8.6. NFS サーバーの起動と停止

前提条件

  • NFSv2 または NFSv3 接続に対応しているサーバーについては、rpcbind[1] サービスを実行している必要があります。rpcbind がアクティブであるかどうかを確認するには、以下のコマンドを使用します。
    $ systemctl status rpcbind
    rpcbind を必要としない NFSv4 のみのサーバーを設定するには、「NFSv4 専用サーバーの設定」を参照します。
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 では、NFS サーバーが NFSv3 をエクスポートし、ブート時に起動するようになっている場合は、nfs-lock サービスを手動で起動して有効化する必要があります。
    # systemctl start nfs-lock
    # systemctl enable nfs-lock
    Red Hat Enterprise Linux 7.1 以降では、必要に応じて nfs-lock が自動的に開始し、手動での有効化を試みると失敗します。

手順

  • NFS サーバーを起動するには、次のコマンドを使用します。
    # systemctl start nfs
  • 起動時に NFS を起動できるようにするには、以下のコマンドを使用します。
    # systemctl enable nfs
  • サーバーを停止させるには、以下を使用します。
    # systemctl stop nfs
  • restart オプションは、NFS をいったん停止させてから起動し直す手順を一度に行うことができる短縮オプションです。NFS の設定ファイルを変更してから、その変更を有効にする際の最も効率的な方法です。このサーバーを再起動するには、以下のコマンドを使用します。
    # systemctl restart nfs
  • /etc/sysconfig/nfs ファイルを編集したら、以下のコマンドを実行して nfs-config サービスを再起動し、新しい値が適用されるようにします。
    # systemctl restart nfs-config
  • try-restart コマンドは、nfs が現在稼働中である場合に限り起動させます。このコマンドは、Red Hat init スクリプトの condrestart (conditional restart) と同様、NFS が実行されていないとデーモンを起動しないため便利です。
    条件付きでサーバーを再起動するには、以下を入力します。
    # systemctl try-restart nfs
  • サービスを再起動せずに NFS サーバー設定ファイルの再読み込みを実行するには、以下のように入力します。
    # systemctl reload nfs