13.3. パーティションの削除

警告

パーティションが設定されているデバイスが使用中の場合は、削除しないでください。

手順13.3 パーティションの削除

  1. パーティションを削除する前に、以下のいずれかの操作を行います。
    • レスキューモードでブートするか、
    • デバイス上のパーティションのマウントを解除し、デバイス上のスワップ領域をオフにします。
  2. parted ユーティリティを起動します。
    # parted device
    deviceを、パーティションを削除するデバイスに置き換えます。例: /dev/sda
  3. 現在のパーティションテーブルを表示して、削除するパーティションのマイナー番号を確認します。
    (parted) print
  4. rm コマンドでパーティションを削除します。例えば、マイナー番号 3 のパーティションを削除するのは以下のコマンドです。
    (parted) rm 3
    変更は Enter を押すと変更が反映されるため、押す前にコマンドを再度確認してください。
  5. パーティションを削除したら、print コマンドを使用して、パーティションテーブルから削除されていることを確認します。
    (parted) print
  6. parted シェルを終了します。
    (parted) quit
  7. パーティションが削除されていることをカーネルが認識しているかを確かめるために /proc/partitions ファイルの内容を調べます。
    # cat /proc/partitions
  8. パーティションを /etc/fstab ファイルから削除します。削除されたパーティションを宣言している行を見つけ、その行をファイルから削除します。
  9. システムが新しい /etc/fstab 設定を登録するように、マウントユニットを再生成します。
    # systemctl daemon-reload