Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.3. /proc 仮想ファイルシステム

ほとんどのファイルシステムとは異なり、/proc にはテキストファイルもバイナリーファイルも含まれていません。仮想ファイル を格納するため、/proc は仮想ファイルシステムと呼ばれます。これらの仮想ファイルは、大量の情報が含まれている場合でも、サイズは通常 0 バイトになります。
/proc ファイルシステムはストレージには使用されません。この主な目的は、ハードウェア、メモリー、実行中のプロセス、および他のシステムコンポーネントにファイルベースのインターフェースを提供することです。リアルタイム情報は、対応する /proc ファイルを表示することで、多くのシステムコンポーネントで取得できます。/proc 内のファイルの一部は、カーネルを設定するために (ユーザーとアプリケーションの両方で) 操作することもできます。
以下の /proc ファイルは、システムストレージの管理および監視に関連しています。
/proc/devices
現在設定されているさまざまな文字およびブロックデバイスを表示します。
/proc/filesystems
カーネルで現在対応しているすべてのファイルシステムタイプを一覧表示します。
/proc/mdstat
システム上の複数ディスクまたは RAID 設定に関する現在の情報が含まれます (存在する場合)。
/proc/mounts
システムで現在使用しているマウントをすべて一覧表示します。
/proc/partitions
パーティションブロック割り当て情報が含まれます。
/proc ファイルシステムの詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 7 『デプロイメントガイド』』を参照してください。