5.4. ext2、ext3、ext4 のファイルシステムのデバッグを行います。

この手順では、ext4、ext3、または ext2 ファイルシステムの内容をファイルにバックアップする方法を説明します。

前提条件

  • システムが長時間稼働している場合は、バックアップを行う前に、パーティションで e2fsck を実行してください。
    # e2fsck /dev/device

手順5.1 ext2、ext3、ext4 のファイルシステムのデバッグを行います。

  1. /etc/fstab ファイルの内容と fdisk -l コマンドの出力を含めた設定情報をバックアップします。これは、パーティションの復元に役立ちます。
    この情報を取得するには、sosreport または sysreport ユーティリティを実行します。sosreport の詳細は、「Red Hat Enterprise Linux 4.6 以降における sosreport の役割と取得方法」 ナレッジベース記事を参照してください。
  2. パーティションのロールに依存:
    • バックアップしているパーティションがオペレーティングシステムのパーティションである場合、レスキューモードにシステムを起動します。『システム管理者のガイド』の「Booting to Rescue Mode」を参照してください。
    • 通常のデータパーティションをバックアップしている場合は、マウントを解除してください。
      マウントしているときに、データパーティションをバックアップすることも可能ですが、マウントしたデータパーティションのバックアップ結果は、予測できないことがあります。
      dump ユーティリティを使用して、マウントされているファイルシステムをバックアップする必要がある場合は、ファイルシステムに強い負荷がかかっていないときに行います。バックアップの際に実行中のアクティビティが多いほど、バックアップ破損のリスクが高まります。
  3. dump ユーティリティを使用して、パーティションのコンテンツをバックアップします。
    # dump -0uf backup-file /dev/device
    backup-file を、バックアップを保存するファイルへのパスに置き換えます。バックアップする ext4 パーティションの名前に device を置き換えます。バックアップは、バックアップしているパーティションではなく、別のパーティションにマウントしたディレクトリーに保存するようにしてください。

    例5.2 複数の ext4 パーティションのバックアップ

    /dev/sda1/dev/sda2/dev/sda3 パーティションの内容を /backup-files/ ディレクトリーに保存されてるバックアップファイルにバックアップするには、以下のコマンドを使用します。
    # dump -0uf /backup-files/sda1.dump /dev/sda1
    # dump -0uf /backup-files/sda2.dump /dev/sda2
    # dump -0uf /backup-files/sda3.dump /dev/sda3
    リモートバックアップを行うには、ssh ユーティリティを使用するか、パスワードレスの ssh ログインを設定します。ssh やパスワードレスログインの詳細は、『システム管理者のガイド』の「Using the ssh Utility」「Using Key-based Authentication」を参照してください。
    たとえば、ssh を使用する場合:

    例5.3 ssh を使用したリモートバックアップの実行

    # dump -0u -f - /dev/device | ssh root@remoteserver.example.com dd of=backup-file
    標準のリダイレクトを使用している場合は、-f オプションを別に渡す必要があります。

関連資料

  • 詳細は、dump(8) man ページを参照してください。