26.2. DM Multipath

DM Multipath は、サーバーノード群とストレージアレイ群の間の複数の入出力パスを 1 つのデバイスに設定することができる機能になります。こうした入出力パスは物理的な SAN 接続であり、別々のケーブル、スイッチ、コントローラーなどが含まれる可能性があります。マルチパス機能により入出力パスを集約し、集約されたパスで構成される新しいデバイスを作成できます。
DM Multipath は主に次のような理由で使用されます。
冗長性
DM Multipath を active/passive に設定するとフェイルオーバーを行うことができます。 active/passive に設定すると、常に全体の半分のパスだけが使用されます。I/O パス上のいずれかの構成要素に障害が発生すると、DM Multipath により別のパスへの切り替えが行われます。
パフォーマンスの向上
DM Multipath を active/active モードに設定すると、I/O はラウンドロビン式でパス全体に分散されます。I/O パスの負荷を検出し、動的に負荷分散の再調整を行うことができる設定もあります。
詳細は、Red Hat DM Multipath ガイドを参照してください。