンライン論理ユニットの読み取りおよび書き込み状態の変更
オンラインストレージ
トラブルシューティング, オンラインストレージ設定のトラブルシューティング
ファイバーチャネル, ファイバーチャネル
概要, オンラインストレージ管理
sysfs, オンラインストレージ管理
キャッシュの書き込み、無効化
書き込みバリア, 書き込みキャッシュの無効化
キャッシュの設定
FS-Cache, キャッシュの設定
キャッシュカリング制限
FS-Cache, キャッシュカリング制限の設定
キャッシュバックエンド
FS-Cache, FS-Cache
キャッシュ共有
FS-Cache, キャッシュ共有
クォータ管理
XFS, XFS クォータ管理
クォータ(その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー)
ext4, その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
グローバルファイルシステム 2
gfs2.ko, グローバルファイルシステム 2
ファイルシステムの種類, グローバルファイルシステム 2
最大サイズ, グローバルファイルシステム 2
コマンド
volume_key, volume_key Commands
コマンドタイマー(SCSI)
Linux SCSI レイヤー, コマンドタイマー
サイズ変更
ext4, ext4 ファイルシステムのサイズ変更
サイト設定ファイルの上書き/クラッシュ(autofs)
NFS, autofs の設定
サーバー(クライアント設定、マウント)
NFS, NFS クライアントの設定
システム情報
ファイルシステム, ファイルシステム情報の収集
/dev/shm, df コマンド
ストライピング
RAID, RAID レベルとリニアサポート
RAID の基礎, RAID(Redundant Array of Independent Disks)
ストライプジオメトリー
ext4, ext4 ファイルシステムの作成
ストレージの相互接続、スキャン, Storage Interconnects のスキャン
ストレージの相互接続スキャン, Storage Interconnects のスキャン
ストレージアクセスのパラメーター
I/O 調整とサイズ, ストレージアクセスのパラメーター
ストレージアクセスパラメーター
I/O 調整とサイズ, ストレージアクセスのパラメーター
ストレージデバイスへのパス、削除, ストレージデバイスへのパスの削除
ストレージデバイスへのパス、追加, ストレージデバイスまたはパスの追加
ストレージデバイスへのパスの削除, ストレージデバイスへのパスの削除
ストレージデバイスへのパスの追加, ストレージデバイスまたはパスの追加
スループットクラス
ソリッドステートディスク, ソリッドステートディスクデプロイメントのガイドライン
スレーブマウント, マウントの共有
スワップ領域, スワップ領域
file
作成中, スワップファイルの作成, スワップファイルの削除
LVM2
作成中, Swap 用の LVM2 論理ボリュームの作成
削減, LVM2 論理ボリュームでの Swap の縮小
削除中, スワップの LVM2 論理ボリュームの削除
拡張, LVM2 論理ボリュームでの Swap の拡張
作成中, swap 領域の追加
削除中, swap 領域の削除
拡張, swap 領域の追加
推奨されるサイズ, スワップ領域
移動, swap 領域の移動
セッションの実行、情報の取得
iSCSI API, iSCSI API
ソフトウェア iSCSI
iSCSI, ソフトウェア iSCSI の iface の設定
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, ソフトウェア iSCSI の iface の設定
ソフトウェア iSCSI の場合
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, ソフトウェア iSCSI の iface の設定
ソフトウェア RAID (参照 RAID)
ソリッドステートディスク
deployment, ソリッドステートディスクデプロイメントのガイドライン
SSD, ソリッドステートディスクデプロイメントのガイドライン
TRIM コマンド, ソリッドステートディスクデプロイメントのガイドライン
スループットクラス, ソリッドステートディスクデプロイメントのガイドライン
デプロイメントのガイドライン, ソリッドステートディスクデプロイメントのガイドライン
ターゲット
iSCSI, iSCSI ターゲットへのログイン
ダイレクトマップのサポート(autofs バージョン 5)
NFS, autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
ダンプレベル
XFS, バックアップ
ダーティーログのある XFS ファイルシステムの修復
XFS, XFS ファイルシステムの修復
ダーティーログ(XFS ファイルシステムを修復)
XFS, XFS ファイルシステムの修復
ツール(パーティション設定およびその他のファイルシステム機能用)
I/O 調整とサイズ, パーティションおよびファイルシステムツール
ディスククォータ, ディスククォータ
グループごとに割り当て, グループごとのクォータの割り当て
ソフト制限, ユーザーあたりのクォータの割り当て
ハード制限, ユーザーあたりのクォータの割り当て
ファイルシステムごとに割り当てる, Soft 制限のための Grace Period の設定
ユーザーごとに割り当て, ユーザーあたりのクォータの割り当て
有効化, ディスククォータの設定, 有効化および無効化
/etc/fstab, modifying, クォータの有効化
quotacheck、実行中, クォータデータベースファイルの作成
クォータファイルの作成, クォータデータベースファイルの作成
無効化, 有効化および無効化
猶予期間, ユーザーあたりのクォータの割り当て
管理, ディスククォータの管理
quotacheck コマンド、確認, クォータの調整の維持
レポート(Reporting), ディスククォータに関するレポート
追加リソース, ディスククォータの参照
ディスクストレージ (参照 ディスククォータ)
parted (参照 parted)
ディスクレスクライアントの DHCP の設定
ディスクレスシステム, ディスクレスクライアントの DHCP の設定
ディスクレスクライアントの tftp サービスの設定
ディスクレスシステム, ディスクレスクライアントの tftp サービスの設定
ディスクレスシステム
dhcp、設定, ディスクレスクライアントの DHCP の設定
TFTP サービスの設定, ディスクレスクライアントの tftp サービスの設定
エクスポートしたファイルシステム, ディスクレスクライアントのエクスポートファイルシステムの設定
ネットワークブートサービス, リモートディスクレスシステムの設定
リモートディスクレスシステム, リモートディスクレスシステムの設定
必要なパッケージ, リモートディスクレスシステムの設定
ディレクトリー
/boot/, /boot/ ディレクトリー
/dev/, /dev/ ディレクトリー
/etc/, /etc/ ディレクトリー
/mnt/, /mnt/ Directory
/opt/, /opt/ ディレクトリー
/proc/, /proc/ ディレクトリー
/srv/, /srv/ ディレクトリー
/sys/, /sys/ ディレクトリー
/usr/, /usr/ ディレクトリー
/var/, /var/ ディレクトリー
デバイス、削除, ストレージデバイスの削除
デバイスがブロックされているかどうかの確認
ファイバーチャネル
リンク損失動作の変更, ファイバーチャネル
デバイスのステータス
Linux SCSI レイヤー, デバイスの状態
デバイスの削除, ストレージデバイスの削除
デプロイメントのガイドライン
ソリッドステートディスク, ソリッドステートディスクデプロイメントのガイドライン
トラブルシューティング
オンラインストレージ, オンラインストレージ設定のトラブルシューティング
ドライバー(ネイティブ)、ファイバーチャネル, ネイティブファイバーチャネルドライバーおよび機能
ネイティブファイバーチャネルドライバー, ネイティブファイバーチャネルドライバーおよび機能
ネットワークファイルシステム (参照 NFS)
ネットワークブートサービス
ディスクレスシステム, リモートディスクレスシステムの設定
ハードウェア RAID コントローラードライバー
RAID, Linux ハードウェア RAID のコントローラードライバー
バインド不可能なマウント, マウントの共有
バックアップ/復元
XFS, XFS ファイルシステムのバックアップおよび復元
バックアップの復元
XFS, 復元
バッテリーバックアップの書き込みキャッシュ
書き込みバリア, バッテリーバックアップの書き込みキャッシュ
バージョン
最新情報
autofs, autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
パフォーマンスに関する保証
FS-Cache, Performance Guarantee
パリティー
RAID, RAID レベルとリニアサポート
パーティション
サイズ変更, fdisk を使用したパーティションのサイズ変更
フォーマット中
mkfs, パーティションのフォーマットとラベル付け
一覧の表示, パーティションテーブルの表示
作成中, パーティションの作成
削除中, パーティションの削除
パーティションテーブル
表示中, パーティションテーブルの表示
ファイバーチャネル
オンラインストレージ, ファイバーチャネル
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API
ファイバーチャネルドライバー(ネイティブ), ネイティブファイバーチャネルドライバーおよび機能
ファイルシステム, ファイルシステム情報の収集
btrfs, btrfs(テクノロジープレビュー)
ext2 (参照 ext2)
ext3 (参照 ext3)
FHS 標準, FHS 組織
構造, ファイルシステムの構造とメンテナンス
組織, FHS 組織
階層, ファイルシステム階層標準(FHS)の概要
ファイルシステムの修復
XFS, XFS ファイルシステムの修復
ファイルシステムの種類
ext4, ext4 ファイルシステム
GFS2, グローバルファイルシステム 2
XFS, XFS ファイルシステム
ファイルシステムサイズの増加
XFS, XFS ファイルシステムのサイズの拡大
ブロックされたデバイス、検証中
ファイバーチャネル
リンク損失動作の変更, ファイバーチャネル
ブロックデバイス ioctls(ユーザー空間のアクセス)
I/O 調整とサイズ, ブロックデバイス ioctls
プライベートマウント, マウントの共有
プロジェクトの制限(設定)
XFS, プロジェクトの制限の設定
ポータルへの近い場合のバインディング/バインド解除
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, ポータルへの近い場合のバインディング/バインド解除
ポートの状態(リモート)、決定
ファイバーチャネル
リンク損失動作の変更, ファイバーチャネル
マウント, ファイルシステムのマウント
ext4, ext4 ファイルシステムのマウント
XFS, XFS ファイルシステムのマウント
マウントポイントの移動, マウントポイントの移動
マウント(クライアント設定)
NFS, NFS クライアントの設定
ミラーリング
RAID, RAID レベルとリニアサポート
ユーザー空間 API ファイル
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API
ユーザー空間アクセス
I/O 調整とサイズ, ユーザー空間アクセス
リサイズされた論理ユニット、サイズ変更, オンラインの論理ユニットのサイズ変更
リサイズされた論理ユニットのサイズ変更, オンラインの論理ユニットのサイズ変更
リニア RAID
RAID, RAID レベルとリニアサポート
リモートディスクレスシステム
ディスクレスシステム, リモートディスクレスシステムの設定
リモートポート
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API
リモートポートの状態、決定
ファイバーチャネル
リンク損失動作の変更, ファイバーチャネル
リモートポート状態の判別
ファイバーチャネル
リンク損失動作の変更, ファイバーチャネル
リンク損失動作の変更, リンクラス動作の変更
ファイバーチャネル, ファイバーチャネル
レコードタイプ
discovery
iSCSI, iSCSI 検出の設定
レベル
RAID, RAID レベルとリニアサポート
ログイン
iSCSI ターゲット, iSCSI ターゲットへのログイン
一時停止中
XFS, XFS ファイルシステムの一時停止
一貫性データ
FS-Cache, FS-Cache
並列 NFS
pNFS, pNFS
主な特長
ext4, ext4 ファイルシステム
XFS, XFS ファイルシステム
仮想ファイルシステム(/proc)
/proc/devices, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/filesystems, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mdstat, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts/, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/partitions, /proc 仮想ファイルシステム
仮想マシンのストレージ, 仮想マシンのストレージ
作成中
ext4, ext4 ファイルシステムの作成
XFS, XFS ファイルシステムの作成
個々のユーザー
volume_key, 「Using a volume_key as a individual User」
個別パーティション(/home、/opt、/usr/local 用)
インストール時のストレージの考慮事項, /home、/opt、/usr/local に個別のパーティション
共有サブツリー, マウントの共有
スレーブマウント, マウントの共有
バインド不可能なマウント, マウントの共有
プライベートマウント, マウントの共有
共有マウント, マウントの共有
共有マウント, マウントの共有
利用可能な iface 設定の表示
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, 利用可能な iface 設定の表示
制限(xfs_quota エキスパートモード)
XFS, XFS クォータ管理
割り当て機能
ext4, ext4 ファイルシステム
XFS, XFS ファイルシステム
古い BIOS RAID メタデータ
インストール時のストレージの考慮事項, 古い BIOS RAID メタデータ
実行中のステータス
Linux SCSI レイヤー, SCSI コマンドタイマーとデバイスの状態の制御
必要なパッケージ
adding/removing
LUN(論理ユニット番号), rescan-scsi-bus.sh での論理ユニットの追加または削除
FCoE, Fibre Channel over Ethernet インターフェースの設定
ディスクレスシステム, リモートディスクレスシステムの設定
新機能
インストール時のストレージの考慮事項, インストール時のストレージの留意事項
既知の問題
adding/removing
LUN(論理ユニット番号), rescan-scsi-bus.sh の既知の問題
更新
インストール時のストレージの考慮事項, インストール時のストレージの留意事項
書き込みキャッシュの無効化
書き込みバリア, 書き込みキャッシュの無効化
書き込みバリア
enablind/disabling, Write Barriers の有効化および無効化
ext4, ext4 ファイルシステムのマウント
NFS, NFS
XFS, Write Barriers
エラーメッセージ, Write Barriers の有効化および無効化
バッテリーバックアップの書き込みキャッシュ, バッテリーバックアップの書き込みキャッシュ
定義, Write Barriers
書き込みキャッシュの無効化, 書き込みキャッシュの無効化
書き込みバリアの仕組み, Write Barriers の仕組み
書き込みバリアの重要性, Write Barriers の重要性
高エンドアレイ, 高可用性アレイ
書き込みバリアの仕組み
書き込みバリア, Write Barriers の仕組み
書き込みバリアの重要性
書き込みバリア, Write Barriers の重要性
最大サイズ
GFS2, グローバルファイルシステム 2
最大サイズ、GFS2 ファイルシステム, グローバルファイルシステム 2
概要, 概要
オンラインストレージ, オンラインストレージ管理
永続的な命名, 永続的な命名
特定のセッションのタイムアウト、設定
iSCSI の設定, 特定セッションのタイムアウトの設定
特定のセッションタイムアウト、設定
iSCSI の設定, 特定セッションのタイムアウトの設定
相互スキャン
iSCSI, iSCSI 相互のスキャン
相互接続(スキャン)
iSCSI, iSCSI 相互のスキャン
累積モード(xfsrestore)
XFS, 復元
統計情報の追跡
FS-Cache, 統計情報
統計情報(追跡中)
FS-Cache, 統計情報
設定
discovery
iSCSI, iSCSI 検出の設定
読み書き状態の変更
オンラインの論理ユニット, オンライン論理ユニットの読み取りおよび書き込み状態の変更
適切な nsswitch 設定(autofs バージョン 5)、
NFS, autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
鍵のインデックス作成
FS-Cache, FS-Cache
階層、ファイルシステム, ファイルシステム階層標準(FHS)の概要
高エンドアレイ
書き込みバリア, 高可用性アレイ
高度な RAID デバイスの作成
RAID, 高度な RAID デバイスの作成

A

ace の設定の場合は、
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, 利用可能な iface 設定の表示
adding/removing
LUN(論理ユニット番号), rescan-scsi-bus.sh での論理ユニットの追加または削除
Anaconda への対応
RAID, Anaconda インストーラーにおける RAID サポート
API、iSCSI, iSCSI API
API、ファイバーチャネル, ファイバーチャネル API
ATA 標準
I/O 調整とサイズ, ATA
autofs, autofs, autofs の設定
(参照 NFS)
autofs バージョン 5
NFS, autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
autofs マウントポイントごとの複数のマスターマップエントリー(autofs バージョン 5)
NFS, autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良

B

bcull(キャッシュカリング制限設定)
FS-Cache, キャッシュカリング制限の設定
brun(キャッシュカリング制限設定)
FS-Cache, キャッシュカリング制限の設定
bstop(キャッシュカリング制限設定)
FS-Cache, キャッシュカリング制限の設定
btrfs
ファイルシステム, btrfs(テクノロジープレビュー)

C

cachefiles
FS-Cache, FS-Cache
cachefilesd
FS-Cache, キャッシュの設定
CCW、チャンネルコマンドの単語
インストール時のストレージの考慮事項, IBM System Z の DASD および zFCP デバイス
changing dev_loss_tmo
ファイバーチャネル
リンク損失動作の変更, ファイバーチャネル
Channel Command word(CCW)
インストール時のストレージの考慮事項, IBM System Z の DASD および zFCP デバイス

D

debugfs(その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー)
ext4, その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
deployment
ソリッドステートディスク, ソリッドステートディスクデプロイメントのガイドライン
dev ディレクトリー, /dev/ ディレクトリー
device-mapper マルチパス, DM Multipath
dev_loss_tmo
ファイバーチャネル
リンク損失動作の変更, ファイバーチャネル
dev_loss_tmo, changing
ファイバーチャネル
リンク損失動作の変更, ファイバーチャネル
df, df コマンド
dhcp、設定
ディスクレスシステム, ディスクレスクライアントの DHCP の設定
DIF/DIX 対応ブロックデバイス
インストール時のストレージの考慮事項, DIF/DIX が有効になっているブロックデバイス
discovery
iSCSI, iSCSI 検出の設定
dm-multipath
iSCSI の設定, dm-multipathを使用した iSCSI 設定
dmraid
RAID, dmraid
dmraid(RAID セットの設定)
RAID, dmraid
du, du コマンド

E

e2fsck, Ext2 ファイルシステムに戻す
e2image(他の ext4 ファイルシステムユーティリティー)
ext4, その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
e2label
ext4, その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
e2label(別の ext4 ファイルシステムユーティリティー)
ext4, その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
enablind/disabling
書き込みバリア, Write Barriers の有効化および無効化
etc ディレクトリー, /etc/ ディレクトリー
expert mode (xfs_quota)
XFS, XFS クォータ管理
ext2
ext3 から復元中, Ext2 ファイルシステムに戻す
ext3
ext2 から変換, ext3 ファイルシステムへの変換
作成中, ext3 ファイルシステムの作成
機能, ext3 ファイルシステム
ext4
debugfs(その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー), その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
e2image(他の ext4 ファイルシステムユーティリティー), その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
e2label, その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
e2label(別の ext4 ファイルシステムユーティリティー), その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
fsync(), ext4 ファイルシステム
mkfs.ext4, ext4 ファイルシステムの作成
nobarrier マウントオプション, ext4 ファイルシステムのマウント
resize2fs(ext4 のサイズ変更), ext4 ファイルシステムのサイズ変更
stride(ストライプジオメトリーの指定), ext4 ファイルシステムの作成
Stripe-width(ストライプジオメトリオを指定), ext4 ファイルシステムの作成
tune2fs(マウント), ext4 ファイルシステムのマウント
その他のファイルシステムユーティリティー, その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
クォータ(その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー), その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー
サイズ変更, ext4 ファイルシステムのサイズ変更
ストライプジオメトリー, ext4 ファイルシステムの作成
ファイルシステムの種類, ext4 ファイルシステム
マウント, ext4 ファイルシステムのマウント
主な特長, ext4 ファイルシステム
作成中, ext4 ファイルシステムの作成
割り当て機能, ext4 ファイルシステム
書き込みバリア, ext4 ファイルシステムのマウント

F

FCoE
FCoE を使用するためにイーサネットインターフェースの設定, Fibre Channel over Ethernet インターフェースの設定
Fibre Channel over Ethernet, Fibre Channel over Ethernet インターフェースの設定
必要なパッケージ, Fibre Channel over Ethernet インターフェースの設定
FCoE を使用するためにイーサネットインターフェースの設定
FCoE, Fibre Channel over Ethernet インターフェースの設定
FHS, ファイルシステム階層標準(FHS)の概要, FHS 組織
(参照 ファイルシステム)
Fibre Channel over Ethernet
FCoE, Fibre Channel over Ethernet インターフェースの設定
findmnt (コマンド)
マウントの一覧表示, 現在マウントされているファイルシステムの一覧表示
FS-Cache
bcull(キャッシュカリング制限設定), キャッシュカリング制限の設定
brun(キャッシュカリング制限設定), キャッシュカリング制限の設定
bstop(キャッシュカリング制限設定), キャッシュカリング制限の設定
cachefiles, FS-Cache
cachefilesd, キャッシュの設定
NFS(キャッシュの制限), NFS のキャッシュ制限
NFS(使用), NFS でのキャッシュの使用
tune2fs(キャッシュの設定), キャッシュの設定
キャッシュの設定, キャッシュの設定
キャッシュカリング制限, キャッシュカリング制限の設定
キャッシュバックエンド, FS-Cache
キャッシュ共有, キャッシュ共有
パフォーマンスに関する保証, Performance Guarantee
一貫性データ, FS-Cache
統計情報(追跡中), 統計情報
鍵のインデックス作成, FS-Cache
fsync()
ext4, ext4 ファイルシステム
XFS, XFS ファイルシステム

H

Hardware RAID (参照 RAID)
Host
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API

I

I/O パラメーターのスタッキング
I/O 調整とサイズ, スタック I/O パラメーター
I/O パラメータースタッキング
I/O 調整とサイズ, スタック I/O パラメーター
I/O 調整とサイズ, ストレージ I/O アライメントとサイズ
ATA 標準, ATA
I/O パラメーターのスタッキング, スタック I/O パラメーター
Linux I/O スタック, ストレージ I/O アライメントとサイズ
logical_block_size, ユーザー空間アクセス
LVM, 論理ボリュームマネージャー
READ CAPACITY(16), SCSI
SCSI 標準, SCSI
sysfs インターフェース(ユーザー空間アクセス), sysfs インターフェース
ストレージアクセスパラメーター, ストレージアクセスのパラメーター
ツール(パーティション設定およびその他のファイルシステム機能用), パーティションおよびファイルシステムツール
ブロックデバイス ioctls(ユーザー空間のアクセス), ブロックデバイス ioctls
ユーザー空間アクセス, ユーザー空間アクセス
IBM System z 上の DASD デバイスおよび zFCP デバイス
インストール時のストレージの考慮事項, IBM System Z の DASD および zFCP デバイス
iface バインディング/バインドなし
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, ポータルへの近い場合のバインディング/バインド解除
iface 設定
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, 利用可能な iface 設定の表示
iface(iSCSI オフロードの設定)
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, iSCSI オフロード用 iface の設定
iSCSI
discovery, iSCSI 検出の設定
レコードタイプ, iSCSI 検出の設定
設定, iSCSI 検出の設定
オフロードとインターフェースバインディング, iSCSI オフロードおよびインターフェースバインディングの設定
ace の設定の場合は、, 利用可能な iface 設定の表示
iface 設定, 利用可能な iface 設定の表示
iface(iSCSI オフロードの設定), iSCSI オフロード用 iface の設定
イニシエーターの実装, 利用可能な iface 設定の表示
ソフトウェア iSCSI, ソフトウェア iSCSI の iface の設定
ソフトウェア iSCSI の場合, ソフトウェア iSCSI の iface の設定
ポータルへの近い場合のバインディング/バインド解除, ポータルへの近い場合のバインディング/バインド解除
利用可能な iface 設定の表示, 利用可能な iface 設定の表示
ソフトウェア iSCSI, ソフトウェア iSCSI の iface の設定
ターゲット, iSCSI ターゲットへのログイン
ログイン, iSCSI ターゲットへのログイン
相互スキャン, iSCSI 相互のスキャン
iSCSI API, iSCSI API
iSCSI の検出および設定
インストール時のストレージの考慮事項, iSCSI の検出および設定
iSCSI ルート
iSCSI の設定, iSCSI ルート
iSCSI 論理ユニット、サイズ変更, iSCSI 論理ユニットのサイズ変更
iSCSI 論理ユニットのサイズ変更, iSCSI 論理ユニットのサイズ変更

L

Lazy mount/unmount サポート(autofs バージョン 5)
NFS, autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
LDAP を使用した自動マウント機能マップの保存(autofs)
NFS, サイト設定ファイルの上書きまたはカスタマイズ
LDAP サポートの強化(autofs バージョン 5)
NFS, autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
Linux I/O スタック
I/O 調整とサイズ, ストレージ I/O アライメントとサイズ
logical_block_size
I/O 調整とサイズ, ユーザー空間アクセス
LUKS/dm-crypt、ブロックデバイスの使用
インストール時のストレージの考慮事項, LUKS を使用したブロックデバイスの暗号化
LUN(論理ユニット番号)
adding/removing, rescan-scsi-bus.sh での論理ユニットの追加または削除
rescan-scsi-bus.sh, rescan-scsi-bus.sh での論理ユニットの追加または削除
必要なパッケージ, rescan-scsi-bus.sh での論理ユニットの追加または削除
既知の問題, rescan-scsi-bus.sh の既知の問題
LVM
I/O 調整とサイズ, 論理ボリュームマネージャー

M

mdadm(RAID セットの構成)
RAID, mdadm
mdraid
RAID, mdraid
mkfs, パーティションのフォーマットとラベル付け
mkfs.ext4
ext4, ext4 ファイルシステムの作成
mkfs.xfs
XFS, XFS ファイルシステムの作成
mnt ディレクトリー, /mnt/ Directory
mount (コマンド), mount コマンドの使用
options, マウントオプションの指定
ファイルシステムのマウント, ファイルシステムのマウント
マウントの一覧表示, 現在マウントされているファイルシステムの一覧表示
マウントポイントの移動, マウントポイントの移動
共有サブツリー, マウントの共有
スレーブマウント, マウントの共有
バインド不可能なマウント, マウントの共有
プライベートマウント, マウントの共有
共有マウント, マウントの共有

N

NFS
/etc/fstab, /etc/fstabを使用した NFS ファイルシステムのマウント
/local/directory(クライアント設定、マウント), NFS クライアントの設定
/remote/export(クライアント設定、マウント), NFS クライアントの設定
autofs
LDAP, LDAP を使用した Automounter マップの保存
拡張, サイト設定ファイルの上書きまたはカスタマイズ
設定, autofs の設定
autofs バージョン 5, autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
autofs マウントポイントごとの複数のマスターマップエントリー(autofs バージョン 5), autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
condrestart, NFS サーバーの起動と停止
FS-Cache, NFS でのキャッシュの使用
Lazy mount/unmount サポート(autofs バージョン 5), autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
LDAP を使用した自動マウント機能マップの保存(autofs), サイト設定ファイルの上書きまたはカスタマイズ
LDAP サポートの強化(autofs バージョン 5), autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
NFS および rpcbind のトラブルシューティング, NFS および rpcbindのトラブルシューティング
RDMA, NFS over RDMA の有効化(NFSoRDMA)
rfc2307bis(autofs), LDAP を使用した Automounter マップの保存
rpcbind, NFS および rpcbind
Security, NFS のセキュア化
NFSv3 ホストアクセス, AUTH_SYS とエクスポート制御による NFS セキュリティー
NFSv4 ホストアクセス, AUTH_GSSを使用したNFS セキュリティー
ファイル権限, ファイル権限
TCP, NFS の概要
UDP, NFS の概要
ご紹介, ネットワークファイルシステム(NFS)
どのように機能するか。, NFS の概要
オプション(クライアント設定、マウント), NFS クライアントの設定
クライアント
autofs, autofs
マウントオプション, 一般的な NFS マウントオプション
設定, NFS クライアントの設定
サイト設定ファイルの上書き/クラッシュ(autofs), autofs の設定
サーバー設定, NFS サーバーの設定
/etc/exports, /etc/exports 設定ファイル
exportfs command, exportfs コマンド
NFSv4 で exportfs コマンド, NFSv4 での exportfs の使用
サーバー(クライアント設定、マウント), NFS クライアントの設定
ステータス, NFS サーバーの起動と停止
ダイレクトマップのサポート(autofs バージョン 5), autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
ファイアウォールを使用した設定, ファイアウォール環境で NFS の実行
ホスト名の形式, ホスト名の形式
マウント(クライアント設定), NFS クライアントの設定
リロード中, NFS サーバーの起動と停止
停止中, NFS サーバーの起動と停止
再起動中, NFS サーバーの起動と停止
必要なサービス, 必要なサービス
書き込みバリア, NFS
起動中, NFS サーバーの起動と停止
追加リソース, NFS に関する参考資料
インストールされているドキュメント, インストールされているドキュメント
便利な Web サイト, 便利な Web サイト
関連ドキュメント, 関連するボイト
適切な nsswitch 設定(autofs バージョン 5)、, autofs バージョン 5 over バージョン 4 の改良
NFS および rpcbind のトラブルシューティング
NFS, NFS および rpcbindのトラブルシューティング
NFS でのキャッシュの制限
FS-Cache, NFS のキャッシュ制限
NFS(キャッシュの制限)
FS-Cache, NFS のキャッシュ制限
NFS(使用)
FS-Cache, NFS でのキャッシュの使用
nobarrier マウントオプション
ext4, ext4 ファイルシステムのマウント
XFS, Write Barriers
NOP-Out 要求
リンク損失の変更
iSCSI の設定, NOP-Out Interval/Timeout
NOP-Outs の無効化
iSCSI の設定, iSCSI ルート
NOP-Outs(disabling)
iSCSI の設定, iSCSI ルート

O

opt ディレクトリー, /opt/ ディレクトリー

P

parted, パーティション
コマンドの表, パーティション
デバイスの選択, パーティションテーブルの表示
パーティションのサイズ変更, fdisk を使用したパーティションのサイズ変更
パーティションを作成する, パーティションの作成
パーティションを削除する, パーティションの削除
パーティションテーブルの表示, パーティションテーブルの表示
概要, パーティション
pNFS
並列 NFS, pNFS
pquota/pqnoenforce
XFS, XFS クォータ管理
proc directory, /proc/ ディレクトリー

Q

queue_if_no_path
iSCSI の設定, dm-multipathを使用した iSCSI 設定
リンク損失の変更
iSCSI の設定, replacement_timeout
quotacheck, クォータデータベースファイルの作成
quotacheck コマンド
クォータの精度の確認, クォータの調整の維持
quotaoff, 有効化および無効化
quotaon, 有効化および無効化

R

RAID
Anaconda への対応, Anaconda インストーラーにおける RAID サポート
dmraid, dmraid
dmraid(RAID セットの設定), dmraid
Hardware RAID, RAID タイプ
mdadm(RAID セットの構成), mdadm
mdraid, mdraid
RAID のサブシステム, Linux RAID サブシステム
RAID セットの構成, RAID セットの設定
インストーラーサポート, Anaconda インストーラーにおける RAID サポート
ストライピング, RAID レベルとリニアサポート
ソフトウェア RAID, RAID タイプ
ハードウェア RAID コントローラードライバー, Linux ハードウェア RAID のコントローラードライバー
パリティー, RAID レベルとリニアサポート
ミラーリング, RAID レベルとリニアサポート
リニア RAID, RAID レベルとリニアサポート
レベル, RAID レベルとリニアサポート
レベル 0, RAID レベルとリニアサポート
レベル 1, RAID レベルとリニアサポート
レベル 4, RAID レベルとリニアサポート
レベル 5, RAID レベルとリニアサポート
使用する理由, RAID(Redundant Array of Independent Disks)
高度な RAID デバイスの作成, 高度な RAID デバイスの作成
RAID のサブシステム
RAID, Linux RAID サブシステム
RAID セットの構成
RAID, RAID セットの設定
RDMA
NFS, NFS over RDMA の有効化(NFSoRDMA)
READ CAPACITY(16)
I/O 調整とサイズ, SCSI
Red Hat Enterprise Linux 固有のファイルの場所
/etc/sysconfig/, 特別な Red Hat Enterprise Linux ファイルの場所
(参照 sysconfig directory)
/var/cache/yum, 特別な Red Hat Enterprise Linux ファイルの場所
/var/lib/rpm/, 特別な Red Hat Enterprise Linux ファイルの場所
replacement_timeout
リンク損失の変更
iSCSI の設定, SCSI エラーハンドラー, replacement_timeout
replacement_timeoutM
iSCSI の設定, iSCSI ルート
report (xfs_quota expert mode)
XFS, XFS クォータ管理
rescan-scsi-bus.sh
adding/removing
LUN(論理ユニット番号), rescan-scsi-bus.sh での論理ユニットの追加または削除
resize2fs, Ext2 ファイルシステムに戻す
resize2fs(ext4 のサイズ変更)
ext4, ext4 ファイルシステムのサイズ変更
rfc2307bis(autofs)
NFS, LDAP を使用した Automounter マップの保存
rpcbind, NFS および rpcbind
(参照 NFS)
NFS, NFS および rpcbindのトラブルシューティング
rpcinfo, NFS および rpcbindのトラブルシューティング
ステータス, NFS サーバーの起動と停止
rpcinfo, NFS および rpcbindのトラブルシューティング

S

SCSI エラーハンドラー
リンク損失の変更
iSCSI の設定, SCSI エラーハンドラー
SCSI コマンドのタイマーおよびデバイスの状態の制御
Linux SCSI レイヤー, SCSI コマンドタイマーとデバイスの状態の制御
SCSI コマンドタイマー
Linux SCSI レイヤー, コマンドタイマー
SCSI 標準
I/O 調整とサイズ, SCSI
Simple モード(xfsrestore)
XFS, 復元
SMB (参照 SMB)
SRV ディレクトリー, /srv/ ディレクトリー
SSD
ソリッドステートディスク, ソリッドステートディスクデプロイメントのガイドライン
SSM
System Storage Manager, System Storage Manager(SSM)
list command, 検出されたすべてのデバイスに関する情報の表示
snapshot コマンド, スナップショット
インストール, SSM のインストール
コマンドのサイズ, ボリュームのサイズの増加
バックエンド, SSM バックエンド
stride(ストライプジオメトリーの指定)
ext4, ext4 ファイルシステムの作成
Stripe-width(ストライプジオメトリオを指定)
ext4, ext4 ファイルシステムの作成
su(mkfs.xfs サブオプション)
XFS, XFS ファイルシステムの作成
sw(mkfs.xfs サブオプション)
XFS, XFS ファイルシステムの作成
sys ディレクトリー, /sys/ ディレクトリー
sysconfig directory, 特別な Red Hat Enterprise Linux ファイルの場所
sysfs
概要
オンラインストレージ, オンラインストレージ管理
sysfs インターフェース(ユーザー空間アクセス)
I/O 調整とサイズ, sysfs インターフェース
System Storage Manager
SSM, System Storage Manager(SSM)
list command, 検出されたすべてのデバイスに関する情報の表示
snapshot コマンド, スナップショット
インストール, SSM のインストール
コマンドのサイズ, ボリュームのサイズの増加
バックエンド, SSM バックエンド

T

TFTP サービスの設定
ディスクレスシステム, ディスクレスクライアントの tftp サービスの設定
transport
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API
TRIM コマンド
ソリッドステートディスク, ソリッドステートディスクデプロイメントのガイドライン
tune2fs
ext2 に戻す, Ext2 ファイルシステムに戻す
ext3 への変換, ext3 ファイルシステムへの変換
tune2fs(キャッシュの設定)
FS-Cache, キャッシュの設定
tune2fs(マウント)
ext4, ext4 ファイルシステムのマウント

U

udev ルール(timeout)
コマンドタイマー(SCSI), コマンドタイマー
umount, ファイルシステムのアンマウント
uquota/uqnoenforce
XFS, XFS クォータ管理
usr ディレクトリー, /usr/ ディレクトリー

W

World Wide Identifier(WWID)
永続的な命名, World Wide Identifier(WWID)
WWID
永続的な命名, World Wide Identifier(WWID)

X

XFS
expert mode (xfs_quota), XFS クォータ管理
fsync(), XFS ファイルシステム
gquota/gqnoenforce, XFS クォータ管理
mkfs.xfs, XFS ファイルシステムの作成
nobarrier マウントオプション, Write Barriers
pquota/pqnoenforce, XFS クォータ管理
report (xfs_quota expert mode), XFS クォータ管理
Simple モード(xfsrestore), 復元
su(mkfs.xfs サブオプション), XFS ファイルシステムの作成
sw(mkfs.xfs サブオプション), XFS ファイルシステムの作成
uquota/uqnoenforce, XFS クォータ管理
xfsdump, バックアップ
xfsprogs, XFS ファイルシステムの一時停止
xfsrestore, 復元
xfs_admin, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_bmap, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_copy, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_db, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_freeze, XFS ファイルシステムの一時停止
xfs_fsr, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_growfs, XFS ファイルシステムのサイズの拡大
xfs_info, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_mdrestore, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_metadump, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_quota, XFS クォータ管理
xfs_repair, XFS ファイルシステムの修復
インタラクティブ操作(xfsrestore), 復元
クォータ管理, XFS クォータ管理
ダンプレベル, バックアップ
ダーティーログのある XFS ファイルシステムの修復, XFS ファイルシステムの修復
バックアップ/復元, XFS ファイルシステムのバックアップおよび復元
ファイルシステムの修復, XFS ファイルシステムの修復
ファイルシステムの種類, XFS ファイルシステム
ファイルシステムサイズの増加, XFS ファイルシステムのサイズの拡大
プロジェクトの制限(設定), プロジェクトの制限の設定
マウント, XFS ファイルシステムのマウント
一時停止中, XFS ファイルシステムの一時停止
主な特長, XFS ファイルシステム
作成中, XFS ファイルシステムの作成
制限(xfs_quota エキスパートモード), XFS クォータ管理
割り当て機能, XFS ファイルシステム
書き込みバリア, Write Barriers
累積モード(xfsrestore), 復元
xfsdump
XFS, バックアップ
xfsprogs
XFS, XFS ファイルシステムの一時停止
xfsrestore
XFS, 復元
xfs_admin
XFS, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_bmap
XFS, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_copy
XFS, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_db
XFS, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_freeze
XFS, XFS ファイルシステムの一時停止
xfs_fsr
XFS, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_growfs
XFS, XFS ファイルシステムのサイズの拡大
xfs_info
XFS, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_mdrestore
XFS, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_metadump
XFS, その他の XFS ファイルシステムユーティリティー
xfs_quota
XFS, XFS クォータ管理
xfs_repair
XFS, XFS ファイルシステムの修復

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。