Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.3. I/O 標準

本セクションでは ATA デバイスおよび SCSI デバイスによって使用される入出力の標準について説明します。

ATA

ATA デバイスは、IDENTIFY DEVICE コマンドで適切な情報を報告する必要があります。ATA デバイスは、physical_block_size、logical_block_size、および alignment_offset の I/O パラメーターのみを報告します。追加の I/O ヒントは、ATA コマンドセットの範囲外です。

SCSI

Red Hat Enterprise Linux 7 での I/O パラメーターのサポートには、少なくとも SCSI Primary Commands (SPC-3) プロトコルのバージョン 3 が必要です。カーネルは、SPC-3 に準拠させるデバイスへの拡張BLOCK LIMITS VPD ページへのアクセスを取得する)および READ CAPACITY(16) コマンドのみを送信します。
READ CAPACITY(16) コマンドは、ブロックサイズと調整オフセットを提供します。
  • LOGICAL BLOCK LENGTH IN BYTES /sys/block/disk/queue/physical_block_sizeを取得するのに使用されます。
  • LOGICAL BLOCKS PER PHYSICAL BLOCK EXPONENT /sys/block/disk/queue/logical_block_sizeを取得するのに使用されます。
  • LOWEST ALIGNED LOGICAL BLOCK ADDRESS 以下から派生するために使用されます。
    • /sys/block/disk/alignment_offset
    • /sys/block/disk/partition/alignment_offset
BLOCK LIMITS VPD ページ(0xb0)は、I/O ヒントを提供します。また、OPTIMAL TRANSFER LENGTH GRANULARITY および OPTIMAL TRANSFER LENGTH を使用して以下を派生します。
  • /sys/block/disk/queue/minimum_io_size
  • /sys/block/disk/queue/optimal_io_size
sg3_utils パッケージは、sg_inq ユーティリティーを提供します。これは、BLOCK LIMITS VPD ページにアクセスできます。これを実行するには、以下を実行します。
# sg_inq -p 0xb0 disk

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。