索引

シンボル

/boot/ ディレクトリー, /boot/ ディレクトリー
/dev/shm, ファイルシステム情報の収集
/etc/fstab, Ext3 ファイルシステムへの変換, /etc/fstab を使用した NFS ファイルシステムのマウント, ファイルシステムのマウント
/etc/fstab ファイル
ディスククォータを有効化, クォータの有効化
/local/directory (クライアントの設定、マウント)
NFS, NFS クライアントの設定
/proc
/proc/devices, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/filesystems, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mdstat, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts/, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/partitions, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/devices
仮想ファイルシステム (/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/proc/filesystems
仮想ファイルシステム (/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mdstat
仮想ファイルシステム (/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts
仮想ファイルシステム (/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts/
仮想ファイルシステム (/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/proc/partitions
仮想ファイルシステム (/proc), /proc 仮想ファイルシステム
/remote/export (クライアントの設定、マウント)
NFS, NFS クライアントの設定
1 ユーザー
volume_key, volume_key の個人ユーザーとしての使用
はじめに, 概要
アンマウント, ファイルシステムのアンマウント
イニシエーターの実装
オフロードとインターフェースのバインディング
iSCSI, 利用可能な iface 設定の表示
インストーラーのサポート
RAID, インストーラーでの RAID サポート
インストール時のストレージ設定
channel command word (CCW), IBM System Z における DASD デバイスと zFCP デバイス
DASD デバイスと zFCP デバイス - IBM System z, IBM System Z における DASD デバイスと zFCP デバイス
DIF/DIX を有効化にしているブロックデバイス, DIF/DIX を有効にしているブロックデバイス
iSCSI の検出と設定, iSCSI の検出と設定
LUKS/dm-crypt、ブロックデバイスの暗号化, LUKS を使用してブロックデバイスを暗号化する
別々のパーティションを用意する (/home、 /opt、 /usr/local), /home、 /opt、 /usr/local には別々のパーティションを用意する
古い BIOS RAID メタデータ, 古い BIOS RAID メタデータ
更新, ストレージをインストールする際の注意点
最新情報, ストレージをインストールする際の注意点
インタラクティブな操作 (xfsrestore)
XFS, インタラクティブな操作
インデックスキー
FS-Cache, FS-Cache
エキスパートモード (xfs_quota)
XFS, XFS クォータの管理
エクスポートしたファイルシステム
ディスクレスのシステム, ディスクレスクライアントのエクスポートしたファイルシステムの設定
エラーメッセージ
書き込みバリア, 書き込みバリアの有効化および無効化
オフラインの状態
Linux SCSI レイヤー, SCSI コマンドタイマーとデバイス状態の制御
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, iSCSI オフロードとインターフェースバインディングの設定
オプション (クライアントの設定、マウント)
NFS, NFS クライアントの設定
オンラインストレージ
トラブルシューティング, オンラインストレージ設定のトラブルシューティング
ファイバーチャネル, ファイバーチャネル
概要, オンラインストレージ管理
sysfs, オンラインストレージ管理
オンライン論理ユニット
read/write ステータスの変更, オンライン論理ユニットの Read/Write ステータスの変更
キャッシュの共有
FS-Cache, キャッシュの共有
キャッシュの設定
FS-Cache, キャッシュの設定
キャッシュの間引き制限
FS-Cache, キャッシュの間引き制限 (Cache Cull) の設定
キャッシュを設定する
FS-Cache, キャッシュの設定
キャッシュバックエンド
FS-Cache, FS-Cache
クォータの管理
XFS, XFS クォータの管理
コヒーレンスデータ
FS-Cache, FS-Cache
コマンド
volume_key, volume_key コマンド
コマンドタイマー (SCSI)
Linux SCSI レイヤー, コマンドタイマー
サイズ変更
ext4, ext4 ファイルシステムのサイズ変更
サイズ変更済みの論理ユニット、サイズ変更, オンライン論理ユニットのサイズ変更
サイズ変更済みの論理ユニットのサイズを変更する, オンライン論理ユニットのサイズ変更
サイト設定ファイルの無効化と拡大 (autofs)
NFS, autofs の設定
サーバー (クライアントの設定、マウント)
NFS, NFS クライアントの設定
システム情報
ファイルシステム, ファイルシステム情報の収集
/dev/shm, ファイルシステム情報の収集
シンプルモード (xfsrestore)
XFS, xfsrestore のシンプルモード
ストライピング
RAID, RAID レベルとリニアサポート
RAID の基本, RAID (Redundant Array of Independent Disks)
ストライプ配列
ext4, ext4 ファイルシステムの作成
ストレージの相互接続、スキャン, ストレージの相互接続のスキャン
ストレージの相互接続をスキャンする, ストレージの相互接続のスキャン
ストレージをインストールする際の注意点
CCW (channel command word), IBM System Z における DASD デバイスと zFCP デバイス
DASD デバイスと zFCP デバイス - IBM System z, IBM System Z における DASD デバイスと zFCP デバイス
DIF/DIX を有効にしているブロックデバイス, DIF/DIX を有効にしているブロックデバイス
iSCSI の検出と設定, iSCSI の検出と設定
LUKS/dm-crypt、ブロックデバイスの暗号化, LUKS を使用してブロックデバイスを暗号化する
別々のパーティションを用意する (/home、 /opt、 /usr/local), /home、 /opt、 /usr/local には別々のパーティションを用意する
古い BIOS RAID メタデータ, 古い BIOS RAID メタデータ
更新, ストレージをインストールする際の注意点
最新情報, ストレージをインストールする際の注意点
ストレージアクセスのパラメーター
I/O の調整とサイズ, ストレージアクセス用のパラメーター
ストレージアクセス用のパラメーター
I/O の調整とサイズ, ストレージアクセス用のパラメーター
ストレージデバイスにパスを追加, ストレージデバイスまたはパスの追加
ストレージデバイスへのパス、削除, ストレージデバイスへのパスの削除
ストレージデバイスへのパス、追加, ストレージデバイスまたはパスの追加
ストレージデバイスへのパスを削除する, ストレージデバイスへのパスの削除
スループットクラス
ソリッドステートディスク, ソリッドステートディスクの導入ガイドライン
スレーブマウント, マウントポイントの共有
ソフトウェア iSCSI
iSCSI, ソフトウェア iSCSI 用 iface の設定
オフロードおよびインターフェースのバインディング
iSCSI, ソフトウェア iSCSI 用 iface の設定
ソフトウェア iSCSI 用 iface
オフロードおよびインターフェースのバインディング
iSCSI, ソフトウェア iSCSI 用 iface の設定
ソフトウェア RAID (参照 RAID)
ソリッドステートディスク
SSD, ソリッドステートディスクの導入ガイドライン
TRIM コマンド, ソリッドステートディスクの導入ガイドライン
スループットクラス, ソリッドステートディスクの導入ガイドライン
デプロイメント, ソリッドステートディスクの導入ガイドライン
導入ガイドライン, ソリッドステートディスクの導入ガイドライン
ターゲット
iSCSI, iSCSI ターゲットへのログイン
ダンプのレベル
XFS, XFS ファイルシステムのバックアップと復元
ダーティーログ (XFS ファイルシステムの修復)
XFS, XFS ファイルシステムの修復
ダーティーログを持つ XFS ファイルシステムの修復
XFS, XFS ファイルシステムの修復
ツール (パーティション設定および他のファイルシステムの機能用)
I/O の調整とサイズ, パーティションとファイルシステムのツール
ディスククォータ, ディスク割り当て
その他のリソース, ディスククオータのリファレンス
の管理, ディスククォータの管理
レポート, ディスククォータに関するレポート
グループごとの割り当て, グループごとのクォータ割り当て
ソフトリミット, ユーザーごとのクォータ割り当て
ハードリミット, ユーザーごとのクォータ割り当て
ファイルシステムごとの割り当て, ソフトリミットの猶予期間の設定
ユーザーごとの割り当て, ユーザーごとのクォータ割り当て
有効化, ディスククォータの設定, 有効化と無効化
/etc/fstab の修正, クォータの有効化
quotacheck の実行, クォータデータベースファイルの作成
クォータファイルの作成, クォータデータベースファイルの作成
無効化, 有効化と無効化
猶予期間, ユーザーごとのクォータ割り当て
ディスククオータ
の管理
quotacheck コマンドを使用したチェック, 正確なクオータの維持
ディスクストレージ (参照 ディスククォータ)
parted (参照 parted)
ディスクレスのシステム
DHCP、設定, ディスクレスクライアントの DHCP の設定
tftp サービス、設定, ディスクレスクライアントの tftp サービスの設定
エクスポートしたファイルシステム, ディスクレスクライアントのエクスポートしたファイルシステムの設定
ネットワーク起動サービス, リモートディスクレスシステムの設定
リモートディスクレスシステム, リモートディスクレスシステムの設定
必要なパッケージ, リモートディスクレスシステムの設定
ディスクレスクライアントの DHCP を設定する
ディスクレスのシステム, ディスクレスクライアントの DHCP の設定
ディスクレスクライアントの tftp サービスを設定する
ディスクレスのシステム, ディスクレスクライアントの tftp サービスの設定
ディレクトリー
/boot/, /boot/ ディレクトリー
/dev/, /dev/ ディレクトリー
/etc/, /etc/ ディレクトリー
/mnt/, /mnt/ ディレクトリー
/opt/, /opt/ ディレクトリー
/proc/, /proc/ ディレクトリー
/srv/, /srv/ ディレクトリー
/sys/, /sys/ ディレクトリー
/usr/, /usr/ ディレクトリー
/var/, /var/ ディレクトリー
デバイス、削除, ストレージデバイスの削除
デバイスがブロックされているか確認する
ファイバーチャネル
リンク切れの動作を修正する, ファイバーチャネル
デバイスの削除, ストレージデバイスの削除
デバイスの状態
Linux SCSI レイヤー, デバイスの状態
デプロイメント
ソリッドステートディスク, ソリッドステートディスクの導入ガイドライン
トラブルシューティング
オンラインストレージ, オンラインストレージ設定のトラブルシューティング
トランスポート
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API
ドライバー (ネイティブ)、ファイバーチャネル, ネイティブファイバーチャネルのドライバーと機能
ネイティブファイバーチャネルドライバー, ネイティブファイバーチャネルのドライバーと機能
ネットワークファイルシステム (参照 NFS)
ネットワーク起動サービス
ディスクレスのシステム, リモートディスクレスシステムの設定
ハイエンドのアレイ
書き込みバリア, ハイエンドのアレイ
ハードウェア RAID (参照 RAID)
ハードウェア RAID のコントローラードライバー
RAID, Linux ハードウェア RAID のコントローラードライバー
バインド不可能なマウント, マウントポイントの共有
バックアップと復元
XFS, XFS ファイルシステムのバックアップと復元
バックアップの復元
XFS, XFS ファイルシステムのバックアップと復元
バッテリー駆動の書き込みキャッシュ
書き込みバリア, バッテリー駆動の書き込みキャッシュ
パリティー
RAID, RAID レベルとリニアサポート
パーティション
サイズ変更, fdisk を使用したパーティションのサイズ変更
フォーマット
mkfs , パーティションのフォーマットとラベル付け
一覧の表示, パーティションテーブルの表示
作成, パーティションの作成
mkpart , パーティションの作成
削除, パーティションの削除
パーティションテーブル
表示, パーティションテーブルの表示
ファイバーチャネル
オンラインストレージ, ファイバーチャネル
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API
ファイバーチャネルオーバーイーサネット
FCoE, ファイバーチャネルオーバーイーサネットインターフェースの設定
ファイバーチャネルドライバー (ネイティブ), ネイティブファイバーチャネルのドライバーと機能
ファイルシステム, ファイルシステム情報の収集
Btrfs, Btrfs (テクノロジープレビュー)
ext2 (参照 ext2)
ext3 (参照 ext3)
FHS 標準, FHS の組織
構造, ファイルシステムの構造およびメンテナンス
組織, FHS の組織
階層, ファイルシステム階層標準 (FHS) の概要
ファイルシステムのその他のユーティリティー
ext4, ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
ファイルシステムのサイズの拡大
XFS, XFS ファイルシステムのサイズの拡大
ファイルシステムのタイプ
ext4, Ext4 ファイルシステム
GFS2, Global File System 2
ファイルシステムの修復
XFS, XFS ファイルシステムの修復
ファイルシステムタイプ
XFS, XFS ファイルシステム
ブロックされたデバイス、確認
ファイバーチャネル
リンク切れの動作を修正する, ファイバーチャネル
ブロックデバイス ioctls (ユーザー領域のアクセス)
I/O の調整とサイズ, ブロックデバイス ioctls
プライベートマウント, マウントポイントの共有
プロジェクト制限 (の設定)
XFS, プロジェクト制限の設定
ホスト
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API
ポートの状態 (リモート)、判別
ファイバーチャネル
リンク切れの動作を修正する, ファイバーチャネル
マウント
XFS, XFS ファイルシステムのマウント
マウント (クライアントの設定)
NFS, NFS クライアントの設定
マウントする, ファイルシステムのマウント
ext4, ext4 ファイルシステムのマウント
マウントポイントを移動する, マウントポイントの移動
ミラーリング
RAID, RAID レベルとリニアサポート
ユーザースペース API ファイル
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API
ユーザー領域のアクセス
I/O の調整とサイズ, ユーザー領域のアクセス
リニア RAID
RAID, RAID レベルとリニアサポート
リモートディスクレスシステム
ディスクレスのシステム, リモートディスクレスシステムの設定
リモートポート
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API
リモートポートの状態、判別
ファイバーチャネル
リンク切れの動作を修正する, ファイバーチャネル
リモートポートの状態を判別する
ファイバーチャネル
リンク切れの動作を修正する, ファイバーチャネル
リンク切れの動作を修正する, リンク切れ動作の修正
ファイバーチャネル, ファイバーチャネル
レベル
RAID, RAID レベルとリニアサポート
ログインする
iSCSI ターゲット, iSCSI ターゲットへのログイン
一時停止
XFS, XFS ファイルシステムの一時停止
主な特長
ext4, Ext4 ファイルシステム
XFS, XFS ファイルシステム
仮想ストレージ, 仮想ストレージ
仮想ファイルシステム (/proc)
/proc/devices, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/filesystems, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mdstat, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/mounts/, /proc 仮想ファイルシステム
/proc/partitions, /proc 仮想ファイルシステム
作成
ext4, ext4 ファイルシステムの作成
XFS, XFS ファイルシステムの作成
入出力パラメータのスタック
I/O の調整とサイズ, 入出力パラメーターのスタック
共有サブツリー, マウントポイントの共有
スレーブマウント, マウントポイントの共有
バインド不可能なマウント, マウントポイントの共有
プライベートマウント, マウントポイントの共有
共有マウント, マウントポイントの共有
共有マウント, マウントポイントの共有
別々のパーティションを用意する (/home、 /opt、 /usr/local)
ストレージをインストールする際の注意点, /home、 /opt、 /usr/local には別々のパーティションを用意する
利用可能な iface の設定を表示する
オフロードとインターフェースのバインディング
iSCSI, 利用可能な iface 設定の表示
割り当て機能
ext4, Ext4 ファイルシステム
XFS, XFS ファイルシステム
古い BIOS RAID メタデータ
ストレージをインストールする際の注意点, 古い BIOS RAID メタデータ
実行中のセッション、その情報の取り込み
iSCSI API, iSCSI API
実行中の状態
Linux SCSI レイヤー, SCSI コマンドタイマーとデバイス状態の制御
導入ガイドライン
ソリッドステートディスク, ソリッドステートディスクの導入ガイドライン
必要なパッケージ
FCoE, ファイバーチャネルオーバーイーサネットインターフェースの設定
ディスクレスのシステム, リモートディスクレスシステムの設定
追加と削除
LUN (論理ユニット番号), rescan-scsi-bus.sh による論理ユニットの追加と削除
性能に関する保証
FS-Cache, 性能に関する保証
既知の問題
追加と削除
LUN (論理ユニット番号), rescan-scsi-bus.sh に関する既知の問題
更新
ストレージをインストールする際の注意点, ストレージをインストールする際の注意点
書き込みのバリア
XFS, 書き込みバリア
書き込みキャッシュ、無効にする
書き込みバリア, 書き込みキャッシュの無効化
書き込みキャッシュを無効にする
書き込みバリア, 書き込みキャッシュの無効化
書き込みバリア
ext4, ext4 ファイルシステムのマウント
NFS, NFS
エラーメッセージ, 書き込みバリアの有効化および無効化
ハイエンドのアレイ, ハイエンドのアレイ
バッテリー駆動の書き込みキャッシュ, バッテリー駆動の書き込みキャッシュ
定義, 書き込みバリア
書き込みキャッシュを無効にする, 書き込みキャッシュの無効化
書き込みバリの動作, 書き込みバリアの動作
書き込みバリアの重要性, 書き込みバリアの重要性
有効または無効にする, 書き込みバリアの有効化および無効化
書き込みバリアの動作
書き込みバリア, 書き込みバリアの動作
書き込みバリアの重要性
書き込みバリア, 書き込みバリアの重要性
最大サイズ
GFS2, Global File System 2
最大サイズ、 GFS2 ファイルシステム, Global File System 2
最新情報
ストレージをインストールする際の注意点, ストレージをインストールする際の注意点
有効または無効にする
書き込みバリア, 書き込みバリアの有効化および無効化
検出
iSCSI, iSCSI 検出の設定
概要, 概要
オンラインストレージ, オンラインストレージ管理
永続的な命名, 永続的な命名
特定セッションのタイムアウト、設定
iSCSI 設定, 特定セッションのタイムアウトの設定
相互接続 (スキャンする)
iSCSI, iSCSI 相互接続のスキャン
相互接続をスキャンする
iSCSI, iSCSI 相互接続のスキャン
累積モード (xfsrestore)
XFS, xfsrestore の累積モード
統計情報 (追跡)
FS-Cache, 統計情報
統計情報を追跡する
FS-Cache, 統計情報
自動マウント機能のマップを格納、 格納に LDAP を使用 (autofs)
NFS, サイトの設定ファイルの無効化/拡大
記録の種類
検出
iSCSI, iSCSI 検出の設定
設定
検出
iSCSI, iSCSI 検出の設定
追加と削除
LUN (論理ユニット番号), rescan-scsi-bus.sh による論理ユニットの追加と削除
階層、ファイルシステム, ファイルシステム階層標準 (FHS) の概要
高度な RAID デバイス作成法
RAID, 高度な RAID デバイスの作成

A

Anaconda サポート
RAID, インストーラーでの RAID サポート
API、iSCSI, iSCSI API
API、ファイバーチャネル, ファイバーチャネル API
ATA 標準
I/O の調整とサイズ, ATA
autofs , autofs, autofs の設定
(参照 NFS)
autofs バージョン 5
NFS, autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)

B

bcull (キャッシュ間引き制限の設定)
FS-Cache, キャッシュの間引き制限 (Cache Cull) の設定
brun (キャッシュ間引き制限の設定)
FS-Cache, キャッシュの間引き制限 (Cache Cull) の設定
bstop (キャッシュ間引き制限の設定)
FS-Cache, キャッシュの間引き制限 (Cache Cull) の設定
Btrfs
ファイルシステム, Btrfs (テクノロジープレビュー)

C

cachefiles
FS-Cache, FS-Cache
cachefilesd
FS-Cache, キャッシュの設定
CCW、 channel command word
ストレージをインストールする際の注意点, IBM System Z における DASD デバイスと zFCP デバイス
channel command word (CCW)
ストレージをインストールする際の注意点, IBM System Z における DASD デバイスと zFCP デバイス

D

DASD デバイスと zFCP デバイス - IBM System z
ストレージをインストールする際の注意点, IBM System Z における DASD デバイスと zFCP デバイス
debugfs (ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー)
ext4, ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
dev ディレクトリー, /dev/ ディレクトリー
device-mapper マルチパス機能, DM-Multipath
dev_loss_tmo
ファイバーチャネル
リンク切れの動作を修正する, ファイバーチャネル
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API
dev_loss_tmo を変更する
ファイバーチャネル
リンク切れの動作を修正する, ファイバーチャネル
dev_loss_tmo、変更
ファイバーチャネル
リンク切れの動作を修正する, ファイバーチャネル
df, ファイルシステム情報の収集
DHCP、設定
ディスクレスのシステム, ディスクレスクライアントの DHCP の設定
DIF/DIX を有効にしているブロックデバイス
ストレージをインストールする際の注意点, DIF/DIX を有効にしているブロックデバイス
direct map support (autofs version 5)
NFS, autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)
dm-multipath
iSCSI 設定, dm-multipath を実装している iSCSI の設定
dmraid
RAID, dmraid
dmraid (RAID セットを設定する)
RAID, dmraid
du, ファイルシステム情報の収集

E

e2fsck, Ext2 ファイルシステムに戻す
e2image (ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー)
ext4, ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
e2label
ext4, ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
e2label (ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー)
ext4, ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
enhanced LDAP support (autofs version 5)
NFS, autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)
etc ディレクトリー, /etc/ ディレクトリー
ext2
ext3 から戻す, Ext2 ファイルシステムに戻す
ext3
ext2 から変換, Ext3 ファイルシステムへの変換
作成, Ext3 ファイルシステムの作成
特徴, Ext3 ファイルシステム
ext4
debugfs (ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー), ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
e2image (ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー), ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
e2label, ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
e2label (ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー), ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
fsync(), Ext4 ファイルシステム
mkfs.ext4, ext4 ファイルシステムの作成
nobarrier マウントオプション, ext4 ファイルシステムのマウント
quota (ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー), ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
resize2fs (ext4 のサイズ変更), ext4 ファイルシステムのサイズ変更
stride (ストライプ配列を指定), ext4 ファイルシステムの作成
stripe-width (ストライプ配列を指定), ext4 ファイルシステムの作成
tune2fs (マウントする), ext4 ファイルシステムのマウント
サイズ変更, ext4 ファイルシステムのサイズ変更
ストライプ配列, ext4 ファイルシステムの作成
ファイルシステムのその他のユーティリティー, ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
ファイルシステムのタイプ, Ext4 ファイルシステム
マウントする, ext4 ファイルシステムのマウント
主な特長, Ext4 ファイルシステム
作成, ext4 ファイルシステムの作成
割り当て機能, Ext4 ファイルシステム
書き込みバリア, ext4 ファイルシステムのマウント

F

fast_io_fail_tmo
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API
FCoE
FCoE を使用するためにイーサネットインターフェースを設定, ファイバーチャネルオーバーイーサネットインターフェースの設定
ファイバーチャネルオーバーイーサネット, ファイバーチャネルオーバーイーサネットインターフェースの設定
必要なパッケージ, ファイバーチャネルオーバーイーサネットインターフェースの設定
FCoE を使用するためにイーサネットインターフェースを設定
FCoE, ファイバーチャネルオーバーイーサネットインターフェースの設定
FHS, ファイルシステム階層標準 (FHS) の概要, FHS の組織
(参照 ファイルシステム)
findmnt (コマンド)
マウントのリスト, 現在マウントされているファイルシステムの一覧表示
FS-Cache
bcull (キャッシュ間引き制限の設定), キャッシュの間引き制限 (Cache Cull) の設定
brun (キャッシュ間引き制限の設定), キャッシュの間引き制限 (Cache Cull) の設定
bstop (キャッシュ間引き制限の設定), キャッシュの間引き制限 (Cache Cull) の設定
cachefiles, FS-Cache
cachefilesd, キャッシュの設定
NFS (で使用する), NFS でのキャッシュの使用
NFS (キャッシュの制限), NFS でのキャッシュの制限
tune2fs (キャッシュを設定する), キャッシュの設定
インデックスキー, FS-Cache
キャッシュの共有, キャッシュの共有
キャッシュの間引き制限, キャッシュの間引き制限 (Cache Cull) の設定
キャッシュを設定する, キャッシュの設定
キャッシュバックエンド, FS-Cache
コヒーレンスデータ, FS-Cache
性能に関する保証, 性能に関する保証
統計情報 (追跡), 統計情報
fsync()
ext4, Ext4 ファイルシステム
XFS, XFS ファイルシステム

G

GFS2
gfs2.ko, Global File System 2
ファイルシステムのタイプ, Global File System 2
最大サイズ, Global File System 2
GFS2 ファイルシステムの最大サイズ, Global File System 2
gfs2.ko
GFS2, Global File System 2
Global File System 2
gfs2.ko, Global File System 2
ファイルシステムのタイプ, Global File System 2
最大サイズ, Global File System 2
gquota/gqnoenforce
XFS, XFS クォータの管理

I

I/O の調整とサイズ, ストレージの I/O 調整とサイズ
ATA 標準, ATA
Linux I/O スタック, ストレージの I/O 調整とサイズ
logical_block_size, ユーザー領域のアクセス
LVM, 論理ボリュームマネージャー
READ CAPACITY(16), SCSI
SCSI 標準, SCSI
sysfs インターフェース (ユーザー領域のアクセス), sysfs インターフェース
ストレージアクセスのパラメーター, ストレージアクセス用のパラメーター
ツール (パーティション設定および他のファイルシステムの機能用), パーティションとファイルシステムのツール
ブロックデバイス ioctls (ユーザー領域のアクセス), ブロックデバイス ioctls
ユーザー領域のアクセス, ユーザー領域のアクセス
入出力パラメーターのスタック, 入出力パラメーターのスタック
iface (iSCSI オフロード用の設定)
オフロードとインターフェースバインディング
iSCSI, iSCSI Offload 用 iface の設定
iface のポータルに対する結合/結合解除
オフロードとインターフェースのバインディング
iSCSI, iface のポータルに対する結合/結合解除
iface の設定
オフロードとインターフェースのバインディング
iSCSI, 利用可能な iface 設定の表示
iface の設定、表示
オフロードとインターフェースのバインディング
iSCSI, 利用可能な iface 設定の表示
iface を結合/結合を解除する
オフロードとインターフェースのバインディング
iSCSI, iface のポータルに対する結合/結合解除
iSCSI
オフロードおよびインターフェースのバインディング
ソフトウェア iSCSI, ソフトウェア iSCSI 用 iface の設定
ソフトウェア iSCSI 用 iface, ソフトウェア iSCSI 用 iface の設定
オフロードとインターフェースのバインディング
iface のポータルに対する結合/結合解除, iface のポータルに対する結合/結合解除
iface の設定, 利用可能な iface 設定の表示
iface の設定、表示, 利用可能な iface 設定の表示
イニシエーターの実装, 利用可能な iface 設定の表示
利用可能な iface の設定を表示する, 利用可能な iface 設定の表示
オフロードとインターフェースバインディング, iSCSI オフロードとインターフェースバインディングの設定
iface (iSCSI オフロード用の設定), iSCSI Offload 用 iface の設定
ソフトウェア iSCSI, ソフトウェア iSCSI 用 iface の設定
ターゲット, iSCSI ターゲットへのログイン
ログインする, iSCSI ターゲットへのログイン
検出, iSCSI 検出の設定
記録の種類, iSCSI 検出の設定
設定, iSCSI 検出の設定
相互接続をスキャンする, iSCSI 相互接続のスキャン
iSCSI API, iSCSI API
iSCSI のルート
iSCSI 設定, iSCSI のルート
iSCSI の検出と設定
ストレージをインストールする際の注意点, iSCSI の検出と設定
iSCSI の論理ユニット、サイズ変更, iSCSI 論理ユニットのサイズ変更
iSCSI の論理ユニットのサイズを変更する, iSCSI 論理ユニットのサイズ変更
issue_lip
ファイバーチャネル API, ファイバーチャネル API

L

lazy mount/unmount support (autofs version 5)
NFS, autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)
limit (xfs_quota エキスパートモード)
XFS, XFS クォータの管理
Linux I/O スタック
I/O の調整とサイズ, ストレージの I/O 調整とサイズ
logical_block_size
I/O の調整とサイズ, ユーザー領域のアクセス
LUKS/dm-crypt、ブロックデバイスの暗号化
ストレージをインストールする際の注意点, LUKS を使用してブロックデバイスを暗号化する
LUN (論理ユニット番号)
追加と削除, rescan-scsi-bus.sh による論理ユニットの追加と削除
rescan-scsi-bus.sh, rescan-scsi-bus.sh による論理ユニットの追加と削除
必要なパッケージ, rescan-scsi-bus.sh による論理ユニットの追加と削除
既知の問題, rescan-scsi-bus.sh に関する既知の問題
LVM
I/O の調整とサイズ, 論理ボリュームマネージャー

M

mdadm (RAID セットを設定する)
RAID, mdadm
mdraid
RAID, mdraid
mkfs , パーティションのフォーマットとラベル付け
mkfs.ext4
ext4, ext4 ファイルシステムの作成
mkfs.xfs
XFS, XFS ファイルシステムの作成
mkpart , パーティションの作成
mnt ディレクトリー, /mnt/ ディレクトリー
mount (コマンド), mount コマンドの使い方
オプション, マウントオプションの指定
ファイルシステムをマウントする, ファイルシステムのマウント
マウントポイントの表示, 現在マウントされているファイルシステムの一覧表示
マウントポイントを移動する, マウントポイントの移動
共有サブツリー, マウントポイントの共有
スレーブマウント, マウントポイントの共有
バインド不可能なマウント, マウントポイントの共有
プライベートマウント, マウントポイントの共有
共有マウント, マウントポイントの共有
multiple master map entries per autofs mount point (autofs version 5)
NFS, autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)

N

NFS
/etc/fstab , /etc/fstab を使用した NFS ファイルシステムのマウント
/local/directory (クライアントの設定、マウント), NFS クライアントの設定
/remote/export (クライアントの設定、 マウント), NFS クライアントの設定
autofs
configuration, autofs の設定
LDAP, LDAP を使用した自動マウント機能のマップの格納
拡大, サイトの設定ファイルの無効化/拡大
autofs バージョン 5, autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)
condrestart, NFS の起動と停止
direct map support (autofs version 5), autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)
enhanced LDAP support (autofs version 5), autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)
FS-Cache, NFS でのキャッシュの使用
lazy mount/unmount support (autofs version 5), autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)
multiple master map entries per autofs mount point (autofs version 5), autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)
NFS および rpcbind に関するトラブルシューティング, NFS および rpcbind に関するトラブルシューティング
proper nsswitch configuration (autofs version 5), use of, autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)
RDMA, RDMA で NFS を有効にする (NFSoRDMA)
rfc2307bis (autofs), LDAP を使用した自動マウント機能のマップの格納
rpcbind , NFS および rpcbind
TCP, NFS の仕組み
UDP, NFS の仕組み
その他のリソース, 参照
インストールされているドキュメント, インストールされているドキュメント
役に立つ Web サイト, 役に立つ Web サイト
関連書籍, 関連書籍
はじめに, NFS (Network File System)
オプション (クライアントの設定、マウント), NFS クライアントの設定
クライアント
autofs , autofs
マウントオプション, 一般的な NFS マウントオプション
設定, NFS クライアントの設定
サイトの設定ファイルを無効化する/拡大する (autofs), autofs の設定
サーバー (クライアントの設定、マウント), NFS クライアントの設定
サーバーの設定, NFS サーバーの設定
/etc/exports , /etc/exports 設定ファイル
exportfs コマンド, exportfs コマンド
NFSv4で exportfs コマンド, NFSv4 で exportfs の使用
セキュリティー, NFS の保護
NFSv3 ホストのアクセス, AUTH_SYS とエクスポート制御による NFS の保護
NFSv4 ホストのアクセス, AUTH_GSS による NFS の保護
ファイル権限, ファイル権限
ファイアウォールでの設定, ファイアウォール背後での NFS の実行
ホスト名の形式, ホスト名の形式
マウント (クライアントの設定), NFS クライアントの設定
停止, NFS の起動と停止
再読み込み, NFS の起動と停止
再起動, NFS の起動と停止
動作について, NFS の仕組み
必須サービス, 必須サービス
書き込みバリア, NFS
状態, NFS の起動と停止
自動マウント機能のマップを格納、 格納に LDAP を使用 (autofs), サイトの設定ファイルの無効化/拡大
起動, NFS の起動と停止
NFS (で使用する)
FS-Cache, NFS でのキャッシュの使用
NFS (キャッシュの制限)
FS-Cache, NFS でのキャッシュの制限
NFS および rpcbind に関するトラブルシューティング
NFS, NFS および rpcbind に関するトラブルシューティング
NFS でのキャッシュの制限
FS-Cache, NFS でのキャッシュの制限
nobarrier マウントオプション
ext4, ext4 ファイルシステムのマウント
XFS, 書き込みバリア
NOP-Out (無効化)
iSCSI 設定, iSCSI のルート
NOP-Out を無効にする
iSCSI 設定, iSCSI のルート
NOP-Out 要求
リンク損失の修正
iSCSI 設定, NOP-Out インターバル/タイムアウト

O

opt ディレクトリー, /opt/ ディレクトリー

P

Parallel NFS
pNFS, pNFS
parted , パーティション
コマンドの表, パーティション
デバイスの選択, パーティションテーブルの表示
パーティションのサイズ変更, fdisk を使用したパーティションのサイズ変更
パーティションの作成, パーティションの作成
パーティションの削除, パーティションの削除
パーティションテーブルの表示, パーティションテーブルの表示
概要, パーティション
pNFS
Parallel NFS, pNFS
pquota/pqnoenforce
XFS, XFS クォータの管理
proc ディレクトリー, /proc/ ディレクトリー
proper nsswitch configuration (autofs version 5), use of
NFS, autofs バージョン 5 の改善点 (バージョン 4 との比較)

Q

queue_if_no_path
iSCSI 設定, dm-multipath を実装している iSCSI の設定
リンク損失の修正
iSCSI 設定, replacement_timeout
quota (ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー)
ext4, ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー
quotacheck , クォータデータベースファイルの作成
quotacheck コマンド
でクオータの正確度をチェック, 正確なクオータの維持
quotaoff , 有効化と無効化
quotaon , 有効化と無効化

R

RAID
Anaconda サポート, インストーラーでの RAID サポート
dmraid, dmraid
dmraid (RAID セットを設定する), dmraid
mdadm (RAID セットを設定する), mdadm
mdraid, mdraid
RAID のサブシステム, Linux RAID サブシステム
RAID セットを設定する, RAID セットの設定
インストーラーのサポート, インストーラーでの RAID サポート
ストライピング, RAID レベルとリニアサポート
ソフトウェア RAID, RAID のタイプ
ハードウェア RAID, RAID のタイプ
ハードウェア RAID のコントローラードライバー, Linux ハードウェア RAID のコントローラードライバー
パリティー, RAID レベルとリニアサポート
ミラーリング, RAID レベルとリニアサポート
リニア RAID, RAID レベルとリニアサポート
レベル, RAID レベルとリニアサポート
レベル 0, RAID レベルとリニアサポート
レベル 1, RAID レベルとリニアサポート
レベル 4, RAID レベルとリニアサポート
レベル 5, RAID レベルとリニアサポート
採用する利点, RAID (Redundant Array of Independent Disks)
高度な RAID デバイス作成法, 高度な RAID デバイスの作成
RAID のサブシステム
RAID, Linux RAID サブシステム
RAID セットを設定する
RAID, RAID セットの設定
RDMA
NFS, RDMA で NFS を有効にする (NFSoRDMA)
READ CAPACITY(16)
I/O の調整とサイズ, SCSI
read/write ステータスの変更
オンライン論理ユニット, オンライン論理ユニットの Read/Write ステータスの変更
Red Hat Enterprise Linux 固有のファイルの場所
/etc/sysconfig/, 特殊な Red Hat Enterprise Linux ファイルの場所
(参照 sysconfig ディレクトリー)
/var/cache/yum, 特殊な Red Hat Enterprise Linux ファイルの場所
/var/lib/rpm/, 特殊な Red Hat Enterprise Linux ファイルの場所
replacement_timeout
リンク損失の修正
iSCSI 設定, SCSI エラーハンドラー, replacement_timeout
replacement_timeoutM
iSCSI 設定, iSCSI のルート
report (xfs_quota エキスパートモード)
XFS, XFS クォータの管理
rescan-scsi-bus.sh
追加と削除
LUN (論理ユニット番号), rescan-scsi-bus.sh による論理ユニットの追加と削除
resize2fs, Ext2 ファイルシステムに戻す
resize2fs (ext4 のサイズ変更)
ext4, ext4 ファイルシステムのサイズ変更
rfc2307bis (autofs)
NFS, LDAP を使用した自動マウント機能のマップの格納
rpcbind , NFS および rpcbind
(参照 NFS)
NFS, NFS および rpcbind に関するトラブルシューティング
rpcinfo , NFS および rpcbind に関するトラブルシューティング
状態, NFS の起動と停止
rpcinfo , NFS および rpcbind に関するトラブルシューティング

S

SCSI エラーハンドラー
リング損失の修正
iSCSI 設定, SCSI エラーハンドラー
SCSI コマンドタイマー
Linux SCSI レイヤー, コマンドタイマー
SCSI コマンドタイマーとデバイス状態の制御
Linux SCSI レイヤー, SCSI コマンドタイマーとデバイス状態の制御
SCSI 標準
I/O の調整とサイズ, SCSI
srv ディレクトリー, /srv/ ディレクトリー
SSD
ソリッドステートディスク, ソリッドステートディスクの導入ガイドライン
SSM
System Storage Manager, System Storage Manager (SSM)
list コマンド, 検出された全デバイスの情報表示
resize コマンド, ボリュームの容量追加
snapshot コマンド, スナップショット
インストール, SSM のインストール
バックエンド, SSM のバックエンド
stride (ストライプ配列を指定)
ext4, ext4 ファイルシステムの作成
stripe-width (ストライプ配列を指定)
ext4, ext4 ファイルシステムの作成
su (mkfs.xfs のサブオプション)
XFS, XFS ファイルシステムの作成
sw (mkfs.xfs のサブオプション)
XFS, XFS ファイルシステムの作成
swap 領域, swap領域
LVM2
作成, swap の LVM2 論理ボリュームの作成
削除, swap の LVM2 論理ボリュームの削除
拡張, LVM2 論理ボリュームでの swap 領域の拡張
縮小, LVM2 論理ボリュームでの swap 領域の縮小
ファイル
作成, swap ファイルを作成する, swap ファイルの削除
作成, Swap 領域の追加
削除, Swap 領域の削除
拡張, Swap 領域の追加
推奨サイズ, swap領域
移動, Swap 領域の移動
sys ディレクトリー, /sys/ ディレクトリー
sysconfig ディレクトリー, 特殊な Red Hat Enterprise Linux ファイルの場所
sysfs
概要
オンラインストレージ, オンラインストレージ管理
sysfs インターフェース (ユーザー領域のアクセス)
I/O の調整とサイズ, sysfs インターフェース
System Storage Manager
SSM, System Storage Manager (SSM)
list コマンド, 検出された全デバイスの情報表示
resize コマンド, ボリュームの容量追加
snapshot コマンド, スナップショット
インストール, SSM のインストール
バックエンド, SSM のバックエンド

T

tftp サービス、設定
ディスクレスのシステム, ディスクレスクライアントの tftp サービスの設定
TRIM コマンド
ソリッドステートディスク, ソリッドステートディスクの導入ガイドライン
tune2fs
で ext2 に戻す, Ext2 ファイルシステムに戻す
で ext3 に変換, Ext3 ファイルシステムへの変換
tune2fs (キャッシュを設定する)
FS-Cache, キャッシュの設定
tune2fs (マウントする)
ext4, ext4 ファイルシステムのマウント

U

udev rule (timeout)
command timer (SCSI), コマンドタイマー
umount, ファイルシステムのアンマウント
uquota/uqnoenforce
XFS, XFS クォータの管理
usr ディレクトリー, /usr/ ディレクトリー

W

World Wide Identifier (WWID)
永続的な命名, WWID
WWID
永続的な命名, WWID

X

XFS
fsync(), XFS ファイルシステム
gquota/gqnoenforce, XFS クォータの管理
limit (xfs_quota エキスパートモード), XFS クォータの管理
mkfs.xfs, XFS ファイルシステムの作成
nobarrier マウントオプション, 書き込みバリア
pquota/pqnoenforce, XFS クォータの管理
report (xfs_quota エキスパートモード), XFS クォータの管理
su (mkfs.xfs のサブオプション), XFS ファイルシステムの作成
sw (mkfs.xfs のサブオプション), XFS ファイルシステムの作成
uquota/uqnoenforce, XFS クォータの管理
xfsdump, XFS ファイルシステムのバックアップと復元
xfsprogs, XFS ファイルシステムの一時停止
xfsrestore, XFS ファイルシステムのバックアップと復元
xfs_admin, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_bmap, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_copy, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_db, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_freeze, XFS ファイルシステムの一時停止
xfs_fsr, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_growfs, XFS ファイルシステムのサイズの拡大
xfs_info, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_mdrestore, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_metadump, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_quota, XFS クォータの管理
xfs_repair, XFS ファイルシステムの修復
インタラクティブな操作 (xfsrestore), インタラクティブな操作
エキスパートモード (xfs_quota), XFS クォータの管理
クォータの管理, XFS クォータの管理
シンプルモード (xfsrestore), xfsrestore のシンプルモード
ダンプのレベル, XFS ファイルシステムのバックアップと復元
ダーティーログを持つ XFS ファイルシステムの修復, XFS ファイルシステムの修復
バックアップと復元, XFS ファイルシステムのバックアップと復元
ファイルシステムのサイズの拡大, XFS ファイルシステムのサイズの拡大
ファイルシステムの修復, XFS ファイルシステムの修復
ファイルシステムタイプ, XFS ファイルシステム
プロジェクト制限 (の設定), プロジェクト制限の設定
マウント, XFS ファイルシステムのマウント
一時停止, XFS ファイルシステムの一時停止
主な特長, XFS ファイルシステム
作成, XFS ファイルシステムの作成
割り当て機能, XFS ファイルシステム
書き込みバリア, 書き込みバリア
累積モード (xfsrestore), xfsrestore の累積モード
xfsdump
XFS, XFS ファイルシステムのバックアップと復元
xfsprogs
XFS, XFS ファイルシステムの一時停止
xfsrestore
XFS, XFS ファイルシステムのバックアップと復元
xfs_admin
XFS, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_bmap
XFS, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_copy
XFS, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_db
XFS, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_freeze
XFS, XFS ファイルシステムの一時停止
xfs_fsr
XFS, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_growfs
XFS, XFS ファイルシステムのサイズの拡大
xfs_info
XFS, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_mdrestore
XFS, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_metadump
XFS, XFS ファイルシステムのその他のユーティリティー
xfs_quota
XFS, XFS クォータの管理
xfs_repair
XFS, XFS ファイルシステムの修復