27.3. libStorageMgmt のインストール

コマンドラインや、必要なランタイムライブラリーおよびシミュレータープラグインを使用するために libStorageMgmt をインストールするには、以下のコマンドを使用します。
# yum install libstoragemgmt libstoragemgmt-python
ライブラリを使用する C アプリケーションを開発するには、以下のコマンドで libstoragemgmt-devel パッケージをインストールします。
# yum install libstoragemgmt-devel
ハードウェアアレイと共に使用するために libStorageMgmt をインストールするには、以下のコマンドを使って、適切なプラグインパッケージを 1 つ以上選択します。
# yum install libstoragemgmt-name-plugin
利用可能なプラグインには、以下が含まれます。
libstoragemgmt-smis-plugin
汎用 SMI-S アレイサポート。
libstoragemgmt-netapp-plugin
NetApp ファイルの特殊サポート。
libstoragemgmt-nstor-plugin
NexentaStor の特殊サポート。
libstoragemgmt-targetd-plugin
targetd の特殊サポート。
次に、デーモンがインストールされ、次回のブート時に起動するように設定されます。システムを再起動せずにデーモンをすぐに使用するには、デーモンを手動で開始します。
アレイを管理するには、プラグインによるサポートが必要です。ベースインストールパッケージには、多くのベンダー用のオープンソースのブラグインが含まれます。その他のプラグインパッケージは、アレイのサポートが改善されると別途利用可能になります。現在サポートされているハードウェアには、継続的に変更と改善が追加されています。
libStorageMgmt デーモン lsmd は、システムの任意の標準サービスのように動作します。
libStorageMgmt サービスのステータスをチェックするには:
# systemctl status libstoragemgmt
サービスを停止するには:
# systemctl stop libstoragemgmt
サービスを起動するには:
# systemctl start libstoragemgmt