Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.4. 複数のデバイスの統合ボリューム管理

多くのデバイスでは、その上に btrfs ファイルシステムを作成できます。また、ファイルシステムの作成後にデバイスを追加することもできます。デフォルトでは、メタデータは 2 つのデバイス間でミラーリングされ、データは存在するすべてのデバイス間でストライプ化されますが、1 つのデバイスのみが存在する場合、メタデータはそのデバイス上で複製されます。

6.4.1. 複数のデバイスを使用したファイルシステムの作成

mkfs.btrfs は、「btrfs ファイルシステムの作成」 で詳しく説明されているように、データの場合は -d オプションを、メタデータの場合は -m オプションを受け入れます。有効な指定は以下のとおりです。
  • raid0
  • raid1
  • raid10
  • dup
  • single
-m single オプションは、メタデータの複製を実行しないように指示します。これは、ハードウェアRAID を使用する場合に望ましい場合があります。
注記
RAID 10 では、正しく実行するために 4 つ以上のデバイスが必要です。

例6.1 RAID 10 btrfs ファイルシステムの作成

4 つのデバイスにファイルシステムを作成します (メタデータミラーリング、データのストライプ化)。
# mkfs.btrfs /dev/device1 /dev/device2 /dev/device3 /dev/device4
ミラーリングせずにメタデータをストライプ化します。
# mkfs.btrfs -m raid0 /dev/device1 /dev/device2
データとメタデータの両方に raid10 を使用します。
# mkfs.btrfs -m raid10 -d raid10 /dev/device1 /dev/device2 /dev/device3 /dev/device4
1 つのドライブで、メタデータを複製しないでください。
# mkfs.btrfs -m single /dev/device
ドライブのサイズが異なる場合は、single オプションを使用して、各ドライブの全容量を使用します。
# mkfs.btrfs -d single /dev/device1 /dev/device2 /dev/device3
作成済みのマルチデバイスファイルシステムに、新しいデバイスを追加するには、次のコマンドを使用します。
# btrfs device add /dev/device1 /mount-point
btrfs モジュールを再起動または再読み込みしたら、btrfs device scan コマンドを使用してすべてのマルチデバイスファイルシステムを検出します。詳細は、「btrfs デバイスのスキャン」 を参照してください。