Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

27.3. libStorageMgmt のインストール

コマンドラインを使用するために libStorageMgmt をインストールするには、必要なランタイムライブラリーおよびスシミュレータープラグインを使用するには、以下のコマンドを使用します。
# yum install libstoragemgmt libstoragemgmt-python
ライブラリーを使用する C アプリケーションを開発するには、以下のコマンドで libstoragemgmt-devel パッケージをインストールします。
# yum install libstoragemgmt-devel
ハードウェアアレイで使用する libStorageMgmt をインストールするには、以下のコマンドで適切なプラグインパッケージを 1 つ以上選択します。
# yum install libstoragemgmt-name-plugin
利用可能なプラグインには以下が含まれます。
libstoragemgmt-smis-plugin
汎用 SMI-S アレイサポート。
libstoragemgmt-netapp-plugin
NetApp ファイルの特定のサポート。
libstoragemgmt-nstor-plugin
NexentaStor の特定のサポート。
libstoragemgmt-targetd-plugin
targetd の特定のサポート。
その後、デーモンがインストールされ、次回の再起動後に起動時に実行されるように設定されます。再起動せずにすぐに使用するには、手動でデーモンを起動します。
アレイの管理には、プラグインによるサポートが必要です。ベースインストールパッケージには、多くの異なるベンダーのオープンソースプラグインが含まれています。追加のプラグインパッケージは、アレイサポートの向上として個別に利用可能になります。現在サポートされるハードウェアは、常に変更および改善しています。
libStorageMgmt デーモン(lsmd)は、システムの標準サービスのように動作します。
libStorageMgmt サービスのステータスを確認するには、以下のコマンドを実行します。
# systemctl status libstoragemgmt
サービスを停止するには、次のコマンドを実行します。
# systemctl stop libstoragemgmt
サービスを起動するには、以下を実行します。
# systemctl start libstoragemgmt