Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第3章 XFS ファイルシステム

XFS は、元々は Silicon Graphics, Inc で設計された非常に拡張性の高い、高性能のファイルシステムです。XFS は、Red Hat Enterprise Linux 7 のデフォルトのファイルシステムです。
XFS の主な機能
  • XFS は、メタデータジャーナリング をサポートしているため、クラッシュリカバリーを迅速に行うことができます。
  • XFS ファイルシステムは、マウントされ、アクティブな状態でデフラグし、拡張できます。
  • また、Red Hat Enterprise Linux 7 は XFS 固有のバックアップおよび復元ユーティリティーをサポートしています。
割り当て機能
XFS は、次の割り当てスキームを特長としています。
  • エクステント (領域) ベースの割り当て
  • ストライプを認識できる割り当てポリシー
  • 遅延割り当て
  • 領域の事前割り当て
遅延割り当てや他のパフォーマンスの最適化は、ext4 と同じように XFS に影響を与えます。つまり、XFS ファイルシステムへのプログラムの書き込みは、プログラムが後で fsync() 呼び出しを発行しない限り、ディスク上にあることが保証されません。
ファイルシステム (ext4 および XFS) での遅延割り当ての影響の詳細は、5章ext4 ファイルシステム割り当て機能 を参照してください。
注記
ディスク容量が十分であるように見えても、ファイルの作成または展開が予期しない ENOSPC 書き込みエラーで失敗することがあります。これは、XFS のパフォーマンス指向の設計が原因となります。実際には、残りの容量が数ブロックしかない場合にのみ発生するため、問題にはなりません。
その他の XFS 機能
XFS ファイルシステムは、以下もサポートしています。
拡張属性 (xattr)
これにより、システムが、ファイルごとに、名前と値の組み合わせを追加で関連付けられるようになります。これは、デフォルトで有効になっています。
クォータジャーナリング
クラッシュ後に行なわれる、時間がかかるクォータの整合性チェックが不要になります。
プロジェクト/ディレクトリークォータ
ディレクトリーツリー全体にクォータ制限を適用できます。
サブセカンド (一秒未満) のタイムスタンプ
これにより、タイムスタンプはサブセカンド (一秒未満) になることができます。
デフォルトの atime 動作は relatime です。
XFS では、デフォルトで Relatime がオンになっています。正常な atime の値を維持する一方で、noatime と比較してオーバーヘッドはほとんどありません。

3.1. XFS ファイルシステムの作成

  • XFS ファイルシステムを作成するには、以下のコマンドを使用します。
    # mkfs.xfs block_device
    • block_device をブロックデバイスへのパスに置き換えます。たとえば、/dev/sdb1/dev/disk/by-uuid/05e99ec8-def1-4a5e-8a9d-5945339ceb2a、または /dev/my-volgroup/my-lv になります。
    • 通常、デフォルトのオプションは、一般的な使用に最適なものです。
    • 既存のファイルシステムを含むブロックデバイスで mkfs.xfs を使用する場合は、そのファイルシステムを上書きする -f オプションを追加してください。

例3.1 mkfs.xfs コマンドの出力

以下は、mkfs.xfs コマンドの出力例です。
meta-data=/dev/device            isize=256    agcount=4, agsize=3277258 blks
         =                       sectsz=512   attr=2
data     =                       bsize=4096   blocks=13109032, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0
log      =internal log           bsize=4096   blocks=6400, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
注記
XFS ファイルシステムの作成後、そのサイズを縮小することはできません。ただし、xfs_growfs コマンドを使用して拡大することはできます。詳細は、「XFS ファイルシステムのサイズの拡大」 を参照してください。

ストライプ化ブロックデバイス

ストライプ化されたブロックデバイス (RAID5 アレイなど) の場合は、ファイルシステムの作成時にストライプジオメトリーを指定できます。適切なストライプジオメトリーを使用すると、XFS ファイルシステムのパフォーマンスが向上します。
LVM ボリュームまたは MD ボリュームにファイルシステムを作成する場合、mkfs.xfs は最適なジオメトリーを選択します。これは、ジオメトリー情報をオペレーティングシステムにエクスポートする一部のハードウェア RAID でも当てはまる場合があります。
デバイスがストライプジオメトリー情報をエクスポートすると、mkfs ユーティリティー (ext3、ext4、xfs 用) は自動的にこのジオメトリーを使用します。ストレージに実際にストライプジオメトリーがあるにもかかわらず、mkfs ユーティリティーでストライプジオメトリーが検出されない場合は、以下のオプションを使用してファイルシステムを作成する際に手動で指定することができます。
su=value
ストライプユニットまたは RAID チャンクサイズを指定します。value はバイト単位で指定し、オプションのkm、またはg を接尾辞として指定する必要があります。
sw=value
RAID デバイス内のデータディスク数、または 1 ストライプ内のストライプユニット数を指定します。
以下の例では、4 つのストライプユニットを含む RAID デバイスで 64k のチャンクサイズを指定しています。
# mkfs.xfs -d su=64k,sw=4 /dev/block_device

関連情報

XFS ファイルシステムの作成に関する詳細は、以下を参照してください。