第11章 ストレージをインストールする際の注意点

ストレージデバイスやファイルシステムの設定の多くはインストール時にしか実行することができません。ファイルシステムタイプなどの他の設定については、再フォーマットせずに変更できるのは特定の時点までになります。このようにストレージの設定については Red Hat Enterprise Linux 7 をインストールする前に慎重に計画する必要があります。
本章ではシステムのストレージ設定を計画する際の注意点について説明しています。実際のインストール方法については (インストール時のストレージ設定も含む)、Red Hat 提供の「インストールガイド」 を参照してください。
Red Hat が正式にサポートするサイズおよびストレージの制限などの詳細情報については、記事の http://www.redhat.com/resourcelibrary/articles/articles-red-hat-enterprise-linux-6-technology-capabilities-and-limits を参照してください。

11.1. 特に注意を要する事項について

本セクションでは、ストレージの設定で特に注意を要する事項について記載しています。

/home、 /opt、 /usr/local には別々のパーティションを用意する

将来的にシステムのアップグレードが想定される場合、/home/opt/usr/local は別々のデバイスに配置します。これによりユーザーやアプリケーションのデータを維持した状態で、オペレーティングシステムを含むデバイスまたはファイルシステムの再フォーマットが可能になります。

IBM System Z における DASD デバイスと zFCP デバイス

IBM System Z のプラットフォームでは、DASD デバイスと zFCP デバイスは Channel Command Word (CCW) メカニズムで設定されます。CCW のパスをシステムに明示的に追加してからオンラインにする必要があります。DASD デバイスの場合、起動コマンドラインか、または CMS 設定ファイル内で DASD= パラメーターにデバイス番号 (またはデバイス番号の範囲) を記載します。
zFCP デバイスの場合は、デバイス番号、論理ユニット番号 (LUN)、ワールドワイドポート名 (WWPN) を記載する必要があります。zFCP が初期化されると CCW パスにマッピングが行われます。起動コマンドライン (または CMS 設定ファイル内) の FCP_x= の行を使用して、インストーラーに対してこの情報を指定することができます。

LUKS を使用してブロックデバイスを暗号化する

LUKS/dm-crypt を使ってブロックデバイスを暗号化するとデバイス上に存在しているフォーマットがすべて破棄されます。このため、まず暗号化するデバイス (ある場合) を選択してください。次に、新しいシステムのストレージ設定をインストールプロセスの一部としてアクティブにします。

古い BIOS RAID メタデータ

ファームウェア RAID 用に設定したシステムのディスクに残っている RAID メタデータを 削除しないまま でそのディスクをシステムから移動すると、Anaconda がディスクを正常に検出できなくなる場合があります。

警告

ディスクから RAID メタデータを削除または消去すると、保存データがすべて破棄される可能性があります。Red Hat では、これを実行する前に必ずバックアップを取っておくことをお勧めします。

注記

dmraid を使用して RAID ボリュームを作成した場合は、dmraid ユーティリティを使用して削除してください。これは、廃止予定です。
# dmraid -r -E /device/
RAID デバイスの管理については man dmraid および 18章RAID (Redundant Array of Independent Disks) を参照してください。

iSCSI の検出と設定

iSCSI ドライブのプラグアンドプレイ検出の場合には、iBFT 起動が可能な ネットワークインターフェースカード (NIC) のファームウェアで設定を行ってください。インストール時の iSCSI ドライブの CHAP 認証がサポートされています。ただし、インストール時の iSNS 検出はサポートされていません。

FCoE の検出と設定

Fibre Channel over Ethernet (FCoE) ドライブのプラグアンドプレイ検出は、EDD で起動可能な NIC のファームウェアで設定を行ってください。

DASD

インストール中に ダイレクトアクセスストレージデバイス (DASD) を追加したり設定したりすることはできません。このデバイスは CMS 設定ファイル内で指定してください。

DIF/DIX を有効にしているブロックデバイス

DIF/DIX は、特定の SCSI ホストバスのアダプターおよびブロックデバイスで提供されているハードウェアチェックサムの機能です。DIF/DIX が有効になっていると、ブロックデバイスを汎用目的で使用した場合にエラーが発生します。DIF/DIX チェックサムの計算後はバッファーされたデータが上書きされないようにするためのインターロックがバッファー書き込みパス内にないため、バッファーされた入出力または mmap(2) ベースの入出力が正常に動作しなくなります。
これにより入出力がチェックサムのエラーで後で失敗することになります。すべてのブロックデバイス (またはファイルシステムベース) のバッファーされた入出力または mmap(2) 入出力に対する共通の問題となるため、上書きによるこれらのエラーを回避することはできません。
このため、DIF/DIX を有効にしているブロックデバイスは O_DIRECT を使用するアプリケーションでのみ使用するようにしてください。こうしたアプリケーションはローブロックデバイスを使用するはずです。また、XFS ファイルシステムを通して発行されるのが O_DIRECT 入出力のみである限り、DIF/DIX が有効になっているブロックデバイスで XFS ファイルシステムを使用しても安全です。特定の割り当て動作を行う際にバッファーされた入出力にフォールバックを行わないファイルシステムは XFS のみです。
DIF/DIX チェックサムの計算後に入出力データが変更されないようにするのは常にアプリケーションの役目となるため、DIF/DIX を使用できるアプリケーションを O_DIRECT 入出力および DIF/DIX ハードウェアでの使用を目的として設計されたアプリケーションに限ってください。